高校生の時の話。
高校2年生の時、美結と同じクラスになった。
永野芽郁似の美人でスレンダーなのだが、出ている所はしっかり出ていた。
美結は大人しい印象だったけど、生徒会の副会長だったり部活でも表彰を受けてたり、その見た目も相まって学校でも有名人だった。
美結とは席が隣同士だったから授業でペアになることも多く、話す機会が増えて次第に親しくなっていった。
授業中に美結が長い髪をかき上げたりする仕草が色っぽくて、次第に美結に惹かれていった。

しかし美結を狙ってる男子も少なくない。
美結にいつ告白するか考えていた時、学年でも有数のイケメンであるKが、「夏休み中に美結に告る」と噂で聞き、焦った俺は1学期の終業式の日に美結に告白した。
フラれるかと思っていたが、OKされて付き合うことになった。
その後、Kが美結にフラれたという噂が広まった。

美結とは一緒に登下校したり、休日にはデートに行ったりもした。
もちろんセックスしたかったが、当時は童貞でなかなか勇気が出せず、ハグとキスで止まっていた。

クリスマスイブの日に美結をデートに誘うと、嬉しそうに「いいよっ!」とOKしてくれた。
午前中はショッピングを楽しみ、午後は映画を観て、カラオケやゲーセンに行き、夜は予約していた高級イタリアンに行った。
高校生には痛い出費だったが、美結がとても喜んでくれたので嬉しかった。

食事後、意を決して美結をホテルに誘うと、顔を赤くしながら頷いてくれた。
ラブホに入ると美結はジャグジー付きの広い風呂に驚き、「ねぇねぇ、これすごい!」と無邪気に笑って楽しんでいるように見えた。

先に風呂に入り、ベッドで部屋着に着替えて美結が出るのを待った。
風呂から出た美結は髪がしっとり濡れていて、とてもエロかった。
美結がベッドの端に腰を下ろすと、しばし沈黙。
美結の肩に手を当てると、美結が振り返りキスをした。
舌を絡めると美結も応えてくれた。
そのままベッドに押し倒し、部屋着を脱がした。
美結はブラを着けておらず、豊かな胸が姿を現した。
乳首は薄いピンク色、お椀型で垂れることなく形も良い巨乳。
Gカップだと教えてくれた。

胸を揉むと、美結は「あっ」と甘い声を漏らした。
とても柔らかくて、タプタプと揉んでいると、乳首が硬くなってきた。
尖った乳首を弄ると、「ん、んぁ」と声を殺しながらも感じていた。
乳首に吸い付くと、「あん、おっぱい出ないよ~」と笑っていたが、吸ったり舐めたりを繰り返していたら声を出せないくらいに感じていた。
俺は美結の巨乳を堪能し、美結はハァハァと肩で息をしていた。

アソコに触れると、ぐちょくちょに濡れていて指は糸を引いた。
股を閉じていたが、少し手に力を入れて開脚させた。
アンダーヘアーは濃い目だった。
恥ずかしいのか顔を手で隠して照れていた。
アソコに指を入れ、AVを観て練習した手マンを試した。
Gスポットを刺激すると、「あっ、あっ、あっ」と喘いでくれた。
乳首を吸い、アソコに指を入れて出し入れするペースを速めると、美結は腰を浮かせて「あっ、あああ~んあっあっあ~」と大声で喘ぎ、チョロチョロと潮を吹いてイッた。
ビクンビクンと腰を痙攣させ、アソコはパクパクと開き、口からは涎を垂らしていた。

「挿れていい?」

「うん、挿れて」

ゴムを取ろうとすると「ナマで挿れて」と言われ、興奮してチンコをアソコに擦りつけるも、ヌルヌルしてなかなか入らない。
しばらく悪戦苦闘を続けていたが、亀頭がツルンと入り、ゆっくりと挿入。
美結が痛そうにしているの見て止めようとしたが、「大丈夫だから、そのまま来て」と言われ、全部を入れるまで30分くらい時間をかけて入れた。
それからゆっくり腰を振ると、美結が喘ぎだした。
美結の中は締め付けが良く、結合部からぐちょぐちょという音がリズミカルに部屋に響いた。

「あん、あん、んあぁ」

可愛く喘ぐ声、美結の気持ちよさそうな顔、ぷるんぷるん揺れる巨乳を見て興奮してイキそうになったのでさらにペースを速くした。
出す直前で抜こうとしたが、美結がガッチリと腰に脚を絡めてきて、「んっんっ、中に出してぇ~」と言われ、そのまま中出し。
過去最高に気持ちいい長い射精だった。
チンコを抜くと、ゴポッと音を立ててアソコから精液が溢れ出した。
美結はぐったり。
2回戦をする元気もなく、一緒にシャワーを浴びた後、裸で抱き合いながら寝た。

それから美結とは頻繁にセックスするようになった。
互いの家やホテル、学校の空き教室やトイレですることもあった。
回数をこなすうちにフェラや手コキ、パスズリも覚えてくれた。
美結のパイズリフェラは最高だった。
騎乗位やバックなど様々な体位を試し、コスプレをしたり、アナル舐めなどのハードプレイもするようになった。
だんだん美結もイキやすくなり、1回のセックスで10回以上イクことも多くなった。
ときにはセックス中に失神することも。
清楚で真面目な学校での姿とのギャップも興奮要因だった。
セックスを重ねるうち、学校でも人目を憚らずにベタベタすることも多くなり、美結を狙ってた奴から恨みを買うこともあった。

高校を卒業後、自分は大学に進み、美結は専門学校に進学した。
お互い20歳になると美結の両親からも認められて同棲することになり、大学を出て1年後に美結にプロポーズ。
現在は2児の父です!