高校を卒業して地元の企業に就職し、1年が経過した頃の話。
高校は男子校で浮いた話もなく、部活で時間も割かれていたのと精神的にも子供ぽかった自分は当然のように童貞だった。
しかし、もちろん性に関しては興味はあったわけで・・・。

そんな自分もそれから数ヶ月後に彼女が出来た。
それまでは大して親密に話したことがなかった4つ年上の女性事務員の明美さんから、「佐野君って彼女出来たんだ!?初々しいなぁ」とか言われるようになった。

明美さんは茶髪のロングヘアで少しヤンキー風。
顔は女優の水沢アキ(古いな)を若くした感じ。
今までは見た目で判断してあまり近寄らずにいたので、話しかけられた時は少し驚いた。

それから数日後、たまたま廊下で会った明美さんにまた話しかけられた。

明美「佐野君、彼女と上手くいってる?」

自分「え~まずまずです」

明美「で、もうエッチはしたの?」

自分「明美さん、突然何を言うんですか!」

明美「だって気になったから。何かあったらお姉さんに相談してw」

(なんで突然お姉さん気取りになってるんだ?)

そう思っていたら腕を掴まれ、「はい、これ!余計なお世話かもしれないけど」と手渡されたのはコンドームだった。
突然のことだったのでビックリした。

自分「ちょっ、ちょっと・・・」

明美「え?まさか使ったことないの?」

自分「え・・・まぁ・・・」

明美「嘘?ホントに?」

自分「まだエッチしてないんです・・・」

明美「ゴメン、てっきり・・・」

自分「いや、いいです・・・」

明美「ホントにゴメンね。お詫びがしたいから、昼休みに屋上に来てくれる」

自分「お詫びなんていいですよ」

明美「ううん、待ってるから」

なんだか強引に決められてしまった。
そして昼休み、屋上へ行くと・・・。

明美「佐野君、さっきはゴメンナサイ」

自分「本当にいいですよ、気にしてないですから」

明美「でも本当に彼女とまだエッチしてないの?」

自分「まあ、はい」

明美「じゃあ、ゴムも付けたことないんだ?」

自分「まあ、恥ずかしながら・・・」

そう言うと明美さんが突然耳元で囁いた。

明美「じゃあ、付け方を教えてあげよっか」

自分「え!ええ!?」

キョドってると明美さんの手が股間に伸びてきて、ズボンの上から愚息をゆっくりと擦りながらキスをしてきた。

自分「ちょっ、ちょっと!!」

ほとんど経験のない自分はすぐさま反応してしまい、体も愚息も硬直してしまった。

明美「佐野君のアソコ、もう大きくなったね、気持ちいい?」

自分「・・・は、はい・・・」

明美「それじゃあっと」

ズボンのチャックを下ろされ、パンツの脇から愚息を出され、明美さんが直接擦ってきた。

自分「明美さん、だ、ダメですよ、そんな事したら・・・」

明美「とか言って、佐野君のアソコは正直になってるよ」

気持ちが良くて頭がボーっとした。

明美「じゃあ佐野君のアソコ、しゃぶってあげるね」

そう言うとが前にしゃがんでパクッと咥えてきた。

自分「だ、ダメですって・・・あ・・・」

明美さんはゆっくりとストロークしたり、カリを舌先でねっとりと舐めてきたり・・・自分の頭は真っ白な状態になった。
そして明美さんはコンドームを取り出し、愚息に宛てがった。

明美「ゴムはこう付けるんだよ」

明美さんが愚息の根元までゴムをはめた。
そして口をすぼめると、頭を前後に揺らしながら強いバキューム口撃。
ジュボジュボという淫靡な音が快感をさらに上げる。

明美「んっ、んっ・・・佐野君・・・イッていいんだよ・・・んっ、んっ・・・」

自分「あっ、ホント・・・ダメ・・・イキそう・・・」

明美「・・・いいよ・・・いっぱい・・・出して・・・」

自分「明美さ・・・ん・・・ヤバい!ホント・・・イキそう」

明美「ん・・・ん・・・」

自分「あ、あ~!」

足がガクガクして頭は真っ白。
愚息からドクドクと放出したのがわかった。
明美さんはそれをゴム越しに口の中で受け止めてくれた。