私は専門学校に通う19歳の女性です。
本当は大学に進学したかったのですが、親の都合で専門学校で我慢することにしました。
奨学金を貰うために新聞配達をしながら学校に通っています。

新聞配達は朝晩あり、授業についていくのがやっとでした。
販売所で同じ時期に入った同じ年の学生の男の子に私は夢中でした。
背が高く、ちょっと華奢な感じで、優しそうなその男の子は弄られキャラで、いつも誰かに弄られていました。
挨拶をする程度でしたが、先日たまたま同じアーティストが好きだというのが分かり、その話で盛り上がりました。
急接近です。
さり気なくメール交換をして、時々メールのやり取りをしています。

そんな時、彼が休みの日に鎌倉に行くという話を聞きつけ、「私も一緒に行っていいかな?」と、大胆にもデートにこぎつけたのでした。
電車に乗って、おしゃべりをしてるうち、あっという間に鎌倉に到着しました。
好きな男の子と一緒ということで、初めての鎌倉でしたが、どこをどう歩いたのかさえもよく覚えていません。

駅からの帰り道、私は離れたくないという気持ちから彼に抱きついていました。
彼は顔を真っ赤にしていましたが、私をしっかりと受け止めてくれました。
そのまま彼のアパートに一緒に行くことになりました。
私は積極的に抱きついたりしましたが、でも私はまったくそういう経験がありませんでした。
たぶん彼も私と同じだと思います。
緊張してが震えましたが、私は彼とならそうなりたいと思いました。

彼の部屋に入ると一緒にベッドに腰かけました。
手を繋いだり、抱きついたりしましたが、なかなかそういう雰囲気にならなかったので、私から彼をベッドに押し倒してキスしました。
無我夢中でした。
キスをしていると、やっと我に返ったように彼が主導権を握り始めました。

「してもいいんだよね?」

彼の声が震えていました。

(ここまできて聞く?)

思わず吹き出してしまいました。
彼も引き攣った笑いをしていましたが、私を下にすると今度は彼からキスしてきました。
舌を入れようとして歯がぶつかり、また二人して笑ってしまいました。

「初めてだもん、しょうがないよ」

すると彼が私の顔を自分の方に向けて、そのまま唇と唇を重ねました。
キスしたまま服の上からおっぱいを揉まれ、私の心臓は早鐘のように鳴りました。
ぎこちない感じで私のシャツのボタンを外そうとしていたので、私は自分でブラウスを脱ぎました。

「わ、綺麗だね」

ブラを着けたままの私の胸を見る彼の目は漫画みたいにハートの形をしていました。

「恥ずかしいからあんまり見ないで」

私がおっぱいを両手で隠すと、彼はその手をそっと横に寄せて、まじまじと見ながら指1本で私の胸をツンツンしました。

「フワフワだね。ブラ外すよ」

私は恥ずかしすぎて、顔を両手で隠しながらコクリと頷きました。
ブラが外れるとさらに緊張が高まります。
乳首を口に含まれた感触がして、こっそり覗くと、彼が赤ちゃんのように私の乳首を吸っていました。
嬉しさと恥ずかしさで私はお腹の奥の方がキュンとなりました。
とっても不思議な感覚です。
何度も舐められたり吸われたりしていると息が荒くなってきました。
自分の荒い息遣いに余計に興奮するというか、こんな恥ずかしいことをしているんだと思うだけで頭の中がカーッと熱くなりました。

彼が動くたびに、太ももに彼のモッコリした硬いものを感じていました。
彼も興奮していることが分かると嬉しくなりました。
でも、彼が私のズボンの上からアソコの辺りを指で擦っているのが少し痛くて、どうしたらいいのか分からずにいました。
彼がズボンのボタンを外そうとしていたので自分からズボンを脱ぐと、パンティーのアソコの部分が濡れてるのが分かって恥ずかしくなりました。
パンティーを下ろされる瞬間、また彼が「すげ~」とか言って、私はまた恥ずかしくなりました。
指を入れようとしていますが、どこだか探し当てられなくて・・・。

「違う、そこじゃない。あ、もっと下」

なんて言いながら、やっと彼の指がアソコの入り口に到着しました。
指でなぞられただけで、飛び上がるほどの衝撃でした。

「ゆっくりやろう」

そう言って、私たちはまたキスをしました。
興奮してるせいか、彼がちょっと大人びて見えた瞬間でした。

私はクリトリスを触られると、おしっこがしたい感覚になっていました。
漏らしてもいけないと思い、「ちょっとタイム」と言ってトイレに行きました。
裸のままトイレから戻ると、手でおっぱいとアソコを隠しながらベッドに行きました。
またキスをして抱き合うと、アソコに指を入れてかき回され、彼が舌でアソコを舐めてきました。

(ああ、これがクンニなのね)

おしっこしたばかりなので、舐められると恥ずかしくて仕方ありませんでした。
感じるよりも、どうしようどうしようという気持ちが強くありました。

しばらくして彼が舐めるのをやめたかと思うと、私の手を自分のアソコに導きました。
彼のアソコは、お腹にくっつくくらい上を向いていました。
恥ずかしくて手を引っ込めてしまうと、彼がまた私に触らせました。
なんか長くて上を向いているアレって別な生き物みたいな気になってしまいます。
どうしたらいいのか分からなくて、私は彼を見つめたまま、上から下、下から上と恐る恐る撫でるだけで精一杯でした。
彼は目を閉じて、「あ~」ってため息のような気持ちよさそうな声を出したかと思うと、パンツを膝まで下げて私の手を直に触るように導きました。
私は張り詰めた感じのアソコに初めて触りました。

「握ってみて」

そう言われて見てみると、上の部分から薄っすらと透明な液体が出ていて、竿の部分を手でそっと握りました。
言われたように握った手を上下すると、彼はまたため息を漏らしました。
感じてくれているんだと分かると嬉しくなりました。

「入れてもいいかな?」

とうとうそういう時が来たんだと思いました。
私はただ頷くだけでした。
彼が私のアソコをやっと探し当てて入れようとしました。

「痛い、痛い」

思わず言ってしまいました。
彼が「ゴメンゴメン」と言ってまた挑戦して、やっと中に入りました。
痛かったけど、嬉しくて涙が溢れてきました。
彼が言いました。

「そんなに痛いの?」

「ううん、嬉しくて」

私たちはまたキスをして抱き合いました。

少し彼が動くと、「ゴメン、あんまり気持ち良くてイキそうなんだ」と言ってきました。

私はなんだかよく分からないまま、「うん、いいよ。イッて」と返事をしました。
彼が切なそうに微笑むと、また何度か動いて、「イク!」と言って体を離しました。
お腹の上に白い液体がピュッピュッと飛んできました。
私のお腹の上はその液体の温かさを感じました。
彼はすぐにティッシュで私のお腹を拭いてくれました。

彼は緊張から解放されたように、フーっと息を吐いて、私の隣りに並んで横になりました。
私たちはニッコリ微笑んで、またキスをしました。

「大好き」

「私も」

そう言って、裸のまま抱き合いました。