俺は30歳にして独立し、自分の会社を持てました。
電気工事を担う会社を経営しています。
会社は埼玉県内で、現在社員は5人、順調です。

先月、元請会社から仕事の依頼が来た。
現場は長野の松本で、建築中のビルでの仕事だった。

「作業員が1人足りないから来れないか」とのことだった。

松本だと出張だし、宿泊代を考えると単価が安くて赤字になる現場だった。
しかし世話になっている会社からの依頼だから断るのも・・・。
考えた結果、俺が行くことに決めた。
2歳下の妻の実家が長野の塩尻にあるのが決め手となった。
俺が妻の実家に泊まれば宿泊代がいらないし、松本も近いからだ。
1月21日~25日の予定で長野に行った。
妻は子供の幼稚園があるため俺だけで行くことになった。

21日の夜、仕事が終わってから妻の実家へ行った。
妻の母、つまり義母は約1年前に義理父を亡くしてから1人暮らしだった。
義母とは正月にも会っていたのでそんなに緊張はなかった。
五十路の義母は高齢の割には綺麗だが、それ以上の思いはなかった。

料理上手な義母が作った夕食を食べながら晩酌もした。
義母は以前は酒は飲まなかったが最近は飲むようになっていた。
正月も妻も含めて3人で飲んだのを思い出していた。
しかし義母と2人きりなのは今までなかったことなので少し緊張していた。
1時間ほどで義母は晩酌を終えて家事をしに行ったので1人で飲んでいた。

少しして腕時計がないことに気付き、脱衣所に取りに行った時だった。
脱衣所のドアを開けると義母がいたのだ・・・しかも全裸で・・・。
風呂上がりで身体を拭いているところを俺が開けてしまったのだ。

「あっ!・・・すみません・・・気付かずに・・・」

すぐにドアを閉めてリビングに戻ったのだが、俺の心臓は久々にバクバクして興奮していた。
原因は義母の裸だった・・・。
透き通るような白肌、形のいい乳房と尻、スラリと伸びた脚・・・。
とても53歳とは思えない美しくて素晴らしい裸体だった。
正直、妻よりも魅力的で欲情してしまう義母の裸だった。
気付くと俺は痛いくらいに勃起していた。
俺は酒を徳利ごと一気に飲み干して気持ちを落ち着かせようとした。

数分後に義母がリビングに入ってきた。

「洋介さん・・・さっきはごめんなさいね・・・私も何も言わなかったから」

「いえ・・・こっちこそ、すみませんでした」

俺は義母の顔を見れずに謝った。
少し沈黙があった後に義母が・・・。

「あら?お酒がないみたいね・・・もう1本つけるわね」

そう言って空の徳利を持って台所へ行った。
義母は薄緑色のパジャマの上に茶色のカーディガン姿だった。

「私も頂こうかしら・・・」

義母はそう言って徳利とおちょこを持って俺の前に再び座った。
先程の食事と変わらないはずなのだが・・・義母の姿を見るだけで先程の裸とつい重ねてしまっていた。

(お義母さんがあんなにいやらしい身体をしているなんて・・・)

そう考えるだけで肉棒が再び硬くなっていった。
義母は俺のそんな思いなど知る由もなく、変わらぬ態度だった。
先程のことでの気まずさからか俺は飲むペースが早くなっていた。
義母も先程よりは飲んでいるように感じた。
義母の飲んでいる姿が妙に色っぽく見えた。
さっきの義母の素晴らしい裸がまた鮮明に思い出されて・・・今まで考えたことがなかったが、よくよく見ると義母はいい女だと思い始めていた。
その姿に俺は血が逆流するほど欲情してしまった。

俺は5年前に結婚するまでは色々な女と遊び回っていた。
女の経験人数も50人は超えると思う。
しかし今まで40歳以上の女とは経験したことはなく、興味もなかった。
・・・しかし、この時の義母への欲情は今までに感じたことがないほどに強烈だった。
それほどに義母の裸は魅力的で、俺の理性をなくすのに十分だったのだ。

(あの身体を・・・触ってみたい・・・いや・・・抱いてみたい・・・)

俺は初めて義母に性的感情を抱いた。
酒を飲んでいたことも俺の欲望を後押ししていた。
そして俺は激しい欲情を抑えることが出来なくなってしまった。
俺は義母の隣の座ると、いきなり抱きついて胸を揉んだ。
ノーブラだったので服の上からでも乳房の弾力が伝わってきた。

「ああっ!洋介さん・・・何をするのっ!!」

「お義母さんの裸を見たら・・・もう我慢出来なくなって・・・」

「うあっ!・・・やめて・・・駄目よ・・・いやっ!・・・離して・・・」

俺は服の中に手を入れて乳房を揉んだ。

「駄目・・・やめて・・・」

「お義母さんのオッパイ・・・柔らくて・・・気持ちいい・・・」

妻とは違う豊満な乳房に完全に欲情して我を忘れてしまった。

「駄目よ!・・・やめて・・・離して・・・いやっ・・・いやよ・・・やめて・・・」

俺は義母に抱き付きながら乳房を揉んでいた。

「うあ・・・やめて・・・洋介・・・さん・・・駄目よ・・・やめて・・・」

「お義母さんがいけないんですよ・・・あんな裸見たら・・・もう・・・」

「あれは・・・見せたわけでは・・・うう・・・やめて・・・」

義母は身体をくねらせて逃れようと抵抗していた。

「お義母さんの身体が・・・こんなに魅力的だったなんて・・・あああ・・・」

「ううう・・・もう・・・離して・・・うう・・・やめて・・・許して・・・」

抵抗している義母を押さえながら乳房を揉んでいた。
義母の乳房は大きくて弾力があり、揉んでいても飽きなかった。

「はああ・・・佳代(妻)よりも気持ちいい・・・オッパイですよ・・・」

「ううう・・・何を・・・言うの・・・いや・・・やめて・・・洋介さん・・・」

義母は抵抗したままだったが、次第に力が弱くなっている感じがした。
俺は義母のカーディガンを後ろにずらすと仰向けに押し倒した。
カーディガンが腕に巻き付いて抵抗は完全に弱くなっていた。
上着のボタンを外すと目の前には形のいい乳房が・・・。

「ああ・・・なんて綺麗なオッパイなんだ・・・とても50過ぎには思えない」

「うううう・・・いやよ・・・洋介さん・・・お願い・・・もう・・・やめて・・・」

「こんなオッパイを前にして・・・もう戻れませんよ・・・お義母さん!」

俺は乳首や乳房を舐め回した。

「あああっ・・・いやっ・・・駄目・・・やめて・・・」

乳首を舐めた瞬間、義母の身体が激しく反応していた。

「お義母さん・・・感じました?・・・やらしい声出して・・・」

「何を・・・違うわぁ・・・そんなこと・・・うう・・・やめて・・・」

乳房を揉みながら乳首を愛撫すると・・・。

「ああぅぅ・・・ぅぅ・・・駄目・・・そんなこと・・・しないで・・・」

「ああ・・・この身体・・・たまらないですよ・・・」

「ううぅぅ・・・やめて・・・いやっ・・・いやっ・・・ああぅ・・・ぅぅ・・・」

俺は片手を義母の下着の中へと入れた。

「ひぃぃ!・・・いやっ!・・・駄目よっ・・・そこだけは・・・いやあぁぁ・・・」

指を膣穴に入れると少し濡れていた。

「ひぃああっ!!・・・いやあぁぁ・・・やめてぇぇ・・・駄目!!・・・」

「お義母さん・・・少し濡れていますよ・・・感じているんですね・・・」

「うううぁぁぁ・・・違うの・・・ううう・・・やめて・・・指を抜いて・・・」

俺は指をゆっくりと動かしてみた。

「ううっぁああ・・・駄目・・・やめてっ!いやっ」

逃れようとする義母を抑えながら指での愛撫を繰り返した。

「ううっ・・・もう許して・・・洋介・・・さん・・・こんなこと・・・いけない・・・」

次第に力を入れて愛撫すると義母の膣穴は濡れてきた。

「お義母さん・・・どんどん濡れてきましたよ・・・気持ちいいんでしょ・・・」

「うううっ・・・うううう・・・そんな・・・や、めて・・・いやっ・・・」

濡れてくるのと同時に義母からの抵抗は弱くなっていった。
指を奥まで入れてクリトリスを刺激すると・・・。

「うあああっ!・・・駄目・・・うあぁぁぁ・・・ぅぅぅぅ・・・ぁぁぁぁ・・・」

俺は素早く指を抜くと義母のズボンを下ろして両脚を開いた。
そして薄めの陰毛の奥にある膣穴を舌で愛撫した。

「いやっ!!・・・やめてっ!・・・洋介さん・・・いや・・・いや・・・」

「ぷぁぁ・・・お義母さんのマン汁・・・美味しいですよ・・・」

「わぅぁ・・・ぁぁっ・・・洋介さん・・・や・め・・・て・・・ぅぁああ・・・」

義母からの抵抗は小さくなっていた。
俺は音が出しながら膣穴を舐めた。

「ああ・・・お義母さん・・・こんなにいやらしい音を出して・・・」

「ぁぁあ・・・ぅぅぁぁ・・・ううっ・・・いや・・・駄・・・目・・・」

「こんなに濡らして・・・感じているんでしょ・・・無理して・・・」

「んんん・・・違う・・・そんな・・・洋介・・・さん・・・いや・・・やめて・・・」

「あああ・・・お義母さん・・・」

「ああぅぅ・・・やめ・て・・・うぅんん・・・いやっ・・・駄目・・・」

義母の膣穴は汁が垂れるほどに濡れてきていた。

「ぷはぁぁ・・・お義母さん・・・凄く濡れてきましたよ・・・」

「ううぅぅ・・・ああうぅ・・・やめて・・・洋介さん・・・いや・・・」

俺は部屋中に音が響くほどに激しく膣穴を舐めた。

「ううぅぅ・・・そんな・・・だめ・・・ううううぁぁあああああ・・・」

義母の身体が一瞬固くなったのを見て、絶頂に達したと感じた。
ぐったりしている義母の前で全裸になり、勃起している肉棒を見せた。

「お義母さん・・・俺のデカいでしょ?」

「洋介・・・さん・・・もう・・・何もしないで・・・お願いよ・・・」

義母は肉棒から目を離しながら言ってきた。

「お義母さん・・・ここまで来て・・・終わりに出来ないですよ・・・」

「洋介さん・・・お願い・・・こんなこと・・・終わりにして・・・」

「お義母さん・・・もう我慢出来ないです・・・入れますよ・・・」

「ううう・・・それだけは・・・駄目よ・・・洋介さん・・・いやっ・・・」

義母は身体をずらして逃れようとした。
俺は義母の両脚を力強く開いた。

「ううっ!!・・・痛い・・・や・・・めて・・・」

肉棒をゆっくりと挿入した。

「あああぐっっ!・・・いやああああ・・・やめてっ~!!・・・」

肉棒はすんなりと挿入出来た。

「ああうううっ・・・いやっ・・・いや・・・駄目よ・・・抜いて~・・・」

「あああああ・・・何だこれは?・・・すごい・・・」

挿入した瞬間、今まで感じたことのないほどの快感が体中を襲ってきた。
俺の肉棒を沢山のビラビラが強烈に締め付けてきたのだ。

「ううぁぁ・・・なんてオマンコだ・・・お義母さん・・・凄いですよ!」

「ぅぅぁ・・・ううっ・・・いや・・・抜いて・・・抜いて・・・」

「駄目ですよ・・・こんな気持ちいいオマンコ・・・あああ・・・」

「ううっ・・・いや・・・ううっ・・・ううっ・・・やめて・・・やめて・・・」

「ああ・・・凄く締まる・・・なんてキツイんだ・・・凄いオマンコですよ・・・」

「んんああ・・・ああっ・・・やめて・・・洋介さん・・・やめて・・・」

「はあぁぁ・・・お義母さんが・・・こんな名器だったなんて・・・」

「ううああぁ・・・やめて・・・洋介さん・・・洋介さん・・・」

妻よりも数倍は気持ちいい膣穴の締り具合だった。
というより、初めて味わう気持ち良さだった。
義母は言葉では抵抗していたが身体からの抵抗はなくなっていた。
肉棒を突きながら義母の上着を脱がした。
義母の肉体は本当に素晴らしくて武者震いしてしまった。

「あああぁぁ・・・お義母さん・・・なんて美しい身体しているんだ・・・」

「んんん・・・やめて・・・やめて・・・ううう・・・うううう・・・」

「身体もオマンコも最高ですよ・・・あああ・・・気持ちいい・・・」

俺は乳房を揉みながら力いっぱい肉棒で突いた。

「うあああっ・・・ああっ・・・ううぁっ・・・あああっ・・・駄目・・・」

「あああ・・・お義母さん・・・ああ・・・なんて気持ちいいんだあ・・・」

「ぐぐっっ・・・ああっ・・・いや・・・駄目よ・・・駄目なのよ・・・」

義母の究極とも言える膣穴に驚きながらも歓喜していた。

「ううああ・・・洋介・・・さん・・・やめて・・・ううああっ・・・」

「ああ・・・お義母さん・・・佳代よりずっと気持ちいいですよ・・・」

「ううああっ・・・ああっ・・・そんな・・・ひどい・・・うううああ・・・」

「あああ・・・お義母さん・・・ああああ・・・気持ちいいですよ・・・」

「ぅぅぁああ・・・ああっ・・・いや・・・ああぅっ・・・あああっ・・・」

義母の両脚を上げながら激しく肉棒を突いた。

「あああぅぅっ・・・いや・・・ああっ・・・洋介さん・・・ああっ・・・」

義母の耐えている美しい顔と揺れる乳房に一段と欲情していった。

「ああっ・・・ああっ・・・駄目・・・ああっ・・・いや・・・ああっ・・・」

「ああっ・・・ああっ・・・ああああ・・・ああっ・・・そんな・・・ああ・・・」

義母からの抵抗はなくなり喘ぎ声が聞こえてきた。

「ああっ・・・ああっ・・・ああっ・・・洋介さん・・・ああっ・・・ああっ・・・」

義母の感じている表情と喘ぎ声がたまらなく色っぽかった。

「はぁぁ・・・お義母さん・・・今度は後ろから入れますよ・・・」

俺は義母の身体をうつ伏せにして後ろから挿入した。

「ああああっ・・・あああっ・・・洋介さん・・・ああああ・・・」

「バックだと一段と締まる・・・ああ・・・たまらないですよ・・・」

「あああっ・・・あああっ・・・あああっ・・・ああ・・・あああ・・・」

「こんな素晴らしい身体・・・1人身なんて勿体ないですよ・・・今度からは俺が相手しますよ・・・本当に最高の肉体ですよ・・・」

俺は短時間であっという間に義母の肉体の虜になってしまっていた。
今までで一番気持ちいい最高の肉体に・・・。

「ああ・・・お義母さん・・・俺があなたの男になりたい・・・」

「ああっ・・・そんな・・・佳代が・・・駄目よ・・・あああっ・・・あああ・・・」

「この身体・・・男無しではいられないんじゃないですか?」

「あああっ・・・そんなこと・・・ああっ・・・あああっ・・・」

俺は義母の腰を掴んで力強く肉棒を突いた。

「あああうっ・・・あああっ・・・凄い・・・洋介さん・・・ああっ、いい・・・」

などなど、義母が落ちた声を聞いた。

「ああ・・・やっと・・・言いましたね・・・気持ちいいんでしょ・・・」

「ああっ・・・いいの・・・あああっ・・・洋介さん・・・いいの」

その夜は数時間、義母とのセックスを楽しんだ。
義母も途中からは騎乗位になって激しく喘いでいた。
駅弁や立ちバック、台所、階段と色々なセックスをした。
抱けば抱くほど感度の上がる素晴らしい義母の肉体だった。

翌朝も義母を見てすぐに欲情してしまい、朝食前にセックスをした。
義母は初めは少し抵抗していたが、すぐに喘ぎ始めた。
結局、義母の家に泊まっていた1週間、毎日セックスしてしまった。
毎日抱いても飽きない素晴らしい義母の肉体の虜になってしまった。
義母のフェラチオも妻や若い女の数倍は気持ちいい技だった。
埼玉に帰って、妻からねだられてセックスしたが・・・義母の肉体を知った後では物足りなさを感じてしまった。

あれから2ヶ月近く経って・・・。
俺は義母を抱きたい思いに負けて、塩尻に行ってしまった。
妻には仕事で泊まりだと嘘を言って・・・。
家に行くと義母は驚いていた。
俺は我慢出来ずに玄関で義母に抱き付いていた。

「あああ・・・ずっと・・・お義母さんを抱きたくて・・・」

「あああ・・・洋介さん・・・それだけで?」

義母は抵抗してこなかった。
俺は義母を寝室へと連れて行くとベッドへと押し倒した。
荒々しく義母の服を脱がすと俺も全裸になった。
肉棒はすでに勃起していた。

「あああ・・・洋介さん・・・嬉しい・・・来てくれて・・・」

義母は微笑みながら肉棒を咥えてきた。
義母の巧みなフェラチオにすぐに欲情した。
義母を寝かして重なりながら愛撫した。
美しい肉体を愛撫するだけで妻への物足りなさが湧き出てきた。

「あああ・・・本当に・・・素晴らしい身体ですよ・・・お義母さん・・・」

数十分、お互いの身体を愛撫していると義母が・・・。

「洋介さん・・・もう・・・欲しい・・・入れて・・・」

義母が自ら両脚を広げて言ってきたので驚いた。

「お義母さん・・・本当はスケベなんですね・・・」

俺は肉棒を挿入した。

「あああ・・・やっぱり凄い・・・あああ・・・気持ちいいですよ・・・」

「ああっ・・・洋介さん・・・いっぱい突いて・・・」

俺は一気に激しく肉棒を突いた。

「ああっ!・・・ああっ・・・いい・・・あああ・・・洋介さん・・・」

「はああ・・・本当に最高に気持ちいいオマンコですよ・・・」

「ああ・・・ああっ・・・ああっ」

義母は初めから激しく喘いだ。
念願の義母の肉体に魅了されながら朝までセックスしてしまった。
何度射精しても義母の肉体に触れていると勃起してしまった。
まさか義母と肉体関係になるとは思っていなかったが・・・もう義母の肉体でなければ満足しないと感じていた。
もっと早くに義母とセックスしていれば良かったと後悔もした。