以前、人妻好きの男性を集めたSNSに入っていたことがあります。
で、メンバーの1人の奥さんをご主人の同意のもと、通勤電車の中で、時間に都合のつくメンバーが集まって、囲んで痴漢をしたことがあります。
もちろん奥さんは知りません。

それが行なわれたのは奥さんが会社に向かう朝の電車内でした。
ご主人である男性メンバーは単身赴任で静岡に行っていたのですが、初日、2日目と奥さんをメンバーに教えるためと、自分の目で奥さんの反応を見るためにわざわざ有給をとってメンバーと同行していました。
ちなみにこの旦那さん、赴任先の静岡では他のメンバーのセフレの人妻さんと3Pを楽しんだりもしたそうで、その人妻さんの淫れる姿を見て、自分の奥さんももっと淫らにできたら・・・なんてことを考えたようです。

ご主人に「あれがそう」と指さされた女性は、ご主人が言っていたように見た目も服装も地味な女性でしたが、体はなかなか良さそうでした。
ご主人の指示のもと、奥さんの後ろに何食わぬ顔で並ぶメンバー。
初日は確か私を含めて4人だったと思います。

電車がホームに到着すると、実際に痴漢経験のあるメンバーを中心に奥さんを押し込むようにして電車に乗り込みました。
痴漢経験のなかった私や他のメンバーは最初は手を出しかねていましたが、経験者が奥さんの下半身に手を伸ばして触り始めると、ご主人の申告通り、奥さんは地味によけようとする程度でした。
身動きのとれぬまま触られているのを見て、次々と他のメンバーも奥さんの体に手を伸ばし始めました。
奥さんは、いやらしい手が何本も伸びてきたのに気づいて驚いていたみたいでしたが、身動きのとれない混み方の電車内では声を上げることもできません。
争うように体に触れようとしてくる飢えた何本もの手にスカートを捲り上げられ、ストッキングは膝くらいまでずり下ろされ・・・。
前後からパンティの中に侵入した手で陰部を刺激され、興奮したメンバーの勃起したモノをグリグリと前後左右から押し当てられ、ブラウスの中に侵入した手に胸を揉み上げられ、いやらしい刺激で硬くなった乳首を探り当てられて摘みあげられ・・・。
奥さんは体中を、すっかり調子に乗ったメンバー達に、今考えるとよくやれたなと思うほど、大胆に蹂躙され続けました。

私も、たまたまいい位置にいたので、前からパンティの中に手を入れてクリトリス付近を刺激しながら硬くなったペニスを奥さんの太ももに押し当ていました。
興奮しつつ指を入れてやろうとさらに奥にと指を進めると、後ろから触っている痴漢経験者の指が、すでにヌルヌルの穴にリズミカルに出し入れされていました。
そんな風に初日から思い切りハードに触られまくった奥さんは、乗り換えの駅に着く頃には頬を赤く上気させ、足をガクガクさせていました。

事後、時間のあるメンバー2人とご主人の4人で喫茶店へ行って感想を言い合いました。
初日から、目の前でここまで破廉恥な妻の痴態を見ることができるとは思っていなかったらしく、ご主人はひどく興奮して饒舌に喋りまくっていたのを覚えています。

「満足されたのなら今回で終わりにしますか?」と聞くと、「せっかくだから明日もお願いします!」というご主人の言葉で、予定通り2日目も実行されました。

前日、奥さんはあれだけ触られたにも関わらず、2日目も乗る場所も変えず、しかも明らかに痴漢メンバーだと認識しているだろう乗客に気づいていながら、そのまま電車に乗りました。
そのわずか数分後、奧さんは電車内でメンバーに弄り回されてイッただけではなく、調子に乗ったメンバーが勃起チンポを握らせると、硬さや大きさを確かめるように握ってきたそうです。

この日でご主人も赴任先へ帰るので、約束通り奥さんに対する痴漢行為は終了するはずだったのですが・・・。
奥さんの反応の良さに味を占めた私を含むメンバー3人は、翌日の朝も同じ時間に同じ車両で顔を合わせることになりました。
ルール違反を他のメンバーに見られたことでバツの悪い感じもしましたが、みんな同じ目的で集まってるだけに苦笑いしながらも軽い会釈の後、奧さんの周辺に陣取り、奥さんを電車に押し込み、今度はご主人抜きで痴漢行為を繰り返したのです。

ご主人が一緒だった最初の2日間は乗り換え駅で終了していましたが、抑える者がいなくなった3日目は欲望のままの痴漢行為です。
メンバー全員、乗り換え後も奥さんの後を追い、奥さんの会社の最寄駅まで来てしまいました。
こうして奥さんの降りる駅がわかったので、帰りも奥さんを待ち伏せして痴漢できるようになりました。
もちろん、このことはご主人はまったく知りません。
SNSではやめている体で、「また奥さんを痴漢させてくださいよ」などと言いながら、実は毎朝、毎夕、奥さんの体を電車内で弄り回していたわけです。

そんな風に奥さんに痴漢行為を繰り返すようになって1週間もしない頃だったと思います。
帰宅時の痴漢に来ていたメンバーから報告がありました。
帰宅時の痴漢後、そのまま奥さんの後をつけて、降りる駅で奥さんに声をかけたのだそうです。
すると・・・なんと奥さん、ホテルまでついて来ちゃったそうなんです。
それを聞いたらもちろん(自分も!)って思うわけで。
聞いた翌日は私が、その翌日はまた別のメンバーが、奥さんをホテルや公園に連れ込んでハメまくりました。

あれからもう2年になりますが、今はもう奥さんはすっかり淫乱妻になっています。
奥さんは本当に楽しそうに、ご主人に隠れて我々との変態セックスを楽しんでくれています。
もちろん、我々が奥さんをオナホール代わりに使ってることはご主人には内緒です。
でも、自分の妻がもっと淫らになって欲しいという主人の願望はしっかり叶ったわけですから、ご主人には感謝してもらいたいものです。