かなり遡りますが、自分の股間を何かに擦り付けるような癖が、小学校高学年の頃にもうありました。
くすぐったいような、気持ちいいような感じがしていたのです。
中学に入る頃には、その行為の意を知ってやめようと思いましたが、やめられませんでした。
むしろ少しの間やめていた反動で、擦り付けるだけでは物足りず、下着の中に手を入れてしまうようになってしまいました。
時には、下を脱いで自分で慰めていましたが、当時はまだ男性を知らないので、指の第一関節くらいまでしか入れていませんでした。
クリトリスを盛んに刺激し続けていたような感じです。

中学を卒業する頃には、すごく濡れるようになって、お風呂上がりにはバスタオルをわざわざベッドの上に敷いてするようになっていました。
ほとんど毎日のように、多いときは1日に何度も自分でしていたのです。
ネタは母が買ってきた女性誌に載っている内容をさらに想像で過激にしながら、自分でしていました。

高校1年の夏休みの時でした。
午前中に部活があってお昼前に帰って来た私は、シャワーを浴びて、そのまま寝てしまいました。
寝起きにいつものように1人でしていると、遊びに来ていた3歳下の従弟に見られてしまいました。
オナニーに夢中だったせいで足音には気づかず、何も知らずに私を起こしに来た従弟はいきなりドアを開けて、下半身すっぽんぽんの私と目が合いました。
従弟は唖然として、目を大きく見開いたまま固まっていました。

「早く閉めて!!」

私が怒鳴ると従弟はドアを閉めようとしたのですが、知られたら母に何を言われるか分からないと思い、慌てて従弟を部屋に入れました。
私はタオルで下半身を隠しながら、「絶対に言わないで!」と従弟に言い聞かせるように言いました。
従弟は分かってくれて部屋を出ようとしましたが、ドアの前で立ち止まると振り返り、緊張した面持ちで言ってきました。

「ねえ、お願いがあるんだけど、言わないから一度見せて」

「何を?」

私は不機嫌に答えたと思いますが、内心はすごくドキドキしたのを覚えています。

「オナニー」

はっきりと言われると、すごく恥ずかしくなりました。
仕方なく見せることになりましたが、恥ずかしくてたまりませんでした。
私がタオルで隠しながら始めると、「邪魔だよ」と言って、従弟はタオルをどけてしまいました。
恥ずかしくて足を閉じると・・・。

「ちゃんとオマンコを見せてくれないと言うよ」

私はベッドで上半身を起こして足を開き、1人遊びをすることになってしまいました。

「これがオマンコ~」

卑猥な感想を従弟が言うので恥ずかしくなりましたが、そのとき従弟のズボンが膨らんでいるのを見つけてしまいました。

「ねえ、お姉(私)って処女なの?だから指を入れないの?」

私が強がって、「違うわよ!」と答えると、「じゃあ指を入れてみてよ」と言われてしまいました。

痛いのを我慢してやっとの思いで指を入れていると、従弟がベッドに上がって私の後ろに回りました。
そして服の中に手を入れて胸を触り始めたのです。
いつ脱いだのか、私の背中には従弟の大きくなったモノが当たっていました。

従弟にキスをされて、そのままベッドに寝かされました。
従弟は私の体を舐め回し、私にモノを握るように言いました。
従弟に指を挿れられて、私が痛がったので、処女だとばれました。
従弟は夢中で私のクリトリスを刺激していました。
私が従弟のモノをしごくと、すぐに射精しました。
精液が胸や首筋、そして顔にも掛かりました。
父以外の男性器を初めて間近で見て、生まれて初めて男性に体を弄られたのが従弟でした。
従弟は自分が出したものをティッシュで拭いてくれて、私は、「これで2人の秘密だから、誰にも言わないよね?」と確認しました。
従弟は肩で息をしながら頷いていました。
その日から私は従弟と見せ合いっこをしている感覚で、たまにそういう事をしていました。

クリスマスイブのことでした。
従弟家族と一緒にパーティーをすることになりました。
母たちが買い出しに行き、子供たちで飾り付けをしていました。
私は部活の帰りでそのまま制服でいたのですが、表の倉庫に荷物を取りに行った時でした。
従弟も一緒について来てくれたのですが、私が荷物を取ろうと倉庫に頭を突っ込んで、お尻だけ外に出ているような格好でした。
従弟の手がスカートの中に入ってきて、さらに遠慮なく下着の中にまで入ってきました。
小声でやめるように言いましたが言うことを聞いてくれず、私は下着を脱がされてしまいました。
そのままお尻の穴や股間を舐められました。
そのとき、下着を従弟に没収されてしまいました。
結局は私は下着を穿かないでパーティーに参加することになりました。
でも、親や姉たちがいたので、その後は特に何もありませんでした。

私が高校2年の夏休みのことでした。
私の家で従弟とそういったことをしていた時に従弟が、「一線越えてみない?」と言い出したのです。
その日は何もなかったのですが、もう私の頭の中はエッチな想像でいっぱいになってしまいました。
そして夏休みの最終日、とうとう従弟に体を許しました。
痛がる私を抱き締めてくれて、耳元で慰めるように囁いてくれる従弟を大人っぽく感じてしまいました。
以来、従弟と頻繁にセックスをするようになりました。

私が大学に進学してからは、生活リズムが変わってしまい、なかなか会うことは出来なかったのですが、会えばお互いに求め合っていました。
2人とも恋人はいましたが関係ありませんでした。