僕が24歳のときのことです。
会社の39歳のパートのおばさんとやりました。
パートさんからラブホに誘われたんです。
旦那さんは出張が多く、最近はまったく構ってもらってないらしい・・・。

僕は年上の女の人とは初めてだったので多少戸惑いはありましたが、年上の女の人に興味あったのですごく楽しみでした。

パートさんからシャワーを浴び、次に僕がシャワーを浴び、風呂でお互いに身体を洗いっこしました。
当時、僕には同い年の彼女がいましたが、彼女とのセックスとは全く次元の違うエロい体験でした。

身体中石鹸だらけになって、洗いながらパートさんのオッパイやオマンコを弄り倒しました。
もうその時にはパートさんは何回かイッちゃってたみたいでした。

そしてベッドでいよいよ本番です。
キスから始まり、首筋、両腕をあげて脇をペロペロ・・・。
処理の甘い脇毛が僕の性欲を掻き立てました。
パートさんは「恥ずかしい」と腕を下げようとしましたが、無理やりバンザイの格好をさせて、匂いを嗅ぎながらペロペロしました。
汗の臭いも僕を興奮させてくれました。

恥ずかしがるパートさんをなじり、辱めて、徐々にDカップのオッパイへ舌を這わせました。
さすがに乳首はピンク色ではありませんが、それがまた興奮し性欲を増幅させてくれます。

乳首をペロペロ舐め、転がし、軽く噛んでモミモミ・・・。
オッパイや乳首を楽しみました。
脇腹へ舌を這わせ、さらにヘソから陰毛へ舌を移すと、もうその頃にはオマンコはかなり濡れていて、僕は指でクチュクチュと音を立てながら弄り回しました。
パートさんの口からは悶える声が漏れてましたが、構わず弄りまくりました。

陰毛を口で楽しみ、オマンコの匂いを嗅ぎながら僕の舌をぐしょぐしょなオマンコへそっと入れてみました。
彼女のオマンコよりもねっとりした愛液で匂いも少し強い・・・。

(これが熟女の匂いなんだ)

そう興奮しながら、さらに中へ舌を進めました。
クリトリスを鼻で突きながら、舌を出し入れしてオマンコの感触を楽しみました。
同時にアナルを指でほじると低音の喘ぎ声がして、オマンコから潮がピュピューって吹き出しベッドを汚してしまいました。

恥ずかしがるパートさんが妙にエロい感じで、もう僕は我慢できなくなり、勃起したペニスをパートさんのオマンコに入れました。
久しぶりだったらしく、パートさんから腰を動かし、オマンコからは愛液がダラダラと滴り、オッパイを揺らしながら先にイッてしまいました。

次はバックで思いっきり突いてあげました。
バックで突きながらアナルに指を入れてみました。

(バックで中出しして、次はアナルを!)

そんなことを思いながら責めていましたが、パートさんは「お尻は初めてだから・・・」と照れていました。

フェラでまた勃起させてもらいました。
パートさんのフェラは彼女とは比べ物にならないくらい上手でした。
唇が亀頭に絡みつき、竿や玉も優しくそしていやらしく、丹念に舐めしゃぶってくれました。
その気持ちよさに、僕は2回目をパートさんの口に出さざるを得ませんでした。
僕のザーメンをゴックンと飲み、また勃起させようとペニスをペロペロし、手でしごきながら舌や唇でクチュクチュしてくれました。
彼女はここまでしてくれないので、パートさんのフェラは最高でした。

3回目はついに念願のアナルで射精しました。
パートさんのアナルは黒ずんでいました。
オマンコ汁をアナルに塗りたくって、指で少しずつ広げながら亀頭を埋め込んでいきました。
オマンコよりキツいので、すぐにもイキそうでしたが、ゆっくりと根元までインサートしました。
オマンコよりも気持ちいいのか、さっきよりもエロい声で悶えるパートさん。
僕の腰の動きに合わせて動かしてくれます。

アナルに3回目を出してペニスを抜くと、またパートさんがしゃぶりついてきて・・・。
最後はパートさんの顔にかけてあげました。
お互いに大満足して、シャワーを浴びてラブホを後にしました。