僕は中学生の時、初めて母とセックスを経験しました。
それ以来、母子相姦は続いています。

母は当時38歳でした。
母は黒髪を長く伸ばし、細顔で目はクリッとして、爽やかな感じの人です。
母と一緒にいると、「お姉さん?」と間違われるくらい若く見られます。
父は僕が小学生の頃から帰ってこなくなって、それから母と2人暮しです。

母とセックスをするようになったきっかけは、僕がオナニーをしているとことろを偶然、母に見られてしまったことでした。
夏休みに入ったばかりの蒸し暑い夜でした。
夜10時頃、すでに母は寝室に入っていました。
僕はお風呂から上がって、自分の部屋で素っ裸のまま明かりを消して、友達から借りたエロビデオを見ながらオナニーをしようとしていました。

コンコン、ガチャ。

部屋のドアをノックする音と同時にドアが開き、母が部屋に入ってきました。

「晋ちゃん、入るわね。メロンよ・・・」

僕は慌てましたが、もうどうしょうもありませんでした。

「ああっ・・・!」

僕は情けない声を出してしまいました。
母は僕の格好を見て困惑した様子でしたが、すぐに微笑んでゆっくりと僕に近づいてきました。
僕は真っ赤になって、居た堪れない気持ちで母に背を向けました。
母の手が優しく僕の肩に触れました。

「母さんがしてあげようか?」

小さな声でしたが、その言葉に僕は心臓が止まるほどの衝撃を受けました。

「えっ?あっ、う、うん・・・」

僕の心臓はドキンドキンと音が聞こえるくらい鳴っていました。

「ほんとに母さんがしてくれるの?」

「母さんで良かったらだけれど・・・」

「あっ、う、うん・・・」

母はドアを閉めて僕に近づくと、ベッドの縁に腰を下ろし、優しい視線を僕のちんこへ移しました。
母は僕のちんこを両手でそっと握ると、裏筋や亀頭を指で擦ったり、カリの下を指でなぞったりしました。
僕のちんこはすぐに大きくなって、ビンビンに突っ張ってきました。
僕は肘をついて体を起こして母を見ました。
部屋の明かりはブルーな画面の薄明かりだけでしたが、母の白磁のようなしなやかな両手が僕のビンビンに突っ張ったちんこを包んでいるのがはっきりと見えました。
母は額と頬に垂れた黒髪をかきあげると、唇を亀頭へと近づけ、ゆっくりと僕のちんこを口に入れました。
その瞬間、僕は生まれて初めての甘美な感触を味わいました。
母にちんこを吸われて、口の温かさに囲まれ、柔らかい舌に包まれていると、凄く気持ちよくなりました。

「晋ちゃんどう?」

「はあ、はあ、母さんの口・・・す、すごく柔らかい・・・」

ちんこは母の口の中で、さらに硬さを増して、時々ビクンとしゃくるように跳ねました。

「あっ、晋ちゃんのおちんちん、凄いわ」

僕のちんこはもう爆発寸前になっていました。

「ああ・・・母さん、んああッ!」

情けない声が出てしまいました。

「んああっ、ああ・・・母さん、出ちゃうよ・・・」

僕がついに射精しそうになった時・・・。

「我慢して、晋ちゃん!」

母は僕の股間から顔を上げると、Tシャツとブラジャーを脱ぎ、スカートとパンティーも脱いで生まれたままの姿になりました。
薄明かりの中に母の美しい体が白く浮んでいました。
母も肩で息をして興奮していました。
母はベッドに後ろ手をつくと、M字に開脚して僕を誘ってきました。
僕は太腿から舌を這わせながら母の股間に顔を埋め、女性器を確かめるように舐め回しました。
そこから愛液が溢れてきて、僕はそれを啜るように飲みました。
母の喘ぎ声がだんだん大きくなってきました。
僕はアダルトビデオで観たとおりにしているつもりでしたが上手くはできませんでした。

「し、晋ちゃん、手でここを擦ってちょうだい・・・」

「う、うん」

僕は母の濡れそぼる性器にそっと手をあてがってゆっくりと上下に撫でてみました。
母の大きな乳房が荒い息とともに上下に揺れていました。
僕は母の性器の中に指を入れたい衝動に駆られて、人差し指と中指を入れてみました。

「あ、ああ・・・」

「母さん、いいの?」

暗がりに浮ぶ母が、何かに取り憑かれたような顔で喘ぎながら言いました。

「し、晋ちゃん、も、もう少し奥に入れてみて・・・」

「こう?」

僕の声も上擦っていました。
僕はできるだけ奥へ指を入れてみました。

「そう・・・あん・・・。そ、そうよ・・・」

さらに僕は中指の腹で母の性器の天井をそっと撫でてみました。

「んあっ、あん、ああっ・・・」

「ここがいいの?」

僕は母の反応を確かめながら片方の手で母の白い乳房を掴み、乳首に吸い付きました。
母の手が自然に伸びてきて僕のちんこを優しく握ると、母の性器の入口まで導いてくれました。
僕は恐る恐るちんこを挿入しました。
僕のちんこがゆっくりと母の膣穴を押し拡げながら奥深く進んで行きました。

「あっ、ああ・・・」

母の膣内は十分に濡れていて僕のちんこを迎え入れてくれました。
僕はちんこを根元まで埋めこんだまま荒い息をついていました。
もう1、2回のストロークで僕は射精してしまいそうになっていました。

「晋ちゃん、動いて。ゆっくり腰をあげて落としていって・・・」

僕はシーツに両手をつき、腰を浮かせてピストンをしようとしましたが、もう今にも射精しそうでした。

「ああ・・・母さん、出ちゃう・・・」

母は僕の首に手を回して、僕を引き寄せてキスしてきました。
母の舌が優しく入ってきて強く吸われました。
そのとき僕はもう限界に達して、母を思いっきり突きあげて母の膣穴に射精しました。
僕はおびただしい量の精液を母の膣穴に注ぎ込んでしまいました。
精液が出尽くした後も、僕は何度も何度も母を突き続けました。
雲の上にいるような感覚と闇の底に突き落とされた感覚が溶け合ったような感じがして、母は体を弓反りにして涙を溜めていました。

「ああっ、ああ・・・」

荒い息をつきながらベッドにぐったりすると、母は涙をこぼしていました。
それが僕と母の母子相姦の始まりでした。

それ以後は、いつも決まって母の方から僕を求めてきます。
母とセックスするとき、母の喘ぎ声が悪しき呪文のように聞こえてきて、母の乳房に顔を埋めて泣きじゃくりたい衝動に駆られることがあります。
そんなとき僕は、怖いものを振り払うように無我夢中で何度も何度も母を突き続けます。
クタクタに疲れ切って射精して、気が付くと母が僕に貫かれたまま失神していたこともありました。
この先、僕と母はどうなっていくのかわかりません。