俺には「フェラ友」と呼んでいる女がいる。
まあセフレと言ってしまえばそうなのだが、その女はとにかくフェラが上手いのである。
俺がどんなコンディションの時でも、必ずフェラでイカせてくれる、まさに女神のような女だ。

彼女は『優里』と言って、一見セフレなんてものとは無縁に思える知的な雰囲気を漂わせている。
実際に頭のいい大学を出て大手企業に勤め、エリートコースを進んでいる。
ただ彼氏がいるという話はあまり聞かない。
27歳で年頃なのに、結婚にはあまり興味がないのかもしれない。
そういう意味では珍しい女である。
美貌は間違いないし、スタイルはモデル級なのだから。
いくらでも男が寄ってきそうなものだ。
もしかしたら周囲の男から高嶺の花と思われているのかもしれない。

しかし実際の優里は、仕事が終わった俺を家に呼んでくれて、お疲れ様のフェラをしてくれるような女なのだ。

「お疲れ様、今日はお風呂にする?それとも・・・」

ちなみに「お風呂」というのは、単にお風呂に入れてくれるということではない。
お風呂でフェラをしてくれるのだ。

「今日はお風呂がいいな」

「分かった、そう言うと思って、もうお湯は溜まってるから」

これが嫁だったら最高だろう。
ただ俺も今のところ結婚願望はないが。

お風呂に入って温まっていると、優里が全裸で浴室に来る。

「じゃあ、まずは体を洗うね」

俺を湯船から出すと、マットに寝かせる。
そして体中にボディーソープを塗って、素手で洗ってくれるのだ。
もちろん、ただ洗うだけではない。
すでに勃起している俺のムスコを入念にシゴき、時にはソフトな手触りで優しく撫でてくれる。
そんな極上のテクを、タマやお尻の穴にまでしてくれるのだから、ムスコが唸りを上げるのは当然だろう。

そしていいところまでいくと一旦洗い流して、今度はローションを塗る。
これはヌルヌル感が半端なく、一気に俺のテンションを高めてくれる。

「なんか今日はいつもよりガチガチになってない?」

「優里のフェラが上手いから」

「ホントに・・・良かった・・・今日は忙しかったんじゃない?」

「よく分かったね、急に仕事が飛び込んできて、てんやわんやしてきた」

優里は俺の肉棒をしこってるだけで、その日の状態まで分かってしまうのである。
そして、その時に合ったフェラをしてくれる。

「そっか、大変だったね・・・じゃあ今日は特別にアレしてあげるね」

そう言うと優里は俺の足を抱え上げて、チングリ返しの格好にする。
その状態でお尻の穴を舐めて、次第に肉棒の先っぽまで細かい舌使いで刺激してくれるのだ。
最初はお尻の穴を舐めながら、タマを揉みつつ竿をローションでしごく。
タマフェラが始まると、今度は海綿体を指で刺激してカリを指で愛撫。
そして最後は肉棒をしゃぶってからのパイズリ。
この行程に様々なバリエーションをつけて俺を昇天させてくれるのだ。

正直、お尻の穴を舐められるのは、それほど好きではない。
しかし優里のフェラは、そんな俺でもハマってしまうテクがある。
俺のムスコが臨界点に近づくと、いつものフィニッシングフェラが始まる。

「もう出ちゃいそうだね・・・いっぱい出していいよ・・・」

ローションまみれの股間全体を両手で弄りながら高速フェラが炸裂する。
そして俺は優里の口の中に思いっきり射精した。
いつも、そんな極上のフェラを堪能させてくれる、フェラ友の優里。
優里がいてくれたら、彼女とかいなくても頑張れそうだ。