私には子供が2人おりますが、大きくなり今では子育てにも手がかからなくなりました。
そんな時、友達に勧められて行ったボランティアでの出来事です。
地域にある海岸のごみ拾い、簡単な気持ちで行きました。
ボランティアなんて子供がまだ小さい時にして以来でしたが、お休みの朝、早くから地域の人たちが海岸に集合してワイワイとごみを集めるのは学生時代に戻った気持ちでした。

終了する頃に参加者が集まって、主催者の方の挨拶がありました。
その時に見しらぬ男性が私に軽く会釈をしてきました。
私は誰だか一瞬分かりませんでしたが、とりあえず会釈を返しました。
解散になってから、その男性が私に近づいてきました。

「有子さんでしょ?」

そう言われても私はピンときませんでした。
ちょっとイケメンが年を取った感じの男性です。

「川村だよ。幼稚園の時、有子さんによくいじめられてた」

「やだ、いじめるだなんて。川村さんって途中で転校したんじゃなかった?」

幼稚園の時、可愛い男の子のことをからかっていたのは覚えていますが、それがこんなイケメンに変わるなんて。

「両親が離婚して母方について引越したんだよ。久しぶりだね」

「そうね、もう30年ぶりくらい?」

「朝ご飯まだなら、近くのカフェにモーニングでも食べに行かない?」

主人以外の男性とカフェに行くなんて想像もしていなかったので、一瞬戸惑いましたが、軽く食事するくらいならと誘いに応じました。

川村さんは幼稚園の時のことをよく覚えていて、すっかり私が忘れていたことをおしゃべりしてました。
ちょっとおしゃれなカフェで、年取ったイケメンとTシャツにジャージの冴えない格好の私が遅めのモーニングです。
私はよく覚えていないことを聞かされても、へぇーと思うだけで、川村さんとの心の距離は縮まりませんでした。
川村さんは奥さんと上手くいってなくて、離婚調停中だと話していました。

「川村さんの浮気が原因なんでしょ?」

不躾にも私が思ったままのことを尋ねると、川村さんはちょっとすねて見せました。

「まさか、奥さんに浮気されたんだよ。僕が1日早く出張から帰ってきたら、家で奥さんが幼馴染の男とよろしくやっててさ」

「ドラマみたい!そういうのって本当にあるんだね!」

私は初めて川村さんの話に食いつきました。
人の不幸は蜜の味とはよく言ったものです。
それ以来、川村さんはEDになってしまったというのです。
女性不信で元気がなくなってしまったと。

「このくらいの年代はそういうのって普通にあるみたいよ」

「有子さんの旦那さんもそうだと言うんじゃないだろうね」

「ウチなんて、もう5年もないわよ」

「5年も?それじゃあ有子さんは5年も寂しい思いをしているの?」

「なければないで、それが普通になれば別に寂しいとは思わないわよ」

「僕はまだまだ現役でいたいと思ってるよ。現に有子さんが魅力的だから、今すぐにでも有子さんを抱きたいと思うし」

「なにバカなこと言ってるの、やめてよ」

「実は幼稚園のとき、初恋の人だったんだ、有子さんが」

「本当に?」

「転校してもずっと忘れられずにいたよ。今でも時々思い出してたくらい」

「そんな思っていてくれたんだ、嬉しい」

「そこで突然のお願いなんだけど、僕がまだセックスできるか、相手になってもらいたいんだ」

「そんなの無理よ。私、旦那さんとは仲がいいの」

「セックスレスなのに?」

「そうよ。旅行に行ったり、しょっちゅう買物や食事にも行くし」

「セックスしたいと思わない?」

私は心の中を覗き見されたみたいで、「そんなことないわよ」とは即答できませんでした。
旦那からセックスを誘われなくなってからというもの、自分からは誘うこともできず、悶々とした日々を過ごしたこともありました。
でも、もう5年。
そんなことはすっかり忘れてしまいました。

「したいよね?したいはずだよ。まだ僕たち30代半ばだよ。良かったらこれからしようよ」

彼は軽く誘ってきました。
昼間からジャージ姿でセックスしようと誘われるとは思ってもみませんでした。
でも、開けっぴろげに誘ってくる川村さんに、忘れかけていた女を見出してもらえると思うと、「いいわよ」と返事をしていました。

「ただし、今日1回だけよ。それ以上はできない。川村さんの初恋の相手としてするだけ」

「分かった。それでも嬉しいよ」

2人でカフェを出て、川村さんの車に乗りました。
車中で川村さんは私の手を握ると、私を見つめてニッコリ微笑みました。
そのままラブホテルに直行です。
ホテルの部屋に入ると、「先にシャワーを浴びてきて」と言われ、私はシャワーを浴び、入れ替わりで川村さんも入りました。
ベッドに座って2人で見つめ合っていると、吹き出してしまいました。

「なんだよ~。こっちは真剣なんだよ」

「別に愛し合う2人が見つめ合ってるんじゃないんだから、さっさとしましょう」

「色気も何もあったもんじゃないね」

「いいじゃない。そのほうが後腐れなくて」

「大好きだよ、有子さん」

そう言って川村さんは私を抱き締め、キスしてきました。
すぐに舌を入れてきて、私も負けじと舌を絡ませました。
久しぶりにキスをして、(あ~キスって気持ちいい、キスってドキドキする)と思いました。
それまで全然ドキドキしていなかったのに、キスして舌を絡ませた途端、ドキドキが止まりませんでした。
おっぱいを揉まれ乳首をコリコリされると、私も川村さんの股間に手を伸ばしました。
川村さんの股間はもう勃起していました。

「お口でしてよ」

甘えた感じで川村さんがフェラを要求してきました。
私は頼まれると嫌とは言えないタイプです。
私は上を向いたチンポを口に入れました。
久しぶりの勃起チンポです。
私はいきなり口の奥の方までチンポを咥えました。
涎をいっぱい付けて、手でしごきながら出したり入れたりしました。

「ああ、気持ちいい。有子さん上手だよ、ずっと舐めててもらいたいくらい」

私は舐めはじめよりも大きくなったチンポを、上から下、下から上、そしてカリの部分と丁寧に舐めました。

「有子さんのも舐めさせて」

川村さんは私のおまんこを手で開くと舌でベロンベロン舐めてくれました。
クンニなんて久しぶり過ぎて頭の中が真っ白になりました。

「気持ちいい、もうイキそう!」

「いいよ、イッても。5年ぶりに今日は何度でもイカせてあげる」

その言葉があまりにも嬉しくて、ふと涙がこみ上げてきました。
思わず、(こんなに優しい人なら好きになってしまいそう)と思いましたが、言葉にはしませんでした。
ひとしきりシックスナインをした後、川村さんが言いました。

「入れたい」

私はゴムを付けるように言うと、川村さんはゴムを付けてくれました。
川村さんに挿入されると、私はすぐにイッてしまいました。
本当に気持ちよくて、私は声を上げて乱れました。
クリトリスを刺激されながらチンポを出し入れされて、私はまたイキました。

「僕もイキそうだよ」

「イッて」

「うん。大好きだよ、有子さん」

川村さんもイキました。
私たちは体力の続く限りその日はセックスをして、お互いの連絡先も聞かずに別れました。
30代半ばで、5年ぶりに女を取り戻した日でした。