私は35歳になる妻子持ちの男です。
先日、出会い系を10年ぶりにやってみました。
昔はツーショットダイヤルが全盛でしたが、今は時代も変わり、パソコンのフリーアドレスでそれも無料で登録できるようになっているのにはびっくりしました。

とりあえず若い子は苦手なので、人妻の何人かにメールを送ってみました。
2日くらい待ってみると意外に来るもんですね。
3人の女性からメールをもらい、妻には出張と嘘をついて、金曜の夜に会うことになりました。
ただ昔の経験では、すんなり会う約束ができる女性はすっぽかしが多いような気がして迷ったのですが、とりあえずホテルを予約して、来なかったらデリヘルでも呼ぼうかと考えていました。

当日、駅に行くと、それらしい上品な女性が待っているではありませんか。
お互い写メの交換はしていたので、近づくとすぐに本人だとわかりました。
名前はさおりさん、37歳の主婦。
今週末は旦那さんと子供が実家に遊びに行っていて、「たまにはのんびり週末を過ごしたら」と旦那さんからフリーな時間をもらっているそうです。
なんとも心の広い旦那さんですが、よりによって出会い系で遊ぶとは(笑)
たぶん欲求不満ではないかと勝手に推測していました。

とりあえず食事に行って色々と話をしているうち、酒が入るとスケベな話も飛び出して、久しぶりに私も心の底から笑い、それはさおりさんも同じようでした。
そしてここまで盛り上がると、当然次に行くところは決まってますよね。
そこそこ高級なホテルの上の階の部屋を取っていたので、窓から見えるきれいな夜景にさおりさんも満足そうでした。
とりあえずワインで乾杯して、どちらが言ったか忘れましたが、アダルトビデオを観ようということになって、有料のアダルトを20分くらいお互い無言で観てしまいました。
ベッドに寄り添うように座っていたので、自然な流れでキスをしました。
さおりさんの上品な表情に、私はつい我を忘れてしまいました。

窓辺に誘い、カーテンを開け、またキス。
上着を脱がせると、柔らかそうな乳房が見え、私のペニスもすでに全開になり、さおりさんの乳房に吸い付き、必死にしゃぶりました。

「あん、ああああ・・・い、いや、だ、誰か見てる~」

「大丈夫、かなり離れてるから見えないよ」

「で、でも~、ああ、あん、あん、き、気持ちよくなっちゃった」

「もっと感じさせてあげるよ、どこを舐めて欲しい?」

「あん、も、もう、私が・・・恥ずかしい~」

「ちゃんと言わないとわからないよ」

「で、でも~、ああ~っ、ぜ、ぜんぶ・・・」

私は徐々に攻めの体勢に入りました。
さおりさんが興奮していくのが手に取るようにわかり、体中を舐めれば舐めるほど吐息が激しくなり、声もだんだん大きくなってきます。

「可愛い喘ぎ声ですね」

「そ、そんなこと・・・ああ~ん、い、いや~ん・・・」

「もっと声が聞きたいな~、どうすればいい?」

「ああ~ん、い、いや~、も、もうどうにでも・・・」

「どこが一番感じるの?」

「そ、そんなの、あああ・・・わ、わからない~」

「ここは?」

さおりさんの股の間から手を滑り込ませてマンコを触ってみると、ヌルっという感触ではなく、ビチャビチャって表現したほうがいいくらい濡れています。

「興奮してきた?」

「その手と舌が気持ちよすぎるから。あっ、ああ~ん、だ、だめ~、ああ~ん」

「すごく濡れてるよ、さおりさん」

「あ、あなたの手がいいの、ほ、欲しい~」

「まだだよ、俺のをきれいにしてくれなくちゃ」

するとさおりさんの手が私の股間に伸びてきて、ズボンの上から擦り始めました。

「は、早くちょうだい、欲しいの」

さおりさんは私のベルトに手をかけ、急いで下ろしました。

「ああ、大きい、主人のより大きい」

「そうですか、でもこれがアソコに入るんですよ」

「想像しただけで、ああ~ん、また濡れてくる~」

さおりさんのフェラは妻よりも滑らかで、ヌルヌルと手と口で上下運動をされていると興奮が高まってきました。

「ああ、気持ちいい」

「玉の部分も気持ちいい?」

「ああ、気持ちいいよ」

さおりさんの舌が玉袋まで達して、玉と袋を一緒に吸い上げる力もすごく、これがバキュームフェラというものなのかと思いました。

「そろそろ入れてあげようか?」

「入れて、ずっと待ってたの」

私は窓に手をつかせてバックから一気に挿入すると、さおりさんは体を反り返して、びっくりしたように大きな声をあげました。

「あああっ、いいっ、いいの、あああああ~っ」

「さおりさん、すごくいいよ、締りも最高だよ」

「い、いや~、締りがいいなんて~、恥ずかしい~っ」

「いいよ、すごくいいよ、もっと締めて」

「こ、こうなの、ああ~、だめ~、わ、私、も、もう・・・」

「イキそうなの?」

「そ、そうよ、最高~、あ~っ、だめ~っ」

さらにピストン運動を加速すると・・・。

「ああ~っ、だめ~っ、い、イク~っ、ああああああああ~」

さおりさんは動物のように喘いでイッてしまいました。
私もイキそうだったので、一旦休憩を入れることにしました。
さおりさんは窓辺に倒れ込み、そのまましばらく動かずにうずくまっていました。
そっと抱き寄せました。

「最高だったよ」

「もう窓から丸見えじゃない、恥ずかしいわ」

「誰かに見られてると思うと興奮しない?」

「・・・」

「さおりさんを見てオナニーしてる人がいるかもね」

「いや~ん、もうスケベ」

ベッドに戻り、ワインを口移ししているとまたムラムラとして、キスをして体中に愛撫を始めました。
さおりさんはそれに応えるかのようにまた動物になり、騎乗位やバックで何回もイキ、最後は私も正常位で絶頂を迎えました。
さすがに疲れて寝入ってしまい、気付くと朝でした。
さおりさんは居ませんでした。

『帰ります。また連絡します』

そんな置手紙がありました。

思った通り、さおりさんはだいぶ溜まっていたみたいです。
旦那さんとは月に1回くらいしかしないそうです。
旦那さんがいない時は、毎日のように昼間からオナニーをしているそうです。
出会い系サイト、癖になりそうです。