ある日、19歳、女子大生の妹と肉体関係を持ってしまいました。
俺は22歳のサラリーマン。

その日は有給を取っており、女子大生の妹はなぜか家にいました。
親は仕事でおらず、祖父母もたまたま旅行に行ってました。
弟もいるのですが、高校に行ってたみたいです。

居間にいた妹と会話しながらだらだらとテレビを観ていたのですが、妹が肩が凝りやすいらしく、肩がだるいと言うのでマッサージしてあげることにしました。
揉んでみるとたいしたことなかったんですが、気持ちよさそうだったので、黙ってマッサージしていました。
で、だんだん自分も疲れてきたんで、「もうやめていいか?」と聞いてみましたが無視。
明らかに続けろというのが見え見えだったので、面倒くさい自分は、胸でも揉めばびっくりして嫌がるだろと思い、おっぱいを鷲掴みにして・・・。

「夏なのに肉まんみっけ♪」

などとバカ丸出しのことを言ってみました。
すると妹が、「あっ」とか感じた声を出すので、調子に乗って2、3回揉んでみたら・・・。

「えっち!」

ちょっと萌えが入って揉み解しまくりました。
なんか妹も嫌がらず気持ちよさそうなんで・・・。

「直接おっぱい触っていい?」

自爆覚悟で聞いてみたところ・・・。

「ん~、いいよ。でもちょっとだけだよ?」

俺は迷うことなく妹の生乳を揉ませてもらうことにしました。
もうだいぶ興奮していたので、すぐさま優しく妹のTシャツに手を入れてみたら・・・。

(ブラしてねー、ノーブラかよwどうりでいい揉み心地だったわけだ)

などと思いつつ、乳首を探しながらモミモミ。
妹もだいぶ気持ち良かったらしく声を漏らしはじめました。
日頃ふざけて胸を触っては抓られたりしていましたが、ここまでダイレクトに揉んだのは初めて。
しかも最近ご無沙汰な自分は、すでにチンコびんびん。
かなり長い間、揉み耽っていました。
妹もやめてと言わなかったところをみると、ご無沙汰だったのかもしれません。

で、ここまで来たら次に進みたくなるのが男の性。

「あのさ、やっぱ下はさすがに触っちゃまずいよね?」

控えめに聞いてみると・・・。

「指は入れちゃダメだよ?」

そこまでする気はなかったのでちょっと驚きました。
しかしすぐに我慢できなくなり、妹が穿いていた七部丈ぐらいのジーンズを太股あたりまでずらしました。
妹の白い萌パンツが目に眩しいこと。
もう自分を抑える理性がほとんどなくなっていた俺は、愛撫もせずにすぐさま中に手を入れてしまいました。

あのときの俺は相当に興奮してました。
自分の妹なのに、あんなに興奮するものなんですね。

パンツの中に入れた手を優しく這わせながら、遠慮がちに入り口を探しました。
途中で妹も、「ぁん」とか「ふぁぁ」とか切ない吐息を漏らしていました。
その声にたまらなく興奮しつつ、探し当てた入り口を優しく撫でました。
すでに妹はかなり濡れていました。
あまりにも入り口に熱さを感じた自分は、いきり立ったチンコを妹のお尻のあたりに密着させていました。
だいぶ長い間、自分は愛撫を続けていたと思います。
もう妹を性欲の対象にしか思っていなかった気がします。
今になって少し罪悪感が湧いてきた、・・・ごめんね。

片手でおっぱいを揉みながら、もう片方で妹の入り口を撫でていた自分は、もう頭の中が真っ白というか、とても熱くなっていました。
そのうち妹に「指を入れちゃダメ」と言われたことも忘れて、指先を割れ目に少しずつ埋め始めていました。
ちょっと記憶が曖昧ですが、中指の半分くらいは入れてしまっていたと思います。
妹の中に入れた指をゆっくり上下させていた記憶があります。
妹は声を漏らすのが精一杯だったのか、「んぁぁん」と言葉にならない声を漏らしていました。

中指をもっと埋没させようとした時、妹が軽い痙攣に近い動きをしているのに気づき、さらに指の動きを速めてみました。
指を入れてから数分も経っていなかったと思います。
彼女は突然、「あはっああっ」みたいな卑猥な喘ぎ声で叫ぶと、力が抜けたようになって自分にもたれかかってきました。
おっぱいを揉んでいた手を離し、片手で抱き止めながら、自分は妹の入り口を愛撫し続けていました。
妹がだいぶ落ち着いたのを見計らって声をかけてみました。

「指入れちゃったけど、大丈夫だった?」

妹は何も言わずに自分を抱き締めてくれました。
すごく温かくて、これほど心地よい感触は初めてだったと思います。
まだ射精していなかった自分は、妹に聞きました。

「チンポ入れてもいい?」

それでも何も言わない妹は、抱き締めてくれていた手を緩めると、無言のままキスをしてくれました。
たまらなく妹を愛しく感じた自分はそのまま数分間ほどディープキスを交わし、お互いの唾液を堪能しました。

妹と口を離し、妹の入り口を片手の指で広げ、もう片方で自分自身を支えて、ゆっくりと中に埋没させていきました。
入り口にチンポを当て、妹の粘膜の中に少しずつ滑り入れていきます。
妹は息を吐くような声で、「ふぅんぁ」と顔を歪ませながら自分を受け入れてくれました。
お互い、回数は少なくてもセックスは経験済みだったので、入れるのにそれほど苦労はしませんでした。
自分のムスコは決して大きくはないのですが、妹が「おっきい・・・」と言ってくれたのを聞き、たまらなく嬉しくなって、妹の両肩を優しく支えると、優しさとは裏腹に中を思いっきり突き上げてしまいました。
妹は声にならないような声をあげて痛がっているようだったのですが、自分はもう何も考えられませんでした。

妹の腰に手を移し、やや速めの運動を繰り返し始めていました。
妹は行為に合わせるように、「あっあっ」と声を漏らしていました。
自分は妹の両足に手をかけ、大きく広げて太股に手をかけました。
もう自分は限界が近づいていました。
あまりの快感に引き抜くこともできず、溜まっていた精子を妹の中に打ち込んでしまいました・・・。

妹に中出し・・・。

いつもなら焦って相手に謝る自分でしたが、妹との行為はそんな思考さえも鈍らせるほどの快感でした。
たぶんですが、出した後も休むことなく自分は妹に行為を続けていたと思います。
我に返ったのは一度目の射精から少し経ってからでした。
運動をやめることなく妹に・・・。

「マジでごめん、中に出しちゃった」

そう伝えると妹はやはり驚いていましたが・・・。

「たぶん安全な時期だと思うけど、もしできちゃったらどうする?」

中出しした後も行為をやめなかった自分は、妹の言った『安全な時期』という言葉に相当安心していたのでしょう。
自分でも不思議なくらい萎えることのない陰茎を妹の粘膜に打ち付けていました。
妹も何も言わず、ただ感じるままに声を漏らし、自分を受け入れ続けてくれていました。
対面座位と言うのでしょうか。
いつの間にかその体位で交わっていた自分は、妹の乳首を頬張りながら二度目の射精を行ないました。
硬くなった乳首を舌で吸いながら、陰茎は今までにない刺激を受けて、躊躇いもなく妹の中に精子を発射しました。