私の初めて(?)の相手は京子先輩でした。
京子先輩は私の高校の部活の1コ上の先輩です。
とにかく格好良くて綺麗な人でした。

私は高校の時に弓道部に所属していました。
県内ではそこそこ強くて、練習もしっかりしていました。
新入生はなかなか弓を持たせてもらえず、射型(フォーム)が固まるまでは矢を打つのは厳禁でした。
新入生は、先輩に自分の射型を見てもらい、合格をもらって初めて弓に触れるという感じでした。

それで私は京子先輩にもっぱら指導をお願いしていたわけです。
京子先輩は前述した通り格好良かったので私以外の新入生にも人気がありましたが、私はなるべく他の人の目を盗んで指導をお願いしていました。
京子先輩も私の筋が良かったのか、結構目をかけてくれていました。
なので最初は普通の先輩後輩という関係でした。

それから3年生が引退して京子先輩の代が最上級になり、人望もあり腕も良かった京子先輩が部長になったわけです。

そして夏休み。
私は夏期講習があったので普通の時間に練習ができなかったため、講習が終わったあとに自主トレをしていました。
その時、私と同じく夏期講習で通常の時間に練習できなかった京子先輩とよく一緒になりました。
すっごく嬉しかったです。
とにかく憧れていたし、先輩と2人だけでマンツーマンで練習を見てもらえるし。
そういうのもあって、徐々に京子先輩と親密になっていきました。

夏休みも終わりが近づいていたある日、講習が終わった後に武具屋さんに寄って、新しい胴着を受け取ってからいつものように自主トレに行きました。
行った時にはまだ京子先輩はいなかったのですが、ある程度の練習を終えてから京子先輩が遅れて部室に来ました。
私、京子先輩に、嬉しくって真新しい胴着を見せたんですね。
そしたら、「着方を教えてあげる」ってことになり、京子先輩に胴着の着方を教えてもらったんです。
まあ、説明を受けながら着せてもらったわけですが。
なんか嬉しいやら恥ずかしいやらでしたねw
間近で下着姿を見られたんで。
それで胴着に着替えてから、もう一度射型を見てもらったりしてました。
すみません、前置きが長いですねw

弓道をやったことがある人なら分かると思いますが、射型を見てもらうときはどうしても相手の体に触って、「ここが崩れている」とかやられるわけです。
特に射型を安定させるためには、括約筋がしっかりと締まっていないと上半身がぐらつくので、括約筋が締まっているかどうか、お尻を押して確かめるわけですね。
なんていうか、あれは最初は恥ずかしかったですね。
他人にお尻を触られるわけですから。

まあ、そんなこんなで双方の体がある程度接近していた状況で、急に京子先輩に、「私ちゃんは今好きな人とかいるの?」って聞かれました。
女子校だったのもあり、男の人との接触がほとんどなかったので、「そんな人いません」って答えました。
すると京子先輩は、「じゃあ中学のときに付き合ったりとかはしてないの?」とか、急に私の異性関係について尋ねだしました。

「そんなのないですよー」とかって私が答えていると、ちょっと京子先輩の体が密着してきた感じがしました。

こんな話をしている間も一応、射型の練習は続いてて、京子先輩は、「肩が上がっている」とか「肘の入れが甘い」とか指導してくれていたわけですが、急に京子先輩が、「私ちゃんは可愛いねーw」って言いながら髪をなでなでしてくれました。
なんか、もう心臓がバクバク言いだしちゃって、「いや、そんなことないです、京子先輩のほうが格好いいし素敵ですー」とかなんとかしどろもどろに答えて、そのときはまともに京子先輩のほうを見れなかったような気がします。
京子先輩は、「そんなことないよー」とか言いながら髪とか頬をなでなでしながら、最後には私の耳をひとしきり弄った後、ふっと弄るのをやめて、「さて、私も練習するかなー」ってジャージに着替えて自主トレを始めました。

まあ、その日はそれで何もなかったのですが、もうその時からダメでしたねw
ぽーっとしちゃって。
もう京子先輩の顔をまともに見れなくなってました。

その後は講習も終わってみんなと同じ時間に練習をしていたんですが、京子先輩の顔を見るたびに私は動揺してました。
京子先輩も何か意味ありげな笑顔をしていたような感じもしてたし。
照れてなかなかうまく話かけられなかったり、でも少しでも指導してもらいたくて、隙を見て練習を見てもらったり、色々と複雑でした。
いやー、今思うと思春期真っ盛りって感じですねw

で、夏が終わって秋口になった頃に新人戦の県大会があり、私も一応メンバーに選ばれていました。
各学校から2チームが出場できる方式で、私は2番手のチームに入っていたのですが、柄にもなく緊張しまくって全くもって貢献できずに終わってしまいました。
(余談だけど、京子先輩がいた1番手はベスト4まで進みました)
まあ、私的にはこれが結構悔しくて、道場に帰ってから1人でべそべそ泣いてしまったわけです。
それを見た京子先輩がなんやかやと世話を焼いてくれて、家まで送ってもらいました。
その道中、慰められたり、とりとめのない世間話をしていたわけなんですが、別れる間際に頭を撫でられて、額にちゅっとされたんです。
私はなぜか感極まってしまって、思わず、「私、京子先輩が好きなんです」とか何とか言ってしまったらしいんです。
なんかもうこのときは頭がごちゃごちゃになってて、正確には何を言ったかさっぱり覚えていないわけですが・・・。

そしたら京子先輩も、「私も私ちゃんのことが好きよ」って言ってくれて(これもあまり覚えていない・・・)、また私がべそべそ泣き出してしまったんですね。
京子先輩もさぞかし困ったと思いますw

まあ、そんなこんなで京子先輩と一応“お付き合い”を始めたわけです。
お付き合いって言っても、なにぶん初めてのことだったので、何をしたらいいやら迷いまして、しばらくは健全に、周りにバレないように(薄々感づいていた人はいたらしいけど)、デートみたいなことをしてました。
あの頃は、『お付き合い=エッチする』なんて思っていなかったからなあ・・・。
若かったな、私もw

手っ取り早く話せば、初キスはデートで水族館に行った帰りでした。
もうドキドキしまくりでした。
逆に京子先輩はなんか冷静で、ちょっと悔しかったことを覚えてますw

んで肝心の初エッチなのですが・・・。
11月も半ばになった頃だったと記憶しています。
京子先輩のご両親が旅行で留守になって、京子先輩から「うちに泊まりに来ない?」って提案してくれました。
私は一も二もなく飛びつき、両親には京子先輩に勉強を教えてもらうとかなんとか嘘をついて泊まりに行くことを許してもらいました。
日頃から親には、京子先輩にはお世話になってるって話していたので、案外すんなりとOKが出ました。
まあ親としても、まさか自分の娘が女の先輩とお付き合いをしているなんて夢にも思っていなかったことでしょうw

京子先輩の家で、京子先輩の手料理を堪能して、一応一緒に勉強して、そろそろお風呂に入って寝ようかってことになりました。
京子先輩は、ふざけて私に「一緒にお風呂に入ろうかー?」とかって聞いてきましたが、あまりにも恥ずかしいと思ってその時は遠慮して、別々にお風呂に入りました。

そして寝ようかってときになり、最初は私が寝る布団を京子先輩のベッドの横に敷くって話だったのですが、「せっかくだから一緒に寝よう」ということになり、いそいそと京子先輩のベッドに潜り込んだわけです。
そして最初は手を繋いで寝てただけだったのですが、なにぶん2人で寝るには狭いベッドだったので体が密着していき・・・。
夜、2人きりというシチュエーションも手伝い、次第に怪しい雰囲気に。

それでも最初は普通のキスだけだったのですが、京子先輩が私の首に手を絡めてきたと同時に舌で、ちょんって感じで唇をつつかれたわけです。
それまでも何度となくキスはしてきていたのですが、ディープなやつは一度もしたことがなかったので、最初はすごく驚きました。
それでも知識としては一応知っていたので、(これが噂の・・・)とか思いながら、お返しに京子先輩の唇を舌でちょんって感じでつついたりしているうちに、次第に本格的にディープなチューになっていきました。

もう、ただただ気持ちよかったです。
あの頃はノーマルなキスだけでも結構興奮していたものですが、ディープキスがこんなに気持ちいいものだとは思っていませんでした。
おそらく、この時点で私はヌレヌレだったと思いますw

体感的にはかなりの時間ディープキスに費やしていたと思いますが、だんだんと京子先輩の手が首から頬に移ったり、腰を撫でたりしていて、それが胸に移ったときには、もう何も考えられなくなっていました。
パジャマの上からさわさわと撫でられただけだったのですが、吃驚したやら、気持ちいいやら、ちょっとくすぐったいやら、色んなものが入り交じって、とにかく混乱していました。
そんなだったので、いつパジャマを脱がされたのか、京子先輩がいつパジャマを脱いだのか、ほとんど覚えていません。
気づいたときには裸にされてて、京子先輩も裸になっていました。

しばらくその状態でただただ抱き合ってて、とても心地が良く、なんか妙に安らいだ感じがしました。
それでも、まただんだんと京子先輩の手が胸やら何やらを這い始め、すべてが初めての感覚だったので私は大いに戸惑って、もうあとは京子先輩の体にしがみついているだけって感じになってました。
最後は私が「もうやめてください」って哀願するまでになって、ようやく京子先輩が愛撫をやめてくれました。
なので最初のときは、私の方から京子先輩に何かしてあげるっていう余裕は全くなかったですね。

「気持ちよかった?」って聞かれて、京子先輩にしがみつきながらしきりと頷いていたことだけは妙に印象に残っています。

まあ、とにかくこんな感じが京子先輩との初体験でした。
嬉しかったり、恥ずかしかったり、大人になったような気がしたりw
今思い返しても、あの頃の私は若かったw
とまあ、こんな感じです。