2年前、僕が18歳のときのことです。

高3の夏休み、友達と遅くまで遊んで、夜11時頃に解散になりました。
みんな帰ってしまったので僕も電車に乗りました。
すると向かいに、僕好みの細くてキレイでセクシーなお姉さんが座りました。
他にはおっさんが2、3人座ってるだけ。
僕はテンションが上がってたせいか、そのお姉さんの隣に移動してナンパしてしまいました。
お姉さんも僕を気に入ってくれたらしく、名前(リカ)も携帯番号もすんなり教えてくれました。

「リカさんはいくつですか?」

「今年34歳。あなたは?」

「18歳です」

「ええっ。年下だとは思ってたけど、若ぁい。私、オバサンだよ?」

「オバサンだなんてとんでもない。僕、年上のお姉さんが大好きなんです」

なんて会話をしていましたが、リカさんはとある駅に着くと席を立ちました。

「私、ここだから」

「まじっすか?僕もここです」

「ほんと?偶然ね!」

本当は違いましたが、リカさんともっと話したくて嘘をつきました。
どんどん会話は進み、リカさんは一人暮らしと判明。

「今からリカさんの家に遊びに行きたいなぁ。ダメ?」

ダメ元で言ってみると・・・。

「ううん、ダメじゃないよ!私も1人じゃ寂しいから話し相手が欲しかったし。泊まってく?」

こんな時間に男を部屋に呼ぶなんて、これはもうアレだなと、僕のチンはもうビンビン。
途中コンビニでビールなどを買い、駅から徒歩10分のリカさんのマンションに。

8畳くらいの部屋が3つある結構高そうな部屋でした。
そして奥の部屋には大きなふかふかのベッドが・・・。
ソファで2人でビールを飲みながら話し始めました。

「そっかぁ。キミってそんなに年上が好きなんだ。私、あなたより16コも上だけど、それでもいいの?」

「はい!リカさんみたいな美人でセクシーな大人の女性が大好きです!リカさんは年下嫌いですか?」

「実はね、私も年下が大好きなの!しかもあなたみたいな高校生くらいでジャニ系の男の子、たまらなく好き!」

「えっ!本当ですか!」

「うん本当!今日もしかしたら私の方から声かけてたかもしれなかったし!」

「じゃあ今、僕とリカさんが考えてることって同じなのかな?」

「うん、たぶん同じだと思うよ!何考えてるの?言ってごらん、たぶん一緒だから」

「ぼ、僕、リカさんとセックスしたい!」

「やっぱり!私もあなたとセックスしたい!」

「本当ですか!?」

「うん!本当!」

「僕、今すぐしたい!」

「私も今すぐしたい!一緒にお風呂入ろ!」

一気にエッチな方向に話が進み、一緒にお風呂へ。

「リカさん細い!なのにおっぱいは大きくてキレイですね!」

「ありがとう、スタイルには自信あるんだ。あなたもおチンチンすっごく大きいね!」

「僕も大きさと長さには自信あります!」

「あぁん、私、長いの好きぃっ」

2人で体を洗いっこ。

「おっぱい柔らかくて気持ちいいです、リカさん」

「あぁん、先っちょあんまり弄らないでぇ」

一緒に湯船に入りました。

「ホントチンチン大きいね。こんな長いの初めてかも」

「そうですか?・・・あっ、あんまり擦らないで、出ちゃう」

「えー、1人でイッちゃダメっ。ねえ、キスしよ」

湯船でディープキス。
クチュクチュチュパチュパ、いやらしい音が響きます。

「リカさん、フェラして」

「うん。ペロペロレロレロ、やっぱり長ぁい♪」

「はぁはぁ、リカさん、今思ったんだけどさ」

「何?たぶん私も同じこと考えてるかも」

「もう我慢できない!ここでしよう?」

「やっぱり!私も我慢できない!すぐ入れて!」

自分から四つん這いになって腰を突き出すリカさん。

「ああ!こんなキレイなお姉さんとできるなんて夢みたい!」

「私もあなたみたいなかっこいい男の子とできるなんて夢みたい!」

「バックから入れますよ!」

「うん!」

ヌルリとナマ挿入。

「おお!根元まで入った!気持ちいい!」

「あぁん!ながぁい!最高ぉ!」

ピストン!ピストン!!

「あっ、リカさん出る、うっ!」

リカさんの返事を待たず、ビュルビュルと膣奥へと射精。

「あぁ~んっ!中に来てる~っ!」

「ご、ごめんなさい!ああ、止まんないっ!」

「あぁんっ、まだ出てるぅ~っ」

長くて大量の射精がやっと終了。

「リカさんごめん!奥に全部出しちゃった!」

「いいよ!出しちゃったものはしょうがないしね!ベッドいこ!」

お風呂から出てふかふかベッドへ直行。

「若いし、まだ元気だよね?」

「はい!まだまだできます!」

「よかった!続きやろ!」

「また生でいいですか?」

「うん!いいよ!」

「じゃ、入れます!」

再び生で挿入。

「あぁん!やっぱりながぁい!すごすぎ!」

「はー!リカさぁん!気持ちいい!」

正常位で突きまくりました。

「あぁん!ダメよ、そんなんじゃあ!あなた下になって!」

「は、はい!」

騎乗位にされ、主導権を握るリカさん。

「あぁ~ん!こっちのほうがもっと奥まで届いてるかもっ!」

ものすごい速さで腰を前後上下に振りまくるリカさん。

「リカさん腰すごい!気持ちいいー!」

「私も気持ちいい!」

「うあー!出る出る出るー!」

「ダメー!もうちょっと我慢してー!」

「もう無理ー!出るー!ぐあー!」

ドビュンビュンビュンと2発目を下から発射。

「いやーん!また中で出てるー!」

「す、すいませーん!」

2回目の膣内射精終了。

「大きいままだね。このまま3回目いける?」

「もちろんです!」

「よかった!今度はあなたが上ね!」

抜かずに3回目開始。

パン!パン!パン!

ピストン運動の音が寝室に響き渡ります。

「リカさぁん!気持ちいいですかー!?」

「気持ちいい!あぁ~ん!イクー!」

「僕もイクー!はー!」

またドピュドピュ中出し。

「あぁ~ん・・・」

「ま、また中に出してますぅ・・・」

「うん、分かるよぉ~・・・。中でおチンチンが暴れてるぅ~」

3発目の射精が終了。

「はぁ、疲れたぁ~」

「僕も疲れたぁ~」

「すっごい気持ちよかったよ♪うふふ」

「僕も気持ちよかったぁ~」

「寝よっか?」

「はい」

・・・就寝・・・朝。

「あぁ~ん!気持ちいい!」

「リカさぁーん!出ますー!中でいいですかー!?」

「いいよー!」

「うあー!」

ビュルンビュルン。
朝立ちを利用してまたナマ挿入&膣奥へ射精。
お昼すぎに帰りましたが、その夜またリカさんと会って、中出しセックスをしました。