最初はちょっとやばかったかもしれん。
家族全員が出かけ、義妹と2人きりになった日曜日の昼下がり、俺はついに制御不能になってしまった。
薄手のブラウスに短めのフレアスカートで家の中をうろうろしている義妹を見て、もう自分を抑えられなかった。

初めて嫁の両親に挨拶に行った時、大学生になったばかりの義妹も一緒に出てきて、その時から俺の下半身は暴走モードになるのを必死でこらえていた・・・。
姉妹とは思えないほど義妹の性格は大人しく、髪は長くて色白で、清楚な感じで細身だが胸はそれなりに大きかった。
そんな女子大生を見て、義妹はすぐに俺の心のアイドルになった。
結婚後、嫁の実家で同居となったのだから、煩悩と戦う苦行のような毎日を強いられることとなった。
当然のことながらそんな事はおくびにも出さず、俺はずっと優しい義兄を装って嫁の家族と接してきたが、その時は突然やってきた。

意を決して部屋のドアをノックして、義妹が無防備に出てきたところに抱きつくと、一気に唇を奪った。

「え、お義兄さん!?」

義妹は抵抗するのも忘れて、ただただ「お義兄さん!」を繰り返した。
ベッドに押し倒し、ふくよかな胸に手をやった時、義妹は初めて抵抗を示した。

「お義兄さん!ダメ!どうして?」

「法子ちゃん、いつも俺達の夜の声を聞いてオナニーしてるよね?」

カマをかけて、そう言ってみた。
すると義妹は一瞬目を泳がすと、耳まで真っ赤になって抵抗が弱まった。
すかさずスカートの裾から手を入れて素足の太ももを撫で上げると、俺の手を阻むように押さえてきたが、一気にショーツの中に指を忍び込ませて亀裂を弄ると微かに湿っていた。

「濡れてるね」

そう言ってみると、義妹は一層顔を赤らめて顔を背けたので、俺の手を押さえる力が抜けた。
俺はそのままショーツを掴んで尻の方から卵の皮を剥くように剥ぎ取った。
再び抵抗が始まったが、俺は義妹の股間に顔を埋めて割れ目に舌を這わせた。

「ダメ・・・お義兄さん、やめて・・・」

しかし俺は義妹の腰をがっちりと抱え込んで、ひたすら義妹の亀裂を舐め続けた。
俺を押しのけようとする義妹の力はどんどん弱まり、まだ未発達の陰核に集中して刺激を与え続けると、軽くイッたのが分かった。

「法子ちゃん、イッたね」

義妹はそれを否定するかのように首を横に振ったが、目を閉じて体を震わせているが分かったので、その隙にブラウスのボタンを外してブラも脱がせると、スカートだけを身に纏った義妹が目の前に横たわった。
細くて長い脚がスカートの裾から伸びている。
俺も全裸になって、そのまま形のいい乳房に吸い付きながら割れ目にグッと押し込むと、途中まですんなり入ったので後は一気に貫いた。
奥まで届いた瞬間、義妹は俺にしがみつき、「動かないで!お願い!」と、痛みにたえる表情を見せた。
俺はそのまま動かずにいたが、義妹の表情が和らいだところで少しずつ腰を動かし始めた。
義妹は再び痛がってみせたが、俺はそのままピストンを続けて、そのまま中で放出した。

「お義兄さん・・・どうして・・・?」

義妹は、少し血の混じった白濁液が自分の膣から流れ出てくるのをティッシュで拭いながら俺に聞いた。
俺はそれには答えず、義妹の後ろから腕を回して抱き締めた。
家族が戻ってきても、法子は普段と変わらぬ様子で振舞っていた。

それから何日か経って、会社帰りに義妹を呼び出した。
駅で義妹を車に乗せ、運転しながら聞いてみた。

「法子ちゃん、怒ってないの?」

「・・・」

義妹は目を伏せまま何も言わなかった。
俺は公園の近くに車を停め、体をひねって義妹の顔を見ながら聞いた。

「お姉ちゃんには言わなかったんだね?」

義妹は俺の方を見ずにコクリと頷いた。

「どうして?」

義妹は顔を上げて俺を見ると・・・。

「そんな事したら、お義兄さんに会えなくなっちゃうから」

俺は義妹の後頭部に手をやり、ゆっくりと引き寄せると、優しく口付けをした。

「んふ・・・」

息が続かなくなった義妹が声を出したので一旦唇を離し、今度はその薄い唇に舌を入れてみた。

「法子ちゃん、ホテルに行こっか」

義妹は再び小さく頷いた。
先にシャワーを浴び、バスタオルを巻いてベッドで待っている義妹にキスをした後、俺達は並んで横になった。
ゆっくりとバスタオルを開くと形のいい乳房が露わになった。
まだ柔らかいままの乳首を口に含んで舌先で転がすと、どんどん硬くなり、義妹の息が少しずつ荒くなってきた。
全身に手と舌を這わせ、一番敏感な突起を舌先で舐めあげた時、義妹は、「うっ」と体を震わせてイッた。

「お口でして」

そう促すと、義妹はゆっくりと体を俺の下半身へと滑らせて、ぎこちなく口に含んだ。
快感が高まったところで喉の奥まで突き立てて言った。

「このまま出すよ」

義妹は一瞬動きを止めたが、すぐに再び首を前後に動かして射精を促した。
信じられないほどの精子が義妹の喉に注ぎ込まれた。

「飲んじゃった」

義妹は再び俺自身を口に含むと、舌を巧みに動かして粘り気を取ってくれた。
2人で抱き合ってしばらく眠った後、もう一度義妹に入ろうとした時、優しく俺を制して言った。

「お義兄さん、ゴムだけはお願い。大丈夫な時はちゃんと言うから」

それから法子とは週に1度、家族の目を盗んで会っている。
最初に何度か俺の指でイッた後、シックスナインからアナル舐めをして、最初の挿入を果たす。
2、3ヶ月も経つと法子はコツを覚えてきて、痛くなるほど俺を勃たせると、奥深くまで飲み込み、腰を擦りつけるようになった。

「お義兄さん・・・凄い・・・いい、いい・・・あ、あ、あ、あーっ!」

白目を剥いて絶頂を迎えると、そのまま失神することも珍しくなくなった。

「お義兄さん、あーっ、それダメ・・・、壊れちゃう、ああ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イクッ!」

法子は、うつ伏せで腰を高く上げ、俺を迎え入れたまま昇天した。
この先も可能な限り法子との関係を続けていくつもりだ。