俺31歳。
妻は29歳の派手な感じの美人。
170センチを少し超える長身でHカップ。

俺がたまたま平日休みになった日に事件が起こった。
妻は俺が出社したと思い込んだのだ。
というのも前日、俺は駐車場から裏口を開けて帰ってきていた。
だから表玄関に俺の靴はない。
俺も今日が休みだと言い忘れていた。
それで妻は・・・。

俺は自分の部屋で寝ていたが、彼女は午前中に誰かと携帯で話し始めた。
俺は少しドアを開けて聞いてみたが話の内容までは聞き取れなかった。
その後、少しうたた寝をして、ピンポンが鳴って目が覚めた。
なんと若くていかつい大きな男が家に上がり込んでいるではないか。
ちょうど俺の部屋からドアガラスの反射で居間の様子が見えるのだ。

衝撃を受けたのは妻のふしだらな格好だ。
胸が半分出ていて、短パンで太ももは丸出しだ。
我妻ながら勃起してしまう。
そして妻とそいつはすぐに始めた。

俺は一瞬雷に撃たれたようになったが、とりあえず取った行動は、携帯を消音にしたことだった。
そしてスマホのアプリを起動して録画を開始した。
直接の行為は撮れないし、ガラスの反射で一部見えるだけだが、妻の絶叫する声に信じられないくらい興奮して一物がはち切れそうだった。

男の一物の凄さにも絶句した。
500mlのぺットボトルよりも少し小さめくらいのデカさだ。
一瞬呆然とした。
男の圧倒的なパワーに妻が駅弁で抱えられ、抱き締められながら巨根をぶち込まれて絶叫している。
はっきり見えないが妻の全身はピンク色に染まっているようだ。

ずっっっぱん!!!!
びゅっっっぱん!!!
じゅっっっぱん!!!
ぶっっっぱん!!!
ぎゅっっっぱーーーん!!!

淫乱なピストン音が鳴り響く。
さすがに俺の心は痛んだ。

「あっあっあっあーーー、イクイク、いっくーーー」

絶叫する妻。
男が妻に囁いている。

「旦那とどっちがいい?」

「比べ物にもならない」と言う妻の声が聞こえた。

俺は卒倒しそうになった。

ずぱん!!!!
びゅっぱん!!!
じゅっぱん!!!
ぶっぱん!!!
ぎゅっぱーーーん!!!

連続ピストンが加速し、男が「一緒にイキたい」と言うと、妻はこう叫んだ。

「全部出してぇーーー!」

これには気絶しそうになった。
そしてピストンは止んだ。
男が妻の奥の奥に大量発射して繋がったままの状態。
屈辱感と勃起でどうしようもない。

すぐに2回戦が始まった。
俺とのセックスとは比べ物にもならないくらいイッている妻。
男は妻をきつく抱き締めながら乳首に吸い付くと、「あーーー」と艶かしい声をあげる。
その状態で巨根で妻を突きまくる。
これには超興奮した。
そして今度は妻が大好きな騎乗位になった。
妻のグラインドの激しさは俺とのセックスの時の比ではなかった。
両乳首を高速でクリクリされ、揉みしだかれ、時にクリトリスを高速で弄られ、大量の愛液が吹いているのがわかる。

「クリがいいぃぃーーー」

妻が絶叫する。
そしてフィニッシュは当然のように騎乗位で胸を揉みしだかれながら子宮直撃の中出し。

「あっあっあっあっあっ奥にかかっているーーー」

妻は体を海老のように反らして大絶叫した。
ここで俺は射精してしまった。
このときの射精が今までの人生で一番気持ちよかった。
録音した音を聞いてはまた勃起して、1人でしごいた。