今、付き合って3ヶ月の彼がいます。
同じ会社の人です。
彼はすっごいエッチが好きで、週に2~3回くらいしちゃってます。
私もエッチは大好きなので、彼の求めには全て応じています。
彼はすっごい元気で、始めたら5回くらいやられちゃうんです。
最初はちゃんとホテルに行ってましたが、会社にいるときは使っていない会議室や、人の来ない時間帯を狙って倉庫に行ってエッチなことをしていました。
キスをいっぱいして、だんだん彼の方が激しく舌を入れてくるようになって、誰かに見られるかもってドキドキしながら、変な気分になっていきます。

「んっ、あう・・・」

キスしながら声が出ちゃうと、「どうしたの?気持ちいいの?」って言いながら、私の首筋を優しく舐めたりなぞったりしてきます。
同時に指で耳を優しく触られ、服の上からだけどおっぱいを揉まれると、全身がぞくぞくとしてきます。

「エッチな顔してるよ」

そう言われて、もうたまらなくなって自分からジーンズのチャックを下ろして、彼の手を私のあそこに持っていきます。
でも彼はあそこの周りだけ撫でて、指を入れてくれません。

「お願い、いっぱい欲しい」

お願いすると、やっと人差し指を挿入してくれました。
でも、今度は動かしてくれません。

「動かして」

「自分で動いてみなよ」

彼に言われて、私は必死に腰を前後にします。
そのうち彼は、「1本でいいの?ほら、2本、3本・・・」と言って、私の中で指をグルグルして、「もうだめ~」って私が言うと、すっと指を抜いちゃうんです。

「やん、もっと欲しい」

私が懇願すると、「ここは人が来るから別の場所に行こう」と言ってパンツが濡れてる私の腕を引っ張って移動します。
歩いてる間、パンツがヌルヌルして気持ち悪い・・・。

「早くおちんちんが欲しい」

近くの男子トイレに連れ込まれました。
個室に入って鍵を掛けると、後ろから抱き締められました。
片手で乳首をクリクリと弄られ、もう片方の手であそこに指を入れられました。
首筋は舌でレロレロ。
こんな場所でそんなことされて・・・私はとても興奮しました。

「すっごい濡れてるよ・・・。ほら、いっぱい音がするでしょ?」

3本の指で中をかき回されると、ぎちゅ、ぴちゅ、くちゃ・・・といっぱい音がするのです。
そんな音を聞いて私はもう気が狂いそうなって、彼にお願いしました。

「入れてええ・・・もうだめぇ」

すると彼は私の背中を前に倒し、そのまま長くて太いおちんちんを後ろから入れてきました。
そのままゆっくりと出し入れします。
抜けそうなくらいにあそこから引き抜きて、すごい力で一番奥まで突き上げるピストン!
そんなのを10分くらい続けられて、私はおしっこが漏れちゃいそうな快感を何十回も味わいました。

一度おちんちんを抜き、彼が便器の蓋を閉めてその上に座り、「乗って」と言いました。
私は言われた通りに彼のおちんちんにお尻を向けてしゃがんで、座位で受け入れました。
すると、ヌル・・・ズーンっておちんちんが下から突き上げてきたんです。
彼の上に乗っかっているので私の両足は地面についてなくて、一番奥までおちんちんが突き刺さる状態を余儀なくされました。
そのまま5分ほど上下に腰を振りまくり、彼も下からズンズン突き上げてきます。
でも、そのうち腰が痛くて動けなくなっちゃいました。
すると彼がまたおちんちんを抜き、今度は私の上半身を便器の上に乗せて腰を浮かせ、そのまま挿入してきました。
正常位だけど、便器の高さなどで微妙に角度のついた挿入で、いつもとは違った快感が頭いっぱいに広がります。
彼はものすごい速さで私のあそこに腰をぶつけ続けてきます。

「中、あったかい・・・吸い付いてくる!」

彼もかなり気持ちよさそう。
私もこれ以上やったら死ぬんじゃないかというくらい激しく突かれ、もう限界だったので・・・。

「お願い、イッて!」

その一言で彼はさらに激しく腰を振り始めました。

「あっあっああああああああああ・・・だめ!気持ちいい!!イク!」

彼の動きが止まりました。
おちんちんを抜くと、彼のはまだ大きいままで、私の白いドロドロした体液にまみれていました。

こんな感じで、エッチな気分になるたびに、男子トイレや、その他色々なところに忍び込んでいっぱいエッチなことをしています。