高校2年の時、ポッチャリした女の子に告られて、迷った挙句に付き合って、初体験同士でセックス。
それ以降、盛りがついて、高校を卒業するまでヤリまくったことがありました。
そのせいか大学生になったときもポッチャリ女子に対する耐性ができていて、ポッチャリ女子を差別することなく、というかポッチャリ女子に優しく接していたので、多くの男子大学生には人気薄のポッチャリ女子からモテモテでした。
ゆえに私は学友から「デブ専」と呼ばれていました。

当時の僕はポッチャリな女子大生と付き合いつつ、ポッチャリなセフレとも付き合っていましたが、不思議なのはそれがバレてもポッチャリな彼女は責め立てないのです。
ポッチャリ女子は寛容なんですね。
SMプレイも受け入れてくれましたし、ハメ撮りさえ喜んでさせてくれました。
赤いロープをポッチャリボディに食い込ませて、肉の裂け目から膣口を剥き出しにされて、そこに生の陰茎を挿し込まれて、ポヨポヨとお腹を波打たせながらヒイヒイ喘ぐ姿を撮影させてくれました。

「おデブの私にチンチン入れてくれてうれしーーーっ!もっとチンチンで苛めてーーーっ!ああああ~~~」

ポッチャリなだけでブスではないので、かなりエロい動画が撮れました。
こんな風に僕は大学4年間で、ポッチャリ彼女2名(どちらも処女)、ポッチャリセフレ4名(2名は女子大生、1名はOL、1名は人妻)と、ポッチャリ女子6人とセックスを楽しみました。

ポッチャリ女子は見た目もふんわりして可愛らしいのですが、最も良い理由は、セックスで妙なエロさを感じることです。
肉感的で、抱き心地がいいだけではなく、足をM字に広げたときの太ももの付け根とか、曲げた膝の内側とか、関節あたりのムッチリ感がたまらないのです。
でも彼女たちは一様に、自分はポッチャリだから男にモテないと思っているらしく、そのぶんセックスも奉仕的で、至れり尽くせりです。
そして何より、優しい心根の持ち主が多いです。

「モテないデブの私を抱いてくれてありがとう」

大学に入って最初のポッチャリ彼女と2年生の終わりに別れることになったとき、そう言われて思わずしんみりしてしまいました。

僕は大学の後半もポッチャリ彼女と付き合いました。
新入生に可愛いポッチャリ女子がいて、最初から目をつけて優しくしていたら、向こうから告られました。
18歳の処女膜を破り、少しずつ開発していき、赤いロープで緊縛、そしてハメ撮りと、やることは元カノと同じでした。
元カノも同じ大学でしたので、時々新しい彼女と歩いている時に顔を合わせたりすると、哀しそうな目で見られて心が痛かったです。
でも別れを切り出したのは元カノの方でした。

「おデブと付き合ってると友達にバカにされてるでしょ?あなたが『デブ専』って言われてるの聞いちゃったんだ。私のせいで、あなたを苦しめてるみたいで切なくて耐えられない・・・別れましょう。こんなおデブと2年間も付き合ってくれてありがとう。さようなら・・・」

こんなふうに自分が悪いと思い込んで、勝手に振られてしまいました。
元カノは、僕の新しい彼女もポッチャリだったのを見て、さぞかし悲しんだことでしょう。
別れた後に一度、電車で2人きりになったことがあります。

「本当にポッチャリが好みだったんだね。私、バカだったなあ・・・」

「俺、いきなり振られて、あのときは何が何だか判らなかったんだ」

「ごめん・・・そうだよね、いきなりお別れを言っちゃったもんね・・・」

元カノは、やっぱり自分のせいにして別れたことを解決していました。
僕は僕で新しい彼女が出来てもセフレを作ることはやめられませんでした。
合コンでポッチャリ女子の相手をするとだいたいお持ち帰りできて、セフレ化できます。
ポッチャリ女子って、何だか口説きやすいんですよね。

大学を卒業する時、ポッチャリの後輩彼女が駅まで見送りに来てくれました。

「おデブな私と付き合ってくれてありがとうございました。まさか大学時代に彼氏ができるなんて思っていなかったから、とっても嬉しかったです。これでお別れですけど、先輩のことは一生忘れません。どうかお元気で。さようなら・・・」

こんな風に感謝の気持ちを伝えられてジーンと来て、私の方が切なくなって涙ぐんでしまいました。

大学卒業後は地元にUターン就職。
同期に高卒のポッチャリ女子がいました。
童顔でポッチャリなので余計にポッチャリ感が増しましたが、私の目には田舎の女子中学生みたいに見えて微笑ましい感じがしました。
子供扱いするように彼女に接していたら浮かない表情をしていたので話を聞くと、彼女は職場でデブ弄りをされて心を痛めていました。
そんな彼女を優しく慰めていたら、夏の終わり頃に言われました。

「それって本心で言ってる?心の中では私のことデブって思ってるでしょ?」

なので僕は大学時代に付き合ったポッチャリな後輩元カノとのツーショット写真を見せて言いました。

「これ、大学時代の元カノ。俺、ポッチャリな人は嫌いじゃないし、むしろ痩せてる女の子の方が苦手なんだよね・・・」

「ご、ごめんなさい・・・。あの・・・じゃあ、こんなおデブの私とでも付き合えますか?」

「全く問題ないよ。付き合えるかどうかなんて男側の気持ちじゃなくてて、選ぶ側の女の子の気持ち次第だからね」

この直後に告られました。
僕は19歳の処女をもらい、性を開発していきました。
月日は流れ、陰核責めでイクことを覚え、さらに陰茎でもイクことを覚えた21歳の頃、あんなにポッチャリとしていた彼女の体がムッチリに引き締まっていることに気付きました。
職場の飲み会の時、彼女がこんなことを言いました。

「私、酔った先輩から、『男を知っただろう』って言われました。あれって処女太りだったんじゃないか?って・・・」

この日、ムッチリになった彼女にプロポーズしました。
そして、私26歳、妻22歳で結婚しました。
今年、結婚して10年を迎え、8歳、5歳、3歳の3児の母になっています。
32歳ですが、丸顔の童顔がとても可愛くて、20代半ばくらいに見えます。

「あんまり痩せすぎるなよ。俺の好み、分かってるよね?」

「うん。抱き心地は柔らかめでしょ。大丈夫、だって抱いてもらえなくなったら悲しいもの。今日もムフフタイムはあるんでしょ?」

妻は夫婦の営みの時間を「ムフフタイム」と言います(笑)
処女からじっくり仕込んで13年過ぎましたので、妻は見事に私好みに仕上がっています。

「さあ、お前の好きなムフフタイムだよ」

そう言うと仰向けに寝て足をM字に開いて、ムッチリした太腿の間に裂ける陰裂を晒してクンニを待ちます。
処女喪失から数えて13年、数え切れないほど僕とセックスしてきたとは思えないほど美しい陰唇をしています。
陰唇も小さめで左右対称、色こそ少し赤みがかった紫色になりましたが、人妻とは思えない佇まいです。
クンニで一度イッた妻は、その日最初にして欲しい体位になって、自分で陰唇を拡げて挿入を誘います。
正常位なら仰向け、後背位なら四つん這いでお尻を高く上げて、対面座位ならM字開脚で座って、騎乗位ならガニ股で立って。
それぞれの恰好で指をV字にして陰唇を捲り上げてピンクの膣口を見せて、女性としては羞恥の極みの体勢で挿入を待ちます。

「ああ~~恥ずかしい・・・こんな格好、夫以外にはできないわ・・・」

マゾアクメで、入れられる前から半分イッてます(笑)
そして入れると大量の愛液を流すので、バスタオルを2枚敷いてセックスしないと毎日シーツを洗う羽目になるのです。
ムッチリの愛妻は可愛い顔をしていますが、身体つきとセックスは超エロいのです。
痩せた女性にはない、波打つような腹の肉、汗ばむ肌・・・セックス専用マシンのような体です。
そして妻は生理になると、ポッチャリ女子特有の奉仕精神を発揮してくれます。
亀頭を舌で転がすようなフェラ、バキュームスロートからの口内射精、もちろん夫の精液をごっくんしてくれます。

ポッチャリからムッチリになってしまいましたが、ムッチリ以下には痩せない妻がとても愛しいです。