妻子持ちです。
独身時代の中出し体験を報告します。

昔、よく新小岩の素人援助交際店でアポをとり、セックスしまくっていた。
この日も昼から店に電話して、好みのタイプを伝えて人妻の登録女性を紹介してもらった。

午後3時、新小岩の某喫茶店で待つこと30分。
目のクリっとした、とても可愛くスタイルのいい、『A沢』という女性が登場した。
ちょっとお洒落なベージュ系ワンピースにベージュのストックングで美脚。
即入れたいモードなので、話は適当に切り上げて近場のホテルへ。

部屋に入るなり彼女に抱きつき、ベッドへ押し倒し、服を激しく剥ぎ取る。
彼女はレイプされているようで怖かったらしく、目に涙が滲んでいた。
ストッキングの上から脚にしゃぶりつき、パンティーの中心部を強く何度も擦りあげると、彼女は身体をヒクつかせて悶え始めた。

「あ、ああん、いい。ああ、すごくいい・・・。感じる」

ストッキングを引き裂き、パンティーの真ん中を横にずらして秘部を触ると、そこは大洪水。
シャワ-前ということで、結構な匂いが漂う。
彼女もそれを察してか舐めようとすると・・・。

「待って。シャワー前だから汚いよう。恥ずかしいからシャワー浴びさせて」

無視してそのままプレイ継続。
カチカチなチンコを彼女の口に差し込み、十分にフェラしてもらう。
すると、彼女から挿入の催促。

「もう我慢できない・・・。入れて。早く、来て」

しかし、そのまま挿入しようとすると、生挿入を阻止してきた。

「だめ。ちょっと待って。生はだめだよ、あたし人妻だし」

旦那には百貨店でパートしていると偽っているらしい。
しかも今日は危険日で、ちょうど今は夫婦で子作りを計画しているらしく、どうしても間違いは起こせないとのこと。

(そんな時に、こんな仕事をしている自分を反省しろ!成敗してやる!)

「そうか。わかったよ。ごめんごめん。旦那さんの子をうまく妊娠できるといいね。それならちゃんと避妊して安全なセックスしないとね」

偽善者を演じ、中出し作戦開始!
やや萎えたチンコを生フェラしてもらい、カチカチに復活する手前でゴムを彼女の目の前で装着してドッキング。
正常位でしばし楽しみ、その後バックに体位を変えるタイミングで一瞬チンポを抜き、さりげなくゴムを外してシーツ横に隠し、生のまま挿入。

(おおお・・・こいつの中はなんだ!?)

仰天するほど気持ちいいマンコの持ち主だった。
正直、旦那が羨ましくなるほど。
バックで奥の奥まで突きまくり、正常位に戻してからも突きまくった。
彼女のマンコからはピストンに合わせてダラダラと透明の汁が溢れ、肛門を伝ってシーツにまで流れ出ている。
途中で2回昇天した彼女の3度目の昇天に合わせて、こっちも彼女の中で大噴射した。

しばらく2人ともチンコが刺さったまま重なりあってボーとしていた。
少ししてゆっくりチンコを抜くと濃いザーメンも流れ出してきたが、ティッシュでチンコを包むようにしてゴムを取るふりをして中出しを誤魔化した。

その30分後、2回戦は彼女の方から開始された。
さらなる興奮を目指し、今回はホテルの部屋の窓のカーテン全開での窓際セックス開始。
大きな窓ガラスに彼女の生オッパイを密着させて、立ちバックでの挿入。

「いやだ。見られてる。外の人に見られてるよぉ」

恥ずかしがりつつ声をあげて悶えるエロい人妻。
その後、正常位で激ピスして、同じ手口でまた中に大量発射。
膣内に完全に浸透するように10分くらいはチンコを抜かずにいた。

しばらくベッドで抱き合って休憩していたが、急に彼女が、「うん?あれ?いやだぁ・・・」と言ってトイレへ駆け込んだ。
すぐに青ざめた表情で戻ってくると・・・。

「ねえ、ゴム付けてたよね?精子がいっぱい出てくるの。どうして?」

彼女の手のひらには俺が出したザーメンがべっとり。

「やだ・・・何で?あれほどゴム付けてって言ったじゃない!もう、どうしよう・・・」

その場で泣き崩れる彼女。

「どうしよう。妊娠しちゃうよぅ。どうしよう」と号泣している。

そんな姿が面白くて3回戦を誘うと、「訴える」だの「責任取れ」だの言い出してきて始末が悪いので、服とバックを奪い取り、バッグの中身を撒き散らし、免許証を見つけて・・・。

「これで住所も本名も全部わかった。旦那に仕事のことを報告してもいいけど、どうする?」

一発怒鳴るとすぐに大人しくなり、渋々3回戦に応じた。
今度は堂々と生挿入。
嫌がってても、入れてしまえば結局喘ぐエロい人妻。
涙を流しつつしっかりと感じてるアホな女。
計3回のザーメンで間違いなく妊娠してくれたと思うのだが・・・。