仕事をぱぱっと済ませ、15時半頃、いつもの運動公園の大きな駐車場で17時まで時間潰しw
平日のこの時間って、だいたいそういう人が多い。
社名の入ったワゴン車やバンが距離を置いて頭から駐車してる。
俺も頭から車を入れてシートを倒して寝た。

トイレに行きたくなり身体を起こすと、数メートル離れた場所に車がいた。
小さく社名が入ったバン。
運転手は女でイヤホンをしてタブレットを真剣に見ていた。
気にせず、その車の後ろを歩いてトイレに行った。
トイレから戻る時、自然と女の車内が視野に入った。
てっきり仕事をしてるもんだと思ったら、何か動画を観てるだけだった。
歩いてだんだんタブレットの画像がハッキリ見えてくると、なんかエロ動画っぽい?
女が四つん這いで、フェラしてバックでやられている!

(マジか?!)

車の後ろを通り過ぎるとき、少しゆっくり歩いて車内を見た。
間違いなくエロ動画だ!
俺は車に戻り、女を観察した。
顔は、俺的には色気や性的な感情が100%湧かないタイプ。
ハッキリ言えばブサイク。
能面のような、のっぺりした顔。
無表情で真剣に画面をガン見しているのが笑えた。

(よっぽど欲求不満なのかな?まさかオナニーでも始めたりして?)

さすがにそれはなかった。
時間なので、とりあえず会社に帰った。

数日後、仕事が早く終わり、また時間潰しに駐車場に向かった。
あの女の車があった。
少し離れて車内を窺うと、ハンドルに視線が行ってたので、たぶんタブレットを見てる。
俺はトイレに向かうふりをして、スマホを録画モードにして車の後ろを歩き、女がエロ動画を観ている様子を録画した。
ちなみに、たぶん外人モノ。
黒人がバックでパコってたw

トイレから出て、あえて女の視野に入るように前を歩いて行くと、女が俺に気付いてタブレットを膝の上に置いた。
俺は軽く会釈して運転席に近づいた。

「すみません、◯◯商事の方ですか?」

女は5cmほど空いた窓から、「そうですけど、貴方なんですか?」と下から少し睨んだ。
やっぱりブサイクだったw
俺は録画した動画を再生して窓に当てた。

「ここで貴女、何してんの?」

女は慌ててエンジンをかけた。

「どいてください!車出しますから!」

「あんたの会社で俺の友達も働いてるんだよね・・・この動画、送ろうかな?w」

もちろんウソだ。

「えっ!」

「まあまあ、エンジン止めて、少しお話ししましょうよ」

女は俯いてエンジンを止めた。
俺は助手席に乗って彼女のタブレットを裏返すと、まだエロ動画が再生されていた。
黒人が大根のようなデカいチンポを白人女の口に押し込んでいた。

「凄いの観てるね。こいうの好きなの?◯山◯子さんw」

首から下げたネームプレートの名前を呼んだ。
何を言っても女は無言。

「チンポが見たいなら、俺の見せてあげるよ」

「えっ!何してるんですか?!やめて下さい!」

俺はファスナーを開き、チンポを引っ張り出した。
仮性包茎のチンポは興奮して見る見るフル勃起して、皮の中から亀頭がニュルって露出した。

「やめて、お願い」

「動画みたいにフェラしてよ。ほらっ!」

俺は自分のシートを倒し、膝までズボンとパンツを下げてチンポ丸出しになった。

「いや!出来ない!」

「男を知らない年でもないでしょ?さぁ!」

女の首を引っ張った。
当然女は抵抗した。
俺はチンポ越しに女の写真を撮った。

「これ、どう見ても車内でフェラしようとしてるよねw」

写真を見せると抵抗をやめた。
外に逃げて助けを呼ぶことも出来るはずだが、仕事をサボってエロ動画を鑑賞していたことを拡散されるのは、さすがにキツイw
女は俺のチンポを見て沈黙した。
左手を取って勃起したチンポを掴ませた。

「どうだ?本物は?」

「か、硬いです・・・」

「ほら、動画みたいにジュポジュポやってよ」

また首を引っ張ると・・・。

「やるから、乱暴しないでください・・・」

女は渋々顔をしかめてチンポに近づけた。

「ウッ!・・・臭い・・・」

「やれ!」

亀頭を口に含んだ。
動かない?

ピロン!(撮影)

「黙ってちゃ終わんないよ!」

頭を掴んで下からチンポを数回突き上げた。

「オエッ!」

女はえずいて、涎がぼたぼたチンポに垂れた。
また頭に手を掛けると・・・。

「やります。やるから押さえないで!」

チンポを咥えてフェラを始めた。

「出来んじゃないか!」

(あぁ~、ブサイクでも気持ちいい!)

俺は27歳。
実は風俗しか知らない素人童貞w
自分では見た目は普通だと思っているが、どうも上手くいかず、結局風俗で卒業して、それからどっぷりハマってしまった。
趣味もなく、お金は多少あったので、月に2、3回のハッピーソープタイム!
ソープに行けば何の苦労もなく綺麗な女が抱けるのに、なぜか俺はこのブサイクに興味を持ってしまった。
下手くそでぎこちないフェラが新鮮だw

手を伸ばして、スカートを捲って、ストッキングの上からマンコを弄った。
エロ動画を観て濡れていたのか、股間がジメジメしていた。

「濡れてるんじゃない?なぁ、気持ちいいだろ?チンポ入れてやろうか?」

「ダメです!アッ!ウッ!」

女はビクビクっと軽く痙攣した。

「我慢すんなよw今イッたでしょ?」

「もう・・・やめて・・・」

「お互いやりたい同士だし、いいじゃない?」

ストッキングを前から下げてパンティーの中に手を入れると案の定、ワレメがベトベトに濡れていた。
後ろを確認したが車は数台。
みんなこっちに後ろを向けて駐車している。
リクライニングレバーを引き、女を押し倒してスカートを捲った。
モワッと蒸れたマン臭がした。
顔に合わない際どいレース多目な濃紺のパンティー。

「エロいパンツ穿いてるんだな!」

ストッキングとパンティーを剥ぎ取った。
運転席の女に跨がってチンポをゆっくりシゴいて見せた。

「ダメ!それだけはダメ!」

「大丈夫だよ。ちゃんとゴム付けるから!」

「えっ?」

もしもの為にと準備してきたコンドーム。
女はつける様子をじっと見ていた。

「これならいいだろ?」

「・・・いや・・・もうやめて・・・」

閉じた膝を掴むと、案外簡単に開いた。
エロパンツを穿くためなのか陰毛は綺麗に整えられ、センターにだけ卵形に黒々と残されていた。
その下に色も形もナメクジのようなヒダが2枚、ヌラッと光っていた。
ヒダの間を亀頭で何度もなぞると吐息が荒くなって、ぎゅっと目を閉じた。

「入れるよ」

返事はなし。
構わずマンコに挿入した!

「ううっ!」

ブサイクだから処女かと思ったが、どっかの物好きが開通したらしく初モノではなかった。
が、すごくキツい!
俺はスマホで録画しながら腰を振った。

「ハ、ハ、ハ、ハ・・・」

「ダメ・・・やめて・・・オゥ!オゥ!オゥ!・・・」

アヘ顔はさらにブサイクだが、マンコが気持ち良すぎて数分で射精した。

「アンタのマンコ、スゲェ気持ち良かったよ」

女は息を荒げていたが無表情で横を向いていた。
俺は助手席に戻り、コンドームを処理した。
女はマンコも拭かずに黙々とパンティーを穿いて、破れたストッキングを脱ぎ捨てた。

「なぁ、動画なんか観てるより、やった方がいいだろ?」

「もういいでしょ!出て行ってよ!」

女は身なりを整えながら時々俺を睨んだ。

「怖い顔するなよ、あんただっていい感じになってたじゃねぇのか?」

「違うわよ!もう出て下さい!」

「そうかなぁ?」

俺は再び女を押し倒してスカートを捲り、パンツに手を入れて、まだ濡れているマンコに指を2本入れ、風俗で覚えたGスポットを激しく刺激した。

「やめて!お願い!いやぁ!」

女はビクビクさせて脚を閉じた。
手のひらにジョボジョボと潮を吹いた。

「ほら!気持ちいいだろ!」

「もうやめて・・・」

パンティーがビショビショになった。

「あんた、仕事何時に終わるんだ?」

「5時・・・」

「じゃあ6時にここで待ち合わせしようぜ!」

「なんで私があんたと待ち合わせするの!」

「絶対来るよな?!」

そう言ってスマホを見せると沈黙した。

「来てくれたら消すよ。来なかったら・・・わかるよな?」

「はい・・・」

俺は自分の車がバレないように一旦トイレに向かって女の様子を窺うと、すぐに車を出した。

<続く>