その日、僕は学校から帰るなり風呂場へ飛び込んだ。
母はリビングで掃除をしているようだった。
今朝も朝食も食べずに飛び出していった。
母の顔を見ることができなかった。
昨日、とうとう自分の母親を犯してしまった。
薄着で寝ている母親に襲いかかり、嫌がる母の股間に俺のチンコを無理やり押し込んで、チンコ力が衰えるまで無我夢中で何回も何回も母の中に放出した。
その後のことはよく覚えていない。

僕はシャワーを浴びながら昨日のことを思い出していた。
暗闇の中で母の顔が歪み、悲鳴を上げながら何度も僕の顔を叩いた。
でも途中から抵抗もなくなり、何か我慢をするような顔になり、声も押し殺すような感じになった。
確かに途中から母に変化があった。
もしかすると母は感じていたのかもしれない・・・。
気がつくと、僕のチンコは大きくなっていた。
その時、脱衣所に人が入ってきた。

「たかし、お母さんも入っていい?掃除してたら汗かいちゃった」

母だ。

僕は思わず入り口に背を向けて石鹸で体を洗い始めた。
母が入ってきた。

母「ほんとに今日は暑いわね。もう汗でびちょびちょ。貸しなさい。お母さんが背中を洗ってあげる」

母は僕からスポンジを取り上げると背中を洗い洗い始めた。
僕はどうしていいか分からず母に背を向けたまま無言で下を向いていた。
すると母が・・・。

母「ごめんね。昨日、何回も顔を叩いちゃって。だって、たかしがあんなことするなんて・・・。痛くなかった?」

驚いて思わず母の顔を見た僕に母は微笑みかけてきた。

母「お母さん、びっくりしちゃって。他の女の子にはあんなことしちゃだめよ」

母は続けて言った。

母「でも、たかしってすごいのね。お母さん途中から・・・。今日もずっと昨日のことを思い出しちゃって・・・」

母の言葉を聞きながら、僕は変に冷静に言葉の意味を考えていた。

他の女の子はだめ?
母さんならいいってこと?
途中から母さん、どうしたの?
昨日のこと思い出して、どうしたの?

その時、背中を洗っていた母の手が僕の股間に伸びてきた。
僕はびっくりして思わず手を払おうとしたが、母は構わず僕のチンコを握り、手で擦り始めた。

母「昨日あんなに出したのに、やっぱり若いのね・・・大きくって逞しい・・・」

その声は悩ましく、そして嬉しそうに聞こえた。

母「お母さんでこんなになるなんて悪い子ね」

そう言うと僕の背中側から手を回し、石鹸の泡にまみれた僕のチンコや玉袋を揉み始めた。

僕「ああ・・・」

気持ちよくて思わず声を出してしまった。

母「ふふっ・・・昨日のお返しよ」

そう言うと母はしばらく両手で僕の股間を弄んでいた。
しばらくして母は泡をシャワーで洗い流すと、僕を自分の方に向かせ、股間に目をやった。

母「生で見ると、やっぱりすごいわね。こんなに大きくって反り返っちゃって」

嬉しそうに言って、僕の前に跪いたかと思うと股間に顔を近づけた。
その瞬間、僕のチンコは生温かいものに包まれた。

僕「あッ・・・」

思わず声をあげる僕にお構いなしに母は頭を上下させた。
時には激しく、時には優しく、そしてたまに僕の顔を確認しながら母は口や手で僕のチンコを弄んだ。
僕は壁に背をもたれ、知らないうちに母の頭を両手で抱え、快感に浸りつつ昨日のことを思い出していた。

昨日、母は確かに最初は嫌がっていた。
でも途中から僕にしがみついてきて、僕の口に舌をねじ込み、そして喜びの声を上げながら・・・。

母「たかし、もっと、もっと・・・」

記憶が蘇ってきた僕は母を立たせて背を向かせた。
驚いている母を無視してバスタブに手をつかせてお尻を突き出させると、僕のチンコを母のおまんこに無理やり押し込んだ。
思った通り母のおまんこはびしょびしょで、僕のチンコすんなりと飲み込んだ。

母「ああ・・・いきなり・・・」

僕は構わず腰を振った。

母「ああ・・・だめ、そんなに激しくしたら母さん壊れちゃう・・・。ああ・・・たかし気持ちいい・・・」

後から考えると、外に聞こえていたのではないかと思うほど母は狂ったように喜びの声を出して、僕の名前を呼び続けた。
それに応えるように僕も母を呼びながら腰を振り続けた。

僕「母さん、気持ちいい・・・。もう出ちゃう」

母「ああ・・・。いいわよ。でも中はだめ・・・ああ・・・」

昨日、散々中に出されておきながら妊娠を気にしている母。
僕は腰を振り続け、そのまま母の中に放出した。

母「中はだめ・・・ああ・・・あ」

中出しを拒みながらも、勢いよく放出された精液を受け止め、母もイッたようだった。
しばらく快感に浸っていたが、母は僕のチンコを抜くと微笑みかけながら言った。

母「もう、中はだめって言ったでしょ。仕方がない子ね」

そう言って、また僕の股間に顔をうずめ、舌と口で綺麗にしてくれた。
そして、また僕のチンコが元気になりかけると・・・。

母「今はもうお預け。買い物に行かなくっちゃ。元気がつくものを作ってあげるわね」

そう言うと立ち上がり、「これは2人だけの秘密だからね」と耳元で囁くと、僕に優しくキスをしてきた。

母「今日、お父さん帰らないから・・・」

今まで僕の知らなかった母がそこにいた。