俺は足を骨折して入院することになった。
町内ソフトボール大会に勇んで出たのは良かったが、昔やっていて得意だという思いがあって張り切り過ぎ、本塁突入の時に相手のキャッチャーと交錯して右足首を折ってしまったのだ。
即入院ということになり、義母が看護師長をしている整形外科に入院することになった。

妻の美奈子も総合病院で看護師をしているのだが、自宅からはちょっと遠かったし、義母が勤めている整形外科は評判が良かったのでそうしたのだ。
あいにく4人部屋や2人部屋が空いてなくて個室に入ることになったが、義母の紹介ということで安く入れることになった。

何日かは痛くて辛かったが、1週間もすると痛みも薄れてきた。
そうなると身体は元気なので退屈で仕方なく、またあっちの方も溜まってきてムズムズしだした。
それで悪友に頼んでエロ本を差し入れしてもらい、気付かれないようにこっそりと見ていた。

ある日の午後、エロ本を見ながらオナニーしていると、いきなり義母が、「康之さん」と俺の名前を呼びながら入ってきた!
慌ててチンポを仕舞い、本を布団の中に隠そうとしたが、手が滑って床に落としてしまった。
必死に取ろうとしたが、もうベッドの横まで来ていた義母がその本を拾い上げた。

「何これ?・・・もうこんなの見てしょうがない人ね」

そう言って義母は呆れ、「こんなの見て変な気を起こして、うちの若い看護師にちょっかい出さないでよ」と言った。

「ひどいな~、そんな事しませんよ~」

「まあその足じゃ無理か・・・でも手は何ともないんだからお尻とか触ったら絶対にだめよ!」

そう言って出て行ったが、結局義母が何をしに来たのかは分からないままだった。

翌日、仕事が終わってから見舞いに来た美奈子に怒られてしまった。
どうやら義母が昨夜電話してきて、「康之さん、溜まっているみたいだから、あなたが何とかしてあげなさい」と言ったらしいのだ。
それで、「何とかしてってどういうことよ?」と聞いたら、「妻なんだから手で出してあげるとかあるでしょう」と義母が言ったようなのである。
美奈子は、「風俗嬢じゃないんだからそんな事は出来ないわよ!」と怒って電話を切ったらしい。
それで俺の所へ来て、「あなたが変な本を見るからいけないのよ!お願いだから大人しくしてて!」と言って帰って行った。

翌日、「お義母さんが変なことを言うから美奈子に怒られましたよ」と伝えると、「変なことって?」と聞き返してきた。

「『手で出してやりなさい』とか言ったんでしょう?」

「ああ~、その事ね」

義母は薄笑いを浮かべると、「可哀想に、ついに妻からも見放されたか~」と笑って出て行ってしまった。

義母は今年で48歳になるが、太っていないし、化粧をしなくても綺麗な人で、見た目とは裏腹に細かいことは気にしない。
その義母が午後またやって来て、ベッドのカーテンを閉めた。
何をするのかと思ったら、「下着を替えましょう」と。

「昨日着替えて美奈子に洗濯を頼みましたよ」

「それでも着替えなさい」

手伝ってもらってパジャマを脱ぎ、自分でパンツを脱ごうとしたら義母がじっと見ていた。
俺が『見ないで下さい』という顔をしたら、「もう、早くしなさいよ~」とパンツに手を伸ばして脱がせ始めたのだ。

「ちょ、ちょっとお義母さん・・・」

「いいから任せなさい」

そう言って強引にパンツを脱がせた義母。
俺がアソコを手で隠すと、その手を払いのけ、いきなり右手でチンポを握ったのだ。

「お、お義母さん何するんですか?」

「美奈子の代わりに私が出してあげる」

そう言って手を動かし始めたた義母。
チンポはみるみる義母の手の中で硬く大きくなっていった。
はじめは呆気にとられていたが、次第に気持ち良くなり、義母に任せることにした。
義母はベッドの上に腰を下ろし、俺に背を向けてシコっていた。
身体を触りたくなったので、ナース服の上からお尻を触ろうと手を伸ばしたが、座っているので全体を触れない。
それで上半身を近づけて手を前に持っていき、ナース服の裾から手を差し入れて股間を触った。
すると、ちょっと湿り気がある生温かい感触が手に伝わってきた。
義母が何も言わないので下着の隙間から手を滑り込ませようとしたら、「調子に乗るんじゃないの!」と手を叩かれてしまった。
それでもシコり続けてくれる。
義母のシコり方が上手いので発射しそうになり、「お義母さん、イキそうです」と伝えると、義母はタオルを手に取り、俺が発射するのと同時にチンポに被せてザーメンを受け止めてくれた。
そして「たくさん出たわね~」とチンポを拭くと、何事もなかったように出て行った。
あっという間の出来事と気持ち良さにしばらくボ~っとしていたが、(あの義母がチンポをしごいて抜いてくれた)と思ったら嬉しくなり、また硬くなってしまった。

そんな事があったものだから、俺は義母が来るたびにドキドキしていたが、向こうは以前と変わらない態度で仕事をこなしていた。
しかし、また抜いて欲しいという思いが強くなり、口に出して頼んでみた。

「あの~・・・またお願いしたいんですけど・・・」

「何を?」

「抜いて欲しいんです」

「も~しょうがないわね~・・・可哀想だと思って一度してあげたら調子に乗って・・・」

そう言われてショボンとしていたら、「今は忙しいからお昼過ぎね!」と言って出て行った。
俺はチンポを勃起させてお昼になるのを待った。

2時過ぎに義母はやって来た。
カーテンを閉めると、この前と同じようにパンツを脱がせ、後ろ向きに座るとシコり始めたので俺はまた股間に手を伸ばした。
怒られるのを覚悟で下着の隙間から手を差し入れたが、今度は何も言わない。
指を這わせて穴の位置を探り、中指を少し入れてみた。
それでも何も言わない。
指にヌルっとした感触が伝わり、明らかに濡れているのが分かった。
ゆっくりと指を出し入れしたら、シコっている義母の口から吐息が漏れ始めた。
感じていることを確信し、指を移動させてクリトリス刺激したら小さな声で、「ああ~~っ」と義母が喘いだ。
いい感じなのでそのままクリトリスを刺激していると、なんといきなり義母がチンポを咥えたではないか!
時折「はあ~」と喘ぎながらも、ジュボジュボと音を立てながらフェラしてくれる義母。
最後はしゃぶっている義母の顔を見ながら口の中に大量に放出した。
義母はティッシュに精液を吐き出すと、また何事もなかったような顔をして出て行った。

こうなるともう義母のマンコに入れることしか考えれなくなった。
ただ、フェラや手コキなら、誰か来たらさっと布団を掛ければ何とか誤魔化せるが、セックスとなると隠すのは無理だ。
それで考えた末、義母が夜勤の時にこっそり抜け出して、トイレの個室でしようという結論に達した。
夜9時が就寝時間で、たまに看護師が見回りに来るが、夜勤しているのが義母なら大丈夫と思ったのである。
あとは、どうやって義母を説得してトイレに連れ込むかだが・・・。

数日後、「またして欲しい?」と義母の方から聞いてきたので、「夜勤の時にトイレでして下さい」と頼んだ。

すると義母はしばらく考えてから、「分かった、いいわよ」と言ってくれた。

そして夜勤の日、皆が寝静まったのを見計らい、ナースセンターにいる義母の方をチラっと見てからトイレへ行った。
待っていると義母がやって来たので、個室に入り鍵をかけた。
立ったままだと骨折した右足に負担が掛かるので、パジャマとパンツを下ろして便座に座り、勃起したチンポを差し出した。
すると義母は便器の前に屈み込み、「いつ見ても立派ね~」と言いながらパクっと咥えてくれた。
そして美味しそうな顔で舐め始めた。
しばらくフェラしてもらってから、「お義母さんのマンコを見てみたいです」とお願いすると、「え~、そんな~、恥ずかしいじゃない・・・」と一度は断ったものの、再度お願いすると、「仕方ないわね~、ちょっとだけよ・・・」と言って立ち上がった。
下着を脱ぐと、ナース服を捲って、立ったままで見せてくれた。
陰毛は薄め、厚めのビラビラが垂れ下がった卑猥なマンコだった。
手で触れると、「あ~ん」と可愛い声をあげたので、「ダメですよ、声を出したら」と言うと、何度か首を縦に振った。
下から覗き込むようにして両手でマンコを開いてクンニをすると、「そんなことしたら声が出ちゃうじゃない」と言ったが、舐め続けると顔をしかめ、声を上げないように必死に我慢していた。

「こうなったら入れてみましょうか、お義母さん」

「えっ?でも・・・」

そう言ってから、じっと俺の勃起しているチンポを見ている義母。
すると決心したようにナース服を捲り上げると、便座に座っている俺の上に乗っかるようにして自らマンコに挿入したのである。
そのままお尻を上下させる義母。
肉ヒダが絡み付き、厚めのビラビラがチンポを包み込むように動くので、めちゃくちゃ気持ちいい。
嫁の美奈子とするより気持ちいいと思ってしまった。
そしてあまり時間をかけず、そのまま義母のマンコの中へ放出した。

こうして俺は念願叶って義母とセックス出来たわけだが、後は退院してからも義母を抱けるかどうかだ。
それとなく聞いたら「考えとくわね」と言ってくれたが、抱けそうな気はしている。