2年前、進学校から工業高校に異動して3年生の担当になりました。
前任校は理系クラスがあるため男子の方が女子より少し人数が多いくらいでしたが、工業高校はほぼ男子校というくらい女子がいませんでした。

初めに授業に行ったクラスには男子しかいなかったのですが、次に行った3年1組には1人だけ、レナという女の子がいました。
しかも、とてつもない美人でした。
スタイルが良く、顔も大人びていてモデル並でした。
レナはクラスに1人しかいない女子なので相当にモテるのでは?と思いましたが、もはやモテるを通り越して崇拝されているようで、クラスの男子は奴隷のように尽くしていました。
休み時間になった瞬間、男子がレナにジュースを買いに行ったので、最初はいじめかと思ったのですが、よく観察していると男子はみんな自発的にやっていました。
イケメンな男子はカースト上位なのか、レナに馴れ馴れしくボディータッチをしていて、レナは嫌がる素振りもなく・・・。

(なんか色々とすごいな・・・)と思いました。

ある日、3年1組の授業後、出席簿を忘れたことに気づいて教室に戻ると、レナが男子の膝に乗っていました。

(え・・・?注意した方がいいの?)

一瞬躊躇しましたが、レナを膝に乗せている男子がレナの太ももをいやらしく撫でていたので、「何やってるの!◯◯さん、早く下りなさい!」と叱りました。
職員室に戻って、他の女性教員にこの話をこっそり相談すると、「複数の男子がレナの胸を揉んでいるところを見たことがある」と言いました。

「今度、スキー研修があるから注意した方がいいですよ。修学旅行では他の学科もまとめて女子生徒は6人ずつ一部屋にしたけど、スキー研修は1組しか行かないので先生がレナと同室になります。しっかりレナを見張ってくださいね」

そう言われました。
他の先生も、レナの行為を見ても言葉で注意をするだけで、親に報告したりはしていないようでした。

それから2週間後、問題のスキー研修です。
朝6時の集合だったので、レナの担任の先生はバスの中でいびきをかいていました。
レナは一番後ろの席で男子とお菓子を交換したりして楽しく喋っていると思っていましたが、しばらくすると座席の陰で男子たちがレナのおっぱいを触り始めました。
レナは嫌がるどころか、むしろ笑顔で応じていました。

「やっべ~、めっちゃ気持ちいい」
「また生で触らせてよ」

小声でこんな声が聞こえてきたので、「何やってるの!」と急いで止めに入りました。
男子は、「他の先生だったら見ないふりするのに」と文句を言ってきます。

「何言ってるの!」

「あれ?先生どうかしたんですか?」

いびきをかいていた担任の先生が私の声で起きてきました。
私はレナが男子に脅されている可能性もあると思い、担任の先生に伝えるのは後でいいと考え、「レナさんが具合悪いみたいなので、私と一緒に座ります」とだけ言いました。
担任の先生は、『また何かやらかしたな』という顔を一瞬見せましたが、すぐにまたいびきをかき始めました。

(ったく、担任なのに・・・)

私はレナを前方の空いている席の窓際に座らせ、私はその隣でガードしました。
そうこうしているうちにスキー場に着き、夜までは事件は起きませんでした。
宿泊したペンションは貸切で、男子と校長、担任の先生、保健室の先生は2階の部屋でしたが、私とレナだけは1階で相部屋です。
他の教員は男子の見張りがありますが、私はレナだけを見張ってればいいと言われたので、消灯後にはすぐ寝る準備ができました。
しかし、その前にやらなければならないことがあります。
レナへの説教です。

「レナ、なんで男子に体を触らせるの?」

「気持ちいいから」

「もう高校生なんだから自分の体を大事にしなきゃダメでしょ!あの子たち、彼氏じゃないでしょ?もし彼氏だとしても、そういうことは高校を卒業してから・・・」

「他の先生は何も言わないよ、面倒臭がって」

「だったら余計に・・・」

「私が男子に体を触らせてたら、女の先生がセクハラされないで済むからウインウインじゃないの?」

「体を触らせるのをやめなさいって言ってるの。あなたが言いづらいなら私が注意するから」

「私は気持ちいいから触らせてるの。余計なことしないで。先生、もしかして処女?」

「・・・」

「おっぱい、こんなに大きいじゃん。どうせ色んな男に揉まれてきたんでしょ?私も結構あるけど先生の方が大きいんじゃない?」

レナは私のジャージを無理やり脱がせて下着姿にさせました。
激しく抵抗しましたが、私より背が高く力も強いレナに押し倒されました。

「私、いっつも触られてる側だから、触る側ってなんか新鮮w」

そう言って私のブラジャーのホックを乱暴に外すと、乳房の片方を触ってきました。

「何するの?やめて!」

「私も抜いじゃおうっと」

そう言ってレナも全裸になりました。

「寒っ!暖房の温度あげなきゃ」

レナは裸なのに堂々としていて、怯えて逃げようとする私を部屋の端っこに追い詰めると、抱きついてディープキスをしてきました。
無理やり唇を合わせると舌を入れてきました。
私は顔を押さえつけられて、それから5分くらい口の中を舌でかき回されました。

「あー、気持ちいい」

「やめて・・・」

「こんなの男子が見たらオナニーのおかずに一生困らないんじゃない?男子も呼んでこようか?」

「見張りの先生が交代で起きてるからダメ・・・」

「あー、そう、じゃあ、さっさと済ませちゃおうか」

「・・・え?」

レナは私の股間に自分の股間を擦りつけてきました。
だんだん変な気持ちになってきました。

「さすがにここまでしたら、もう私のこと止めようとは思わないよね。2度と余計なことしないでね。男子はみんな私の言うことならなんでも聞くから、男子にレイプさせてもいいのよ」

私はレナに脅されて、それからの1年間、ひたすら奴隷のような扱いを受けました。
それ以降、男子がレナと性行為をしているところを目撃しても、黙認せざるを得ませんでした。
男子の見ている前でレナに身体を触られたこともあります。
そんなレナがこの春、卒業しました。
心から安堵しました。