私はいわゆるシングルマザーで、息子と2人暮らしです。
色々苦労もありましたが、それこそ宝物のように息子を育ててきました。
お陰様で息子とはとても仲が良く、性格も素直で健康に育ってくれて、今年小学4年生になりました。

息子とは小さい頃からいつも一緒でした。
ご飯も一緒、寝るのも一緒、もちろんお風呂も一緒に入っていました。
息子も思春期になったら、そんなことももうできなくなるのかなと思っていました。

そんなある日、いつものように一緒にお風呂に入っていた時のことです。
息子は奥手らしく、今まで性的なことは一切したり言ったりしたことはありませんでした。
お風呂で、息子のペニスを見たり触れたりしても、ただ可愛いオチンチンという感じで、特別意識したことはありませんでした。
が、その日、いつものように息子の背中を洗ってあげていると、突然息子が叫んだのです。

「お母さんー、大変。オチンチンが変だよっー」

見ると、見事にペニスが硬くなり、天を指しているのです。
息子に、そんなことが起きるなんて想像していなかったので、私はうろたえてしまいました。

「お母さん、僕のオチンチンどうしちゃったの。病気なの?」

息子も初めてのことでびっくりしてるようです。

「だ、大丈夫よ。病気じゃないのよ」

「でも、こんな変なオチンチン見たことないよ。どうしちゃったの、僕?」

息子は初めてのことに不安を募らせています。
こんな時、男親なら何か言ってあげられるのかもしれませんが、母親がこういう場合、どうすればいいか分かりません。
ただ私は「大丈夫よ」と言うばかりで何もしてあげられません。
息子のペニスは、ますます反り返ってお腹に着きそうになっています。
私はそのペニスを眺めているばかりでした。

「僕、どうすればいいの?病院に行くの?」

私は息子が可哀想になり、思い切って言いました。

「大丈夫よ、お母さんがなんとかしてあげるから」

「ほんと?大丈夫?お母さん」

恐る恐る手を伸ばし、息子のペニスを握りました。
まだ先端に皮を被っていましたが、大きさはもう大人並みです。
握って、はっとしました。
まるで木の幹のように硬かったからです。

「痛い?」

「ううん、痛くないよ。でも変な感じ。治る?」

私は優しく手を動かしてみました。
石鹸のおかげでスムーズに動かせます。

「あ、お母さん、やめて。なんか変」

「お母さんに任せて」

ここまでして途中でやめるわけにはいきません。
私は手の動きを速めました。

「お母さん、やめて、やめて、なんかおかしい、変だよ」

私はかまわず手を動かし続けました。
私自身、興奮していたのかもしれません。

「あっーあっ、あーーー」

突然、息子が叫んで体に力を入れました。
握っているペニスが急に膨らんだかと思うと、ペニスから精液を激しく出し始めました。
ぴゅ、ぴゅと、4、5回も出たでしょうか。
私の顔や胸にかなりの精液がかかりました。
息子は激しく息をするばかりです。
それを見ている私も息が苦しくなってきました。

「お母さん、おちんちんから何か出たよ。やっぱり僕、病気なの?」

「大丈夫、病気じゃないのよ。男の子は大きくなるとみんななることなのよ」

私は息子を安心させようと、そう言うのが精一杯でした。
しかし息子のペニスは、あれだけ射精しても、まだ大きいままなのです。

「お母さん、オチンチン治らないよ」

息子は、べそをかいています。
私はどうしていいか分からずも、また握っている手を動かし始めました。
しばらくして、息子はまた激しく射精しました。
結局その日は、勃起が治まるまで4回も射精しました。

その日以来、一緒にお風呂に入るたび、手で射精させてあげています。
いけないこととは分かっているのですが、息子が喜ぶ顔を見るとやめられません。
息子には固く口止めしているので、他の人に分かってしまうことないと思いますが、また新たな悩みが出てきています。
それは私自身の問題です。
息子の精液を浴びるたび、性的にとても興奮してしまうのです。
男性には目もくれず、息子の成長だけを楽しみに必死に働いてきました。
自慰行為などもしたことはありませんでした。
しかし、あの日以来、息子のペニスを思い出しては毎晩、恥ずかしいところを触ってしまいます。
自分でも恥ずかしいほど愛液が溢れてします。
いつか息子のペニスが欲しくなってしまいそうです。
いつまで理性を保てるか自信がないのです。
今日も息子のペニスをしごいて、体中に精液を浴びるのを待ち遠しく思ってしまうのです・・・。

その後、毎日のように息子のペニスをしごいて射精のお手伝いをしているうちに、だんだん変化が出てきました。
私は息子が気持ちよさそうな表情をするのが本当に嬉しく、できるだけ気持ちよくしてあげようと、いけないとは思いながらも行為を続けていました。
しかし息子がお風呂で、もちろん全裸でペニスを突き出して射精する瞬間、握っている私の手のひらにペニスの裏側でドクンドクンと精液がペニスの中を流れていくのを感じてしまうと、平常心ではいられなくなります。
努めて明るく普段と同じように話しながらしているつもりでも、木のように硬くなったペニスの先から青臭い精子が勢いよく飛び出して私の体にかかって、その熱さを感じてしまうと、思わず「アーン」と声が出てしまうのです。

「お母さん、大丈夫?オチンチンから出るものが体にかかって嫌じゃない?」

「大丈夫。お母さん、平気よ」

息子に本心を悟られないように淡々と話します。
でも本当は違うんです。
息子に精子をかけられるのが、とても嬉しいんです。
興奮するんです。
射精の瞬間、ペニスがピクンピクンとするのに合わせて、私もアソコに力を入れているのです。
いえ、自然と力が入ってしまうんです。

そんなある日、いつものように息子と一緒にお風呂に入っていたとき、息子が私の胸に手を伸ばして触ってきました。

「だめよ、そんなことしちゃ」

私は息子の手を払いのけました。

「じゃあこっち」

息子は下に手を伸ばしました。

「何言ってんの!」

私は腰を逃がしましたが、かえってそれがいけなかったのか、お尻の方から触られてしまいました。

「やめなさい!」

やっとのことで息子の手から逃れました。

「お母さんのアソコ、なんかヌルヌルしてるよ」

「そ、そんな事ないわよ」

「お母さんも、あそこから何か出すの?」

「出さないわよ」

「でもなんか出てるみたいだよ」

「嘘よ」

「いつもお母さんに気持ちよくさせてもらってるから、僕もお母さんを気持ちよくさせたいよ」

きっと息子は純粋な優しさから言ってるのかもしれません。

「女の人は男の人と違って、何か出たりはしないのよ」

「僕もお母さんを気持ちよくさせたいよ。擦れば気持ちいいんでしょ?」

「いいのよ、お母さんのことは」

そう言いながらも、先程から大きくなって空を向いている息子のペニスを眺めていると、私のアソコからは恥ずかしい液体が止め処なく流れてしまうのです・・・。