もう10年ほど昔、私が大学4年生の頃に付き合っていた、真希という高校3年生の女の子との思い出です。

真希は身長は150センチくらいの小柄で、顔も17歳とは思えないほどあどけなくて、(中学に入ったばかり?)という感じでした。
平日も時間が合えばデートしてエッチしていました。

真希は母子家庭で、母親の愛人が来る金曜の夜から日曜の夕方まで、真希は母親公認で私のアパートで過ごしていました。
真希は中学3年のときに母親の元彼に処女を奪われ、母親の歴代の元彼に性的に凌辱を受けた悲惨な経歴の持ち主で、17歳ですでに私が4人目の男性でした。

真希は金曜の夕方になると私のアパートにやってきて、セーラー服姿のまま健気に夕食を作ってくれます。
幼な妻との週末婚のようで、とても楽しい時間でした。
一緒にお風呂緒に入って夜はセックスしますが、真希は一宿一飯の恩義を感じているのか徹底的に奉仕するセックスを展開します。
真希は高校のセーラー服とは別に、中学時代のセーラー服を私のアパートに持ち込んで、セックスする時はそれを着てご奉仕してくれました。
真希は高校3年生ですが、顔は中学1年生なので、中学のセーラー服がとてもよく似合いました。
ドキっとするほど可愛い笑顔で仰向けに寝た私の真上に立ち、スカートを脱いでノーパンの股間を晒します。
私は、その様子を下から煽るようにデジカメで撮影していました。
真希は脚をこれでもかというほどガニ股にして、ゆっくりと腰を落としてきます。
そして指をV字にしてオマンコを左右に割り開いて中身を剥き出しにすると、ビクビクしている私のペニスを垂直にします。
えげつないほど淫らな手つき、剥き出しのオマンコ、勃起したペニス、その向こうに写る中学のセーラー服が似合い過ぎる幼顔の真希・・・。
それはもの凄い写真でした。

誰に仕込まれたのか、慣れた手つきでゆっくりとしゃがんだまま腰を突き出し、さらに大きくガニ股に開いてペニスをオマンコに入れていきました。

「あぁぁぁ・・・んんふう・・・」

挿入すると、これまでの中学1年生顔の真希とは全く違う色っぽい喘ぎ声を漏らしはじめます。
ゆっくりと腰を前後に大きくくねらせながら、結合部をデジカメに見せつけるように突き出して、ペニスを根元まで飲み込んでいきました。
何度見ても、普段のあどけなくて健気な真希とは違う、驚くほど淫猥な腰使いで、まずはクイクイと騎乗位をしはじめました。
例えるなら、オマンコでフェラチオでもしているように、愛液をまぶしたペニスをジュルジュルブチュチュといやらしい音を立てながら、浅く、深く、右に、左に、ゆっくりと、ねっとりと、腰を上下左右前後に動かしながら立体的なバリエーションで淫らにグラインドさせていました。
身体全体を使うのではなく、器用に腰だけをクインクインとしゃくり上げるような動きです。
見た目が女子中学生なので、腰の動きがとんでもなくえげつなく写っていました。
動画モードだけでなく、静止画でもその卑猥な腰の動きが見て取れるので、これは母親の彼氏の誰かに手ほどきを受けたに相違ありません。
次第に出し入れが大きくなり、オマンコからカリが出て抜ける寸前まで引き出しては、「ああん・・・おちんぽ気持ちいい・・・」などと発する真希の呟きの言葉のセレクトにゾクゾクさせられました。
時折姿を現すカリには真希の白濁した愛液がべっとりと付着していて、そのカリに真希の小振りなビラが絡んでベロンと捲れ、オマンコに飲み込まれるときには引きずられてめり込んでいきます。

「今日は安全日だから・・・オマンコの中に精子ちょうだい・・・」

騎乗位のまま女子高生のオマンコに、ドックンドックン・・・と精液が搾り取られていきました。

「ああ~熱い精子がオマンコに~」

あどけない中1フェイスを虚ろにして真希は私の精液を搾り取ると、そのまま私にばったりと倒れ込みます。
セーラー服のいい匂いを嗅がされながら腰をクイクイされると、私は再び真希のオマンコの中で勃起させられ、抜かずの2発目をされるのです。
この時、射精直後の亀頭を真希のオマンコが撫でるので、私は思わず苦悶の表情をしてしまいます。

「女子高生のオマンコで亀頭責めされて感じてるお兄ちゃんって可愛い・・・」

そんな事を言われながらクイクイと腰を振られると、射精したばかりの亀頭が暴れて、「ううーーーっ!うあっ!はああ・・・」と喘がされてしまうのです。
抜かずの2発、ときに3発は、亀頭の刺激に耐えなければならず、結構きついと思いました。
2発目は中出し精液がドロドロと流れ出る騎乗位なので、もうセーラー服の中1フェイスとのギャップが半端じゃなくて、私はそれだけで興奮させられて呆気なく2発、そして3発と抜かれてしまいました。

真希とは大学卒業と同時にお別れしました。

「私、高校卒業したら、売れっ子ロリータAV女優になるんだ。お兄ちゃんもDVD買ってね。じゃあね。お兄ちゃん、元気でね。バイバイ!」

「さようなら、真希ちゃん・・・」

明るくお別れをした真希でしたが、私は寂しくて涙ぐんでしまい、その涙を見られたくなくて、一度も振り返らずに新幹線のホームを目指しました。
ここまで来たらもう涙もバレないだろうとエレベーターの前で振り向くと、真希はぴょんぴょんと飛び跳ねながら両手を振って見送ってくれていました。
私も手を大きく振って応えました。

就職してしばらくしたら、ネットで真希のAVが宣伝されていました。
可愛いセーラー服姿の真希は、女子中学生役で先生とエッチしていました。
私はモザイク越しに真希のオマンコを思い出していました。
約束通り真希のDVDを買いましたが、かつて愛した可愛い元カノのAVは、一度観たらもう切なくて、2度目は観れませんでした。

現在32歳の私は3年前に結婚して、29歳の妻と1歳の娘の3人家族です。
先日、兄夫婦が実家に入るので、かつて私の部屋だった2階の6畳部屋を姪っ子に明け渡すために片付けに行ったとき、真希のハメ撮りを記録したDVDが何枚か出てきました。
誰にも見せられないDVDですので、密かにBD-R1枚に集約して、DVDは全て破砕しました。
私はDVDを破砕しながら10年前に真希と過ごした日々のことを思い出していました。
あのあどけない笑顔・・・。
あれから10年、28歳になった真希は今頃どうしてるかな・・・。
28歳になっている真希の姿を想像したとき、妻の顔が思い浮かびました。

(あっ・・・俺は真希の面影を妻に見てたんだ・・・)

それ以来、なんだか夫婦生活が大人になった真希との暮らしみたいに思えて、妻が余計に可愛く見えます。
娘に弟か妹がすぐできそうな予感がします(笑)