高校のブラバンに入ったら、中学のブラバンのときに2年上の先輩だったN先輩がいました。
中学の時は(きれいな人だな)くらいに思ってた先輩ですが、高校3年になるとすっかり大人の女の雰囲気でした。
今で言うなら、小松菜奈的なポニーテールの似合う目の大きな女の子。
なので、仮に菜奈先輩とします。

案の定、モテてるみたいですが、噂では大学生の先輩と付き合ってると聞いていたので単なる憧れです。
担当は同じパーカッションで、特にマリンバの腕前がすごい。
思春期の男子としては当然、夜のおかずにさせてもらってました(笑)

ところが菜奈先輩にとって最後の大会となるコンクールが迫ってきた6月後半頃から、どうも調子が悪そうです。
ブラバンの顧問も不審に思って、時々俺に「パートを代われ」と言うこともある状態。
そんなある日、2人だけ残った音楽室で菜奈先輩と練習していると、急に菜奈先輩が練習をやめて椅子で塞ぎこんでしまいました。

「頑張って練習しましょう。どうしたんですか?」

(え、涙ぐんでる?)

しばらくしてようやく、「彼が浮気をしてるの」って話をしだして・・・。

(いやー、そんな話を俺にされても)

とは思ったものの、しょうがないからしばらく聞いてると両目から大粒の涙がポタポタ。
あまりに辛くて誰かに話したかったみたいなんだけど、(その相手が俺でいいの?)とは思いました。
理由としては、「俺君は昔からの音楽仲間だから」ということらしい。

さて、俺も中1の俺ではなく、それなりに思春期の男子なので、泣いてる菜奈さんを見てるうちにだんだんグッと来てしまって、そのうち思わず横から手を伸ばして肩を抱いてしまいました。

「あっ」と一瞬、菜奈さんは体を引いたけど、すぐに力を抜いてくれました。
そのままじっとしてると、俺のあそこが反応しだして・・・うーん、困った。

「俺君、ごめんね、こんな話して。でも俺君なら聞いてくれそうだったし」

「いや、全然。菜奈先輩の話ならいくらでも聞きますよ」

なんて言ってるうちに俺のあれはもうガチガチに。
そのうち俺も我慢ができなくなって、そのままホッペにチュッとしてしまって。
菜奈さんはまた一瞬体を引いたけどすぐに元に戻りました。
会話が途切れて、変な雰囲気になって、とうとう俺はそのまま菜奈さんをグィッと引っ張って抱き締めてしまいました。

「イヤっ」

慌てて体を離して、(しまった・・・嫌われたかな?)と菜奈さん見つめた俺。
ところが菜奈さん、「こんな所はだめ・・・」と一言。

(えっ?別の場所ならいいってこと?)

ドキドキしてると菜奈さんに、「片付けて出ましょ」と言われ、音楽室を2人でお片付け。
大きくなってるアレを悟られないようにして動いてたけど、まあバレてたんでしょうね(笑)

職員室の顧問に鍵を返して2人で学校を出ました。
うちの学校は結構な田舎で、駅に向かう10分ほどの道のりは農協の倉庫とか機械の車庫とかそんなんがほとんどで、農道みたいな細い道がいっぱいありました。
で、倉庫の間の道には“表からは見えない場所”がいっぱいあって、うちの高校のカップルの密会場所みたいになってるのが公然の秘密。
前任者がいる気配がある場合は入って行かない、みたいなルール。

菜奈さんの後ろをキョドってついてく俺、みたいな状態で歩くうちにその一角へ。
もうこうなったら腹を括るしかない。
倉庫の角にある、窪んだ一角に来ると菜奈さんが壁に寄りかかりました。

「いいよ、続き」

とか言われて、俺も慌てて菜奈さんにキスしようとしたんだけど、鼻がぶつかって、「痛いな~」と怒られて・・・。

「すみません、慣れなくて」

「じゃあ・・・」

菜奈さんが俺の体引き寄せて腕を回してくれたから、俺もそれに合わせて腕を回しました。
ムニュっとした柔らかい女の体の感触が伝わって、あっという間にアレが復活!
菜奈さん顔を斜めにして俺のアゴを片手で引いて唇を寄せると、あっという間に自分の唇をつけて舌を俺の唇の中に押し込んできました。
なんだか甘い感じの唾液が少し俺の口に入り込んで、頭がボーっとして混乱して・・・。
気がつくと俺は菜奈さんをぎゅっと抱き締めていました。

「気持ちいい?」

俺の腕の中で菜奈さんに聞いかれて、思わず「うん」って返事をした俺。

「だってこんなになってるもんね」

ハッと気がつくと、菜奈さんが腰を俺の腰にぐっと押し付けて密着してました。

「すみません」

そう言って思わず腰を引こうとする俺を逆に抱き締めてくれた菜奈さん。

「俺君もすっかり成長したね・・・いいよ」

「あのー、よくわからないです」

俺、間抜けに言ってしまいました。

「大丈夫だから」

菜奈さんはそう言うと、俺の手をとって自分の制服の下から俺の手を入れて下着の下に誘導してくれました。
こういう時、夏の制服って薄着だから超便利!
俺は無言で男の本能で菜奈さんのブラの上から胸を揉みました。
女子のおっぱいがこんなに柔らかくて気持ちがいいとは思いませんでした。

(想像してたのより何倍もいい!)

おっぱいに夢中になってると、菜奈さんが俺のズボンの上から硬くなった部分を擦ってくれてました。
すっごく気持ちいいけど、狭い部分に押し込まれてすっごく窮屈。
我慢汁がいっぱい出ているのを自覚できました。
思わず自分でズボンのベルトを緩めると、ジッパーを下ろしてブリーフの中から自分を自由にしました。
その間に菜奈さんは自分のスカートの中の下着を膝まで下ろしてました。
そして後ろ向きに壁に手をついて、スカートをたくし上げて、お尻を突き出します。
菜奈さんのお尻は丸くて大きくて白くて・・・。

もう止められるわけもなく、「菜奈さん!」と名前を呼んで、菜奈さんのお尻を両手で掴んで中心の割れ目に向かって突き進みました。

ヌルッとした感触があったけど、どうやら前に抜けてしまってうまく入らないようで・・・。
何度か繰り返すうち、それだけで爆発しそうになってこらえるのがやっと。
一旦、腰を引いて息を整えていると、菜奈さんが片手で俺のをそっと持つと、自分のあそこに呼び寄せて、お尻をぐっと沈ませました。
ビンビンの塊になっていた俺のがニュルっとした感触に包まれて、その次の瞬間、一気に締め付けが来ました。

(入った!)

もう俺は本能だけで腰を前後に揺すっていました。
でも、数回動かしただけで限界。
どうにかしようとか思う間もなく、頭も股間も爆発してました。
気がつくと俺は菜奈さんの中に硬く怒張した自分を押し付けて射精。
体が何度も震えて、後ろから菜奈さんにしがみついてました。

しばらくしてやっと息が収まると、菜奈さんの中で発射してしまっていることで我に返った俺。
慌てて体を離すとニュルっと抜けて、先端から白いものが糸を引いて垂れてきました。
焦る俺を尻目に菜奈さんは慌てずにカバンからタオルを取り出すと、腿から股間を拭き取っていました。
その後で、俺のも拭き取ってくれました。
俺はなんだか後ろめたくなって、「ごめんなさい」と言ってしまいました。

「ううん。私が誘ったんだから、こっちこそ」

「いや、その、先輩の中に・・・」

「ああ、まあたぶん大丈夫。生理終わったばかりだから」

よくわかんなかったけど、なんとなく大丈夫なんだろうと思いました。
その日は駅で別れて帰りました。
もちろん家に帰ってから自分で2回抜きました。

それから俺はすっかり菜奈さんとのセックスに夢中になってしまったけど、菜奈さんは俺のことが好きというよりも、浮気した彼への仕返しの気持ちのほうが大きかったんだと思います。
どちらの家も共働きだったので、どっちかの家とか、部活帰りに例の場所とかでやってました。
菜奈さんが危険日な日は口で抜いてもらってました。

まあそんなわけで、菜奈さんが高校を卒業して遠くの大学に進学するまではかなりやりましたし、色々と教えてもらいました。
童貞を卒業してからは自信もついて女子にも積極的になれたので、高校時代は3人と付き合い、大学に進学した今もそれなりに楽しんでます。

菜奈さんとは今もLINEで連絡を取り合う仲だけど、たぶんもう会うことはないと思います。
まあ俺にとっては懐かしい思い出。
あのときのことはいつまでも忘れないと思います。