私の恥ずかしい話を聞いてくれますか。

私は何の取り柄もない23歳の女性です。
高校を卒業して小さな不動産会社に就職したのですが、つい先日退職して、今は恥ずかしながらニートです。
体調を崩したというのは建前で、実際は会社でのセクハラとパワハラに耐えかねて、ようやく辞めることができました。
人件費削減でいつも人が足りず、仕事はオーバーワーク。
ブラック企業でした。

今は失業保険を貰うまでの3ヶ月間、家で大人しくしています。
もちろん仕事を探していますが、そう簡単にここだ!という仕事は見つかりません。
まるで今は引きこもりのような生活をしています。
以前は自宅と会社の往復でしたが、今は自宅とコンビニの往復です。

コンビニの他にも出掛ける場所が一つありました。
パン屋さんです。
私はパンが大好きです。
自宅から歩いて行ける所に新しいパン屋さんができたので、パン屋さんに久しぶりに行ってきました。
お店の外は可愛くてお洒落で、女子が大好きな感じです。
これはきっと美味しいパン屋さんに違いないと確信しました。
中に入るとやっぱりお洒落で、赤色のアクセントが所々にあって、どれを見てもキュンキュンします。

狭い店内で、パンはショーケースに並んでいて、対面販売になっていました。
先にいたお客さんが終わるのを待って私の順番になりました。
ショーケースの奥にいるのは若い男性でした、それも外国人。
私は一気に緊張しました。
英語もろくに話せないのに、どうすればいいのだろうと困っていると、店員さんが話しかけてきました。

「何になさいますか?」

流暢な日本語を聞いてホッとしました。
コックさんの格好をしたその男性は、色が白く、まつ毛が長いのがよく分かりました。
黒髪に軽くパーマをかけているように見えます。
私は一目でハートを射抜かれました。
お人形さんのようにきれいな顔立ちで、にっこり微笑まれると、(もう可愛すぎる!)って感じでした。

それからというもの、ほとんど毎日そのパン屋さんに通いました。
もちろんパンも美味しいのですが、その店員さんを一目見たかったからです。
そのうち彼も私のことを覚えてくれて話しかけてくれるようになりました。

「可愛いね!」
「黒髪が綺麗だね!」
「眼鏡を外したらもっといいよ!」

私は毎日通う理由は、彼に褒めてもらいたくてなのかもしれません。
今まで褒められたことのない私が、毎日褒められるのです。

そのうち店員さんの名前が『ダニエル』だということが分かりました。
ダニエルに褒められていると、なんだか愛の言葉を囁かれているような気分です。
私は毎晩ダニエルに抱かれる夢を見ました。
ダニエルに抱かれている自分を妄想して毎晩オナニーをしました。
つまらなかったニート生活が一変して、バラ色のダニエル生活になったのです。

そんなある日、近所のコンビニに行くとダニエルにばったり会いました。
私は嬉しさのあまり声をかけました。
ダニエルは私を見ると、「マイハニー!」と言ってハグしてほっぺにキスしてきました。
彼にとっては普通の挨拶なのでしょうが、私は嬉しくて「アイラブユー!」と言ってしまいました。
するとダニエルは、「遠く離れた所に妻と子供を置いて単身赴任で日本に来ている。それでも良ければ君と愛し合いたい」と言ってきました。
私はここがコンビニだということも忘れてダニエルに抱きついていました。

そのままダニエルのアパートに行きました。
ダニエルの部屋は狭く、ルームシェアしているということで、同居人は仕事に出掛けていて夜帰ってくるとのこと。

部屋に入るとダニエルと抱き合いました。
情熱的なキスの嵐。
これまで何人か好きになった人はいましたが、エッチなことをしたことは一度もありませんでした。
はい、私は処女です。

私は何度もキスをして、立ったまま服を脱がされて、色んな所にキスをされました。

「アイラブユー」「アイニージュー」と耳元で囁かれました。

私も「アイラブユー」と何度も囁きました。
「ダニエル、大好き、愛してる」と。

ダニエルは私のことを、「可愛い」「綺麗だ」「ビューティフォー」と言ってくれました。
そのたびに私はうっとりしてしまいます。

窮屈なベッドに2人で横になりました。
いっぱい褒めてくれて、色んな所を舐めてくれるダニエルに愛を感じました。
ブラジャーを外され、恥ずかしくて手でおっぱいを隠すと・・・。

「綺麗なおっぱいを隠さないで。なんて素敵なんだ!」

そう言って、乳首を優しく舐めてくれました。
私はくすぐったくてダニエルの頭を優しく撫でました。
乳首を摘まんだり、転がしたり、しゃぶったりして、何をされても気持ちが高ぶりました。
ダニエルはいい匂いがして、ずっとこの匂いに包まれていたいと思いました。

ダニエルは服を脱ぐと筋肉質の体をしていました。
肌が透き通るような白さで、その可愛い顔は、ずっと見ていても飽きないほどでした。
私は無我夢中でキスしました。
でも、ダニエルが私のパンティーに手を掛けると途端に恥ずかしくなって、両手でパンティーを隠しました。

耳元で「可愛いから隠さないで」と言われ、耳がくすぐったくなってパンティーから手を離しました。

パンティーの上から指でなぞるように触られてゾクっとしました。
パンティーのクロッチ部分から指を入れられ、中をかき回されました。
私は自分のあそこがとても濡れているのが分かりました。
恥ずかしくてたまりません。
でもダニエルが私のあそこを舐めたいというので、私はあまりの恥ずかしさに顔を隠しました。
舌でクリトリスをペロペロと舐らめると、くすぐったいような、変な気持ちになりました。
ダニエルは、「可愛い、可愛い」と言って私に何度もキスしました。

ダニエルが私に「舐めて欲しい」と言ったのでフェラをしました。
でも、男の人のあそこを見るのも初めてなので、どうやってしたらいいのか分かりません。
ダニエルに言われるまま棒の部分を掴んで、先の方を口に咥えました。
ダニエルのあそこはとても長くて、男の人のあそこってこんなに長いんだと感動しました。
フェラするとダニエルは囁くような可愛い声で、「オォ~!オーマイガー!」と何度も言っていました。
興奮しているのか可愛い顔が赤くなって、私はすごく嬉しくなりました。
大きくなったあそこは上の方をピーンと向いて、先っぽから透明な液が垂れています。
その液を舐めてあげると、「オォ~」と言っていました。

ダニエルが「入れたい」と言うので、「私、初めてだからどうしていいのか分からない」と答えると、「優しくするね」と言って抱き締めてくれました。

ダニエルのあそこが私のあそこに当たっても、なかなか入りませんでした。
私はあそこが裂けちゃうんじゃないかと思うほど痛くて、「ダニエル、ストップ!」と何度も言いましたが、そのたびにキスして待ってくれました。
ゆっくりと入れてくれたおかげで、痛かったけどとうとう全て入りました。
私はダニエルのあそこを受け入れられたという思いから涙が出てきました。
ダニエルは私にキスをしながらゆっくりと腰を動かし、クリトリスを触りながら何度も擦り付けました。
初めての経験だったので気持ちいいとかは全然分からないけど、ダニエルと愛し合えた嬉しさで私はいっぱいでした。