俺が中3の時の担任は恵美先生だった。
恵美先生は細かな規則違反も許さないとても堅い頭をした先生だった。
クラスの女子が軽く化粧をしたりスカートが少し短くなっただけで、空いている教室に呼び出してすぐに直させる、とても厳しい先生だった。
男子が掃除中に遊んだり小さな規則違反をしただけでも、女性特有のヒステリックな声で説教してきて、生徒だけでなく先生達からも恐れられていた。

「ニコニコしていると美人なんだけどなぁ」

これは、ある美先生が恵美先生が通り過ぎた後に言った言葉。
恵美先生は32歳の美人タイプでスタイルもすごく良かった。
いつもキリッとしていて、服装で体型が隠れていたから胸やお尻のサイズはよく判らなかったけれど、中学生の俺でも綺麗なお姉さんに見えた。

そんな恵美先生のイメージが崩壊する出来事があった。
中3のお盆の時のこと。
当時、俺は埼玉に住んでいたんだけど、お盆期間だけ父の実家がある岩手に里帰りしたんだ。
父の実家の近くでは毎年お盆期間に小さな祭りがあって、俺は盆踊りに参加した。
俺は軽快なリズムに合わせて楽しく踊り、お腹が空いたら夜店でタコ焼きやフランクフルトを買って食べた。
田舎の中学生らしい素朴な感じでお祭りを楽しんでいた。

この盆踊り会場の近くに誰も住んでいないアパートがあって、よくヤンキーや怪しいカップルたちがアパートの物陰に隠れて何かをしていた。
去年は、アパートの物陰でタバコを吸った男女がロケット花火や爆竹を鳴らして迷惑行為をしていた。
今年は変な輩がいないか何となく気になったので、俺はアパート裏にある大きな木の物陰に行ってみた。
するとアパート裏で1組のカップルがイチャイチャしていた。

女「ともく~ん、ねぇ、タコ焼きたべたぃのぉ」

男「恵美!飲みすぎだよ・・・」

(ん???女性の声、何となく聞いたことがあるような・・・って恵美先生?)

でも恵美先生はこんな甘えた感じの声を出さないし、岩手にいるなんてありえなかった。

女「ねぇ、ちゅうしてぇ」

男「わかったから」

2人は物陰に隠れながら何回もキスをしていた。
今までアニメやドラマで色んなキスを見てきたけど、「ちゅぱ」とか「んん・・・もっとぉ」ってエッチな声を出しながらするキスを見たのは初めてだった。

俺はバレないように木の陰に隠れてエロいキスを覗いていた。
初めて大人のキスを見たけど、キスがこんなにエロいものだとは知らなかった。
どうやら女から積極的にキスをしているみたいで、男は受け身になりながらも言葉責めをしていた。

男「やらしい女になったな」

女「だって、エッチなんだもん」

(あの真面目で厳しい恵美先生が・・・んなわけないよな)

恵美先生が、じつはエロくてやらしい女だったなんて、俺には全く理解することができなかった。
でも2人が物陰から出てきて女性の姿が見えた時、俺は言葉を失ってしまった。
いつもは女性のお手本になるような服装をしていた恵美先生が、露出が激しい服装で男性にぴったりくっついて甘えていたんだ。
あの真面目な恵美先生が・・・メチャメチャエロい服装をして男と・・・。
2人は祭り会場の様子を確認してからまたアパートの物陰に戻った。
そして、また何度もキスをして、いやらしい声を漏らしていた。

男「恵美、しゃぶって」

恵美「うん、おチンポだいしゅき」

真っ暗闇だったので何をしているのかは見えなかったが、ズボンを下げる音とチンポを吸う、ジュポッジュポって音が聞こえてきた。

(恵美先生がチンポを・・・)

俺はとっさにスマホのボイスレコーダーで録音した。
恵美先生はそのままチンポをしゃぶり続けた。

恵美「おっきいよぉ、恵美のおまんこに欲しい」

男「それならホテル行こうよ」

でも恵美先生は相変わらず男のチンポをしゃぶっていたみたいで、さっきよりもジュポ、ズズッとエロい音を響かせた。
すると男は、「ぅあっ・・・」と声を漏らしながら感じていた。
なんかこの声、俺がオナニーをするときに出る声みたいだ。
恵美先生のフェラ、相当気持ちいいんだろうな。
俺はスマホを地面に置いて恵美先生のことを妄想しながらチンポをシコシコした。
恵美先生がチンポを吸う音が聞こえるたびに俺のチンポもビクビク反応してすごく気持ち良かった。

男「恵美・・・」

恵美「ジュボジュボ・・・いっふぁいひょうらい・・・」

恵美先生が答えてから間もなく男は、「出る!!!」と少し大きめに声を出した。
恵美先生は男の精液を全部飲み込んだらしかった。
その後しばらく2人は全く動かなかった。
俺も恵美先生の言葉に反応して射精した。
外でオナニーをしたのは今回が初めてだった。

恵美「おいひい・・・」

男「ホテル行こうか?」

男はカチャカチャとズボンを穿いてから恵美先生と手を繋いで歩いていった。
俺はスマホのボイスレコーダーを止めて録音内容を確認した。
バッチリ恵美先生と男のやりとりが録音されていた。
この音源を使えば・・・楽しいことができそうだ。

2学期が始まる前日。
俺は誰もいない教室に恵美先生を呼びだした。
恵美先生は全く警戒することもなく教室に入ってきた。

俺「恵美先生、盆踊りしましたか?」

恵美「してません」

俺「じゃあアパートの裏で何をしていたんですか?」

恵美「えっ?」

一瞬、恵美先生は表情を曇らせた。
たぶん、岩手で出会うはずなどないと思っていたんだろう。
恵美先生はすぐに顔色を戻して話を切り出してきた。

恵美「人違いかしら?」

俺「じゃあこれを聞いてください」

俺はスマホで録音した恵美先生と男のエッチを聞かせた。
恵美先生の表情が一瞬で強張った。

「恵美のおまんこに欲しい」という恵美先生のエッチなセリフがバッチリ入っていた。

さすがに言い逃れができない内容だ。
恵美先生は俺のスマホに手を伸ばして慌てて奪おうとしたが、バランスを崩して転んだ。

「俺にも同じことしてくれたら消すよ」

そう言うと恵美先生はすぐに落ち着きを取り戻した。
でも、さすがに教室ではできないと言われたので、夜に恵美先生の家でエッチすることになった。
夕方、校門前で待ち合わせして俺たちは恵美先生のアパートに行った。
恵美先生は一人暮らしをしていて、部屋の中はきちんと片付けてあった。
どう見てもあの時の恵美先生と同一人物に見えない・・・。

恵美「早く済ませて帰るのよ」

恵美先生は俺のズボンを脱がして半立ちのチンポをしゃぶってきた。

(いつもの真面目な感じの恵美先生が俺のチンポをしゃぶっているなんて・・・)

岩手で見たエッチな服装の恵美先生も良かったけど、やっぱり恵美先生はこっちの服装の方が似合っていると思った。
恵美先生がチンポをしゃぶっている姿を見ていると、どうしてもあの男の存在が気になった。

俺「あの男は彼氏?」

恵美「そうよ」

あの時のフェラと違って、恵美先生は何もしゃべらず、ただ口をひたすら動かしているだけだった。
こんなフェラでも気持ちいいけど、俺はあの男みたいに気持ち良くしてもらいたかった。

俺「やらせてよ」

恵美「絶対にイヤ!早く出しなさい」

とりあえず、こっちには恵美先生を脅す材料があるし、好きなようにやっても大丈夫だろう。
俺はソファーに恵美先生を押し倒した。
上着のボタンを外してキャミソールを捲ると、清楚なイメージにピッタリな水色のブラが見えた。
あの時の露出が激しい恵美先生と違って、すごく清楚な感じだ。
ブラのサイズを見てみるとDカップで、前にあるホックを外したらいきなりブラが外れて恵美先生のおっぱいが目の前に現れた。
おっぱいをモミモミしてから乳首を舐めると、恵美先生は口を押さえて声を我慢していた。
チュッと乳首を吸うと、恵美先生はいきなり体をビクンとさせて、「ん・・・」と一瞬だけだが声が漏れた。
恵美先生のおっぱいはすごく柔らかくて、乳首の弾力がとてもエッチだった。
やっぱり恵美先生ってすごく美人だし、いい女だなと思った。

ロングスカートを捲って水色のショーツに手をかけようとすると、恵美先生は精一杯抵抗して俺の肩を手で押さえてきた。
しかし俺は恵美先生のショーツを無理やり脱がし、おまんこに顔を埋め込んでひたすら舐めた。
この時は、まだおまんこの構造がわからなかったので、とにかくあちこちペロペロ舐めてみた。
クリトリスの部分を舌で舐めると恵美先生はビクッとして、「はぁん」と小さく喘いだ。
さらに尿道の部分やビラビラの部分を丁寧に舐めてから、下の方にある穴に舌を入れてみると、恵美先生の反応がさらに大きくなった。

恵美「だめだってばぁ!」

拒否をしている割には、あの男と一緒にいた時のような甘い声に変わってきていた。
さっきまでは俺の体を手で押して抵抗していたのに、この時は恵美先生が自分から足を開いていた。
それにしても恵美先生のおまんこを舐めていると、穴の部分から甘酸っぱい液体が溢れてきてすごく美味しかった。
俺はかなり変態な気分になっておまんこの下のお尻の穴まで舐めた。

恵美「そこ・・・違う!」

お尻を舐めると恵美先生はお尻を振って抵抗した。
でもお尻の穴を舐めるとおまんこの穴が収縮してビクビクしていた。
とりあえず十分におまんこが濡れてドロドロになったので、俺はフル勃起したチンポを入れた。

恵美「ちょっとぉ、ゴム付けて・・・」

俺「ないよ」

恵美「ぁぁん・・・だめだってばぁ・・・」

俺は恵美先生のおかげで童貞を卒業できた。
思った以上にあっさりと穴の中にチンポが入ったのは拍子抜けだったけど、とにかく無我夢中に腰を振りまくった。
チンポを奥まで入れるたびに、「ひぁん・・・ああん・・・」と何度も喘いでいた。
恵美先生が喘ぐたびにおまんこがキュッと締まって、チンポがさらに気持ち良くなってデカくなった。
恵美先生のおまんこの中でいつもよりチンポが大きくなり、亀頭の部分がパンパンに腫れて赤くなっていた。
先端からは我慢汁と言うか透明な液体が漏れたりしていたけど、俺は気にしないで何度もおまんこの中で出し入れした。

10分ほどセックスをしていると恵美先生が突然腰をガクガクさせて、「ダメダメダメ!!!」と大きな声をあげた。
たぶん俺のチンポでイッたんだと思う。
恵美先生をイカせたことで自信が湧いてきて、俺はもっと激しく腰を振り続けた。

恵美「いやぁぁぁぁ・・・こわれちゃうぅぅ」

恵美先生の喘ぎ声は大きくなっていった。
恵美先生が2度目の絶頂を迎えた瞬間、おまんこが急に激しく締まってチンポに絡みついた。
俺は我慢できなくなって中出ししてしまった。
中出ししたことがバレるとヤバいと思ったので、俺は射精後もそのまま腰を振り続けた。
オナニーの時は射精後にチンポは小さくなったけど、この時は勃起状態のまま2回戦に突入できた。
しかしおまんこでの射精を覚えた後はまったく我慢できなくなり、数分後に恵美先生のスカートに射精してしまった。

恵美「いっぱい出たわね」

俺は恵美先生と一緒にシャワーを浴びて綺麗に体を洗ってもらった。

恵美「今だけよ」

そう言われて、バスルームで何度もキスをしてくれた。
あれだけ俺とのエッチを拒んでいたのに、エッチをした後はなんかすごく親しい仲になったような感じがした。

それから3ヶ月後、恵美先生は結婚をするために学校を辞めて岩手に行った。
噂では、すでに妊娠していたと言われていたが、さすがに俺の子ではないと信じたい。