仕事の先輩でもあって、良き遊び相手でもある悠里という女がいた。
29歳でキレイな顔立ちをしている。
彼女は性格が男っぽいのだが、普段からセクシーな格好をしているので何気に男女ともに人気がある。
しかし悠里は言う。

「やっぱり女って面倒くさいんだわ」と。

ということで、普段悠里は男と行動することが多かった。
男としては悠里のセクシーな格好には性的なものを覚えるが、悠里自身は相手にそれを求めていないかもしれない。
オレに対してもどう思っているか分からない。
まあとりあえず言えるのは、過去に悠里と大人な関係は一度もないということだ。

そんな悠里から頼み事をされた。
なんでもネットで買った冷蔵庫が届くらしいので、運ぶのを手伝って欲しいと。
まあそういうことならと、オレは悠里の家に行った。
悠里の部屋はマンションの3階。

「業者が1人しか来ないらしくて、『こっちで1人、運び手を用意出来ますか?』とか言うからさー」

確かに3階までエレベーターがなければ大変だろう。
オレが悠里のマンションに到着して10分後、冷蔵庫が運ばれてきた。
オレと業者で悠里の部屋まで運んだ。
無事に設置も終わる。

「お礼するから。お茶でも飲んでいきなよ」

こういうさばさばしているところが良い。
結構な体力仕事のお礼がお茶一杯という清々しさ。
まあこっちも見返りなど求めてはいないのだけど。

ただオレには不安が一つあった。
ゆっくりはしていきたいが、今夜には台風が接近するという予報である。
今は穏やかだが、未明には近いところまで来ると言っていた。
今は夕方を過ぎて暗くなり始めた頃。
悠里はコーヒーを2人分作って運んでくれた。
不安はとりあえず保留である。
他愛もない話をしていると、だんだんと外の風が強くなってきた。
雨も降ってきて、台風の接近を感じさせた。

「あれ、今日って雨予報だっけ?」

気ままな悠里は台風のことなど気にもしていなかったらしい。
予報よりも早く台風は近づいてきて、雨風がかなり強くなってきた。

「まあ、ゆっくり休んでいきなよ。そのうち止むんじゃないかな」

最初は気楽なことを言っていたのだが、だんだんシャレにならないことに外はなっていった。
風で建物が揺れている。
そして、ついに停電。
さすがの悠里も不安な表情になっていた。
部屋は暗くなり、悠里はオレの腕に掴まっている。
こんな女っぽいところ初めて見たなと思った。

「多少揺れるのはしょうがないですよ。電気もブレーカーが落ちただけですから」

オレは悠里を安心させようとフォローの言葉を投げかけた。
だんだん悠里から不安の表情が取り除かれて、いつもの顔に戻っていく。
しかしオレはというと、暗い部屋の中でセクシーな女が接しているのだから勃起の一つもするというものだ。
オレはつい、悠里の太ももを触ってしまった。
短いスカートにスリットが入っているため、いつでもアソコに手が届く感じだ。

「ちょっと・・・その手は何?」

「悠里さんを安心させようと思って、ちょっとだけ」

「最初から心配なんかしてないけど・・・それよりアンタの手・・・際どいところに・・・あん・・・!」

オレは何気に太ももからアソコに手を滑らせていた。
そしてクリトリスの辺りで指を振動させる。

「ちょ、ちょっと・・・!あハァん・・・やめなさいって、あハァぁん・・・」

すかさずパンティーの中に指を侵入させてクリトリスを直接弄った。
暗い部屋の中でオレに体を弄ばれる悠里。

「やぁぁん・・・暗くなったからって・・・発情して・・・ア、アァぁん・・・!」

さらに悠里の股に顔を挟んで、パンティーをずらしてクンニをした。
もうそこは悠里の愛液が流れていた。

「悠里さん、感じてたんですね」

「バカ・・・何言ってるの・・・ア、アァぁん・・・ダメ・・・!」

クリトリスに圧をかけるようにして舌を素早く動かした。
悠里の体は細かく反応してきて、腰を上下に振ってしまう。

「あぁぁ、はああっぁあん・・・!ダメェぇ・・・イッちゃうから・・・ヤバぁぁっぁ・・・」

「やめて欲しいんですか?かなり気持ちよくなっているように見えますけど」

「ハァん・・・そ、そんなことは・・・!アァァァ、ダメ・・・イク・・・!!」

悠里は結局、オレのクンニでイッてしまった。
外は雨風で荒れているが、悠里とオレにはもう関係ない。
すでに悠里はオレのムスコをねだっている。
一度絶頂に達したことで、かえって性欲が爆発したのだろう。
暗い中で悠里はオレの肉棒を取り出した。

「もう・・・アンタのも舐めちゃうから・・・」

悠里が初めて自分の中の女を出した瞬間だった。
悩ましい口でオレの肉棒を優しく舐めてくれる。
激しさはないが、ゆっくりねっとり丁寧に舐めてくれるので何気に気持ちがいい。
外の激しさと共に、オレのムスコも激しさを増していった。
悠里の手にもその脈動が伝わっているのだろう。

「あぁ・・・もうイッちゃいそう・・・おチンチン・・・」

悠里のフェラが激しさを増して、オレはついに射精をしてしまった。
悠里の口の中に大量の白濁が流れ込んだ。
その後、次第に台風は収まってきたが、そんなことにも気づかないくらいにオレ達は2回3回とセックスをした。