1泊旅行で地上17階の高層ホテルに泊まった。
ベッドに入ると妻は、1日歩いて疲れてたからとセックスを拒否。
仕方ないので妻の寝姿を肴に一杯飲むことにした。

ジロジロ眺めながらビールを飲んでいると、「見るだけならいーよ」と、浴衣を肌蹴てパンツを見せてきた。
こりゃいけるんじゃねーのと、胸も肌蹴て乳首も出してみた。
特に拒否しないので、じっくり見ながらビールを飲む。

妻のおっぱいは小ぶりだが、ほわんとしていて可愛らしい。
乳首の色は濃いめだが、丸くぽてっとしていておっぱいの形に合っている。

じっくり見られて妻も少し興奮してきたようだ。
ビールを飲み終わったので今度は股を開かせて足の間に入り、至近距離でパンツを眺める。
さすがに恥ずかしいらしく拒否してくる妻。

「見るだけだって。絶対触らないから」

そう約束して少しずつパンツを横にずらして陰毛を観察する。
抵抗が激しくなってきたので・・・。

「おまんこは見てないから。毛を見てるだけ」

照明を暗くして、邪魔な手を浴衣の帯で縛りつける。
パンツを少しずつずらして、クリトリスの根元だけ見たりすると、なんだかチラリズム的な興奮を覚えてきた。
大陰唇をマッサージしながらパンツの向こうでおまんこを開いたり閉じたり、パクパクさせてみる。
敏感な所には一切触れていないが、じっくり見られることで妻も相当感じてきている様子だ。

もはや拒否する気配もないので、いよいよおまんこをご開張。
透明な液がじっとりと膣口からを濡らしていた。
おまんこを見ていると、やはりしゃぶりつきたくなる。

「ちょっとだけ舐めてもいい?」

「絶対ダメ!」

「10秒だけ!」

「いや!」

なんて言いつつ、本心は舐めて欲しくて仕方がないのは見え見え。
勃起して尖ったクリトリスに唇をつけてしゃぶりついた。
5秒ぐらいチュウチュウ吸い付いて、残り5秒は高速でレロレロしてやると、ちょうど10秒で「イッちゃう!」と言うので、すかさず口を離した。
ビクビク痙攣しながら、あと少しというところでお預けを食らった妻の肢体をまたじっくり眺める。

「もう・・・そんなに・・・感じるように・・・するから・・・すぐ・・・ダメになっちゃう」

「もうイキたいんじゃないの?」

「まだイキたくない・・・!」

「じゃあずっと見てようかな」

「・・・いじわる・・・」

お預けを食らわせたまま勃起したペニスを出してしゃぶらせる。
四つん這いになって美味しそうに舐めている妻の尻を見ていたら、バックから突いてやりたくなってきた。
俺と妻は身長差が30センチ近くあるため、普通の体勢だとバックでやるのが難しい。
かといって妻が俺の高さに合うように尻を高く持ち上げる姿勢はイマイチ色気がないし、ピストンするのもうまくいかず、ただ疲れるのだ。
そこで、このホテルのベッドはちょっと高めなので、ベッドの端で尻を突き出させて、俺はベッドの下に立って挿入することを考えた。
挿入する前に一度クンニしたいので、ベッドの端で足を開かせ、手マンしながらクンニする。

「あっ、もう、だめ、イク、イク、イっヴヴヴ~~」

速攻で達した妻のクリにまた吸い付いて、再び高まるのを待ってから・・・。

「チンポ入れて欲しかったらそこでケツを突き出しなさい」と命令する。

いやらしい姿勢でぐっと尻を突き出し、「早く下さい、お願いします」と懇願する妻。
うん、この姿勢はいい。
チンポの位置もばっちりだ。
ニュルっと妻の中に入ると、すごいフィット感。
ピストンもしやすい。

「奥まで来るっ、だめっ、これだめーっ」

腰をガッシリと掴んでピストンすると、すぐに妻はイッてしまった。
気持ちよすぎて何がなんだか分からなくなっている様子。
バックには満足したので妻を普通に寝かせ、正常位で裸で抱き合い、ゆっくりと出し入れ。
まったりとキスしながらゆっくりするのが好きだが、妻はすぐに高まって激しいピストンを要求する。

「またイッちゃいそう」

妻がそう言うのでそのままピストンを速め、最後は2人で一緒にフィニッシュ。
妻曰く、「このまま死んでもいいぐらい気持ちよかった~」とのこと。

翌日の妻はいつもよりやさしかった。