去年の春に地方都市に新任係長として赴任したのですが、その職場は女性ばかりでした。
しかも欲求不満の20代から50代までの人妻ばかり。
僕は数年もすれば他の地に転勤してしまうので、後腐れのない都合がいい若い男ということで、次々と女性たちと関係を持てたのです。

良美さんというのは30代半ば。
元女子バレー日本代表の高橋みゆき似の体育会系の人妻さんですが、体の相性も良く、お姉さん的な性格も僕好みだったため、週1回はエッチしていました。
もう1人、職場で一番若い正社員の唯ちゃんは、良美さんの後輩で、普段から良美さんを姉のように慕っていました。
当時、彼女は処女だったのですが、初体験の手引きを良美さんを通して僕に依頼してきたのです。
その後、唯ちゃんとも繰り返しエッチするようになりました。
唯ちゃんは独身だったので、体の関係だけではなく、ちゃんとお付き合いするようになりました。
同時に、良美さんを通して初体験できた経緯もあり、3人で3Pをするようになりました。

貞操観念のない人妻さんたちに囲まれているせいか、僕が他の女性たちと関係しても、良美さんも唯ちゃんも意に介しません。
むしろ、「あの人ってどういうエッチをするの?」などと興味津々に聞いてくることさえありました。

ある時、唯ちゃんと良美さんとで旅行に行って、「思いっきり3Pを楽しもう」ということになりました。
僕がどちらか1人と始めてからもう1人が加わったり、それぞれのを見てるということもあるのですが、個人的には2人のレズプレイから始まるときが一番興奮します。

ホテルに3人で泊まって部屋でお酒を飲んでいました。
お酒は僕より女性2人の方が強いのですが、僕がちょっと眠たくなる程度に酔ってきた頃、それまでイチャイチャしていた2人が気がつけば軽いキスをしていました。

(始まったな)

ぼーっとした頭で2人の行為を見ていると、いつの間にかテーブルの下では良美さんが唯ちゃんの足の間に手を潜り込ませていて、唯ちゃんのあそこを弄っているようです。
良美さんの指の動きに合わせて唯ちゃんがピクッピクッと動いて、キスをする2人からくぐもった声が聞こえます。
良美さんは唯ちゃんの頭を抱き締めて舌を入れているようです。

しばらくすると良美さんが唯ちゃんを優しく押し倒しました。
唯ちゃんがエロっぽい可愛い声で小さく叫びます。
僕は黒子のように2人の邪魔にならないようにテーブルを部屋の端に片付けて、布団を拡げました。
もうチンポはビンビンですが、良美さんから合図があるまでは、僕は参加しないで見ているだけです。

2人は浴衣を肌蹴て、良美さんが唯ちゃんを指や口で巧みに攻めています。
2人が恥ずかしそうに時々僕の方を見るのが、またエロティックです。
良美さんが唯ちゃんの耳元で何か囁くと、唯ちゃんが頷いて、良美さんに抱きつくような形になりながらお尻をこっちに向けました。
そして良美さんがまた何か言うと、唯ちゃんは躊躇いがちに自分の手であそこを開くようにしました。
良美さんが僕の方を見て合図します。
やっと参加の許可が出ました。

僕は浴衣を脱ぎ捨てて唯ちゃんのお尻に飛びかかりました。
あそこにチンポを宛てがうと、一気に唯ちゃんの中に入りました。
そこからは怒涛の3Pで、2人の体に何度も射精して、中にも出させてもらいました。
これからも3人での楽しい生活を続けていきたいと思います。