両親に日頃の感謝を込めて、とある温泉町に家族旅行に行きました。
両親(共に48歳)、姉(25歳)、俺(23歳)の4人です。
温泉でリラックスして部屋に戻って美味しい食事。
もう一度温泉を楽しんだ後、就寝。
・・・のはずでしたが、浴衣姿の姉がエロくて、我慢出来ずにセックスしてしまいました。

関係は数年前から持ってたのですが、こんなシチュエーションは初めてです。
隣に両親が寝てるので、なるべく静かにやります。
チラチラと両親の方を確かめつつお互いの浴衣を脱がせ合い、完全に裸になりました。
両親の寝息をBGMに横向きで性器を舐め合います。
たまに、じゅぽっ・・・ぶぽっ・・・とフェラの音がしますが、まだ大丈夫そう。

「姉ちゃん、出そうだから飲んで」

小声で言うと姉のフェラが激しくなりました。

「じゅぽっ・・・じゅぽっ・・・ぶぽっ・・・ぶぷっ・・・」

「ああ・・・出る!」

ちょっとだけ大きめの声が出ちゃいました。

「うぅ~ん・・・」

母が寝返り打ってこちらを向きました。
ドキッとしましたが目は開いてません。
驚いた拍子に姉の口に射精してしまいました。
姉の股間越しに母を見ながらの射精なんて初めてです。

「姉ちゃん、今母さんこっち向いてるよ・・・起きてないみたいだけど」

「ん・・・ゴク・・・バレてない?」

「大丈夫、寝てるから」

「良かった・・・それにしても親の真横でなんてドキドキしちゃうよね?」

「すげードキドキしてるよ」

「私も・・・。両親の隣で弟のチンポしゃぶって精子飲んだだけでイキそうだったよ」

「わかるよ、マンコぐしょぐしょだもん」

「ねえ、どんな体位でする?」

「まずは正常位でしょ」

「布団は掛ける?」

「掛けない方がスリルがあって良くない?」

「でも、万が一お母さんが起きたらヤバくない?」

「姉弟が全裸でセックスしてるのを見たらショックで気絶するかもね」

「考えただけでドキドキする」

「ってことで、布団はなしでやろう」

姉に覆い被さり、マンコへ挿入。

にゅぷ・・・。

「うわっ、姉ちゃんの中、めっちゃ熱くなってるし、いつもより締まる」

「だって・・・こんなシチュ初めてだもん・・・感じすぎて勝手に締めちゃうのよぉ・・・」

ぱんっぱんっぱんっ!

「こんなに締め付けられたらすぐに出ちゃうよ」

「中でいいよ」

「いいの?」

「今日は大丈夫だから」

「やべー、親の隣で姉ちゃんに中出しとかめっちゃ興奮する」

「だよね?だから我慢しないでいいからね」

ぱんっぱんっぱんっ・・・。

「それじゃ出すよ!姉ちゃんのマンコに!」

「ちょ・・・声が大きいってば・・・」

「このくらいなら大丈夫じゃない?」

ドクッ!ドクドクッ!

「ああ・・・中に熱いのが入って来たぁ・・・さっき出したのに多くない?」

「そりゃこんなシチュエーションだからね、興奮して・・・」

「もう、変態・・・」

「姉ちゃんだって喜んでんだから変態だろ?」

「へへ・・・たまにはこんなのもいいよね」

「次は母さんの方に繋がってる所を見せつけるようにして騎乗位でやろうよ」

母に足を向けて横になると、姉が上に乗って腰を振ります。

「これじゃ私があんたを襲ってるみたいに見えない?」

「確かに・・・それじゃバックにする?」

「別にいいよ、これで」

姉は動くのを止めず、中に出した精子とマン汁が泡立って白く濁ってチンポに絡みついてるのが見えます。

「あっあっあっ!イッちゃう!イキそう!」

「イッていいよ、俺ももうイキそう・・・また中に出すよ」

「来て!中に出して!」

ぎゅぅぅぅっとさらにマンコが締まってチンポを締め付けます。
僅かに遅れて俺も射精しました。

「ああ、姉ちゃんのマンコ最高・・・」

「あんたのチンポも最高よ」

「まだやりたいんだけどいい?」

「イッたばかりだからちょっと休ませて・・・」

「無理!」

身体を起こし、座位で姉を抱き締めて腰をくねらせます。
奥を刺激されて姉はビクンと身体を震わせました。

「だめ・・・今敏感になってるから・・・あはぁ・・・」

「姉ちゃん、キスしよう」

繋がったまま抱き合い、キスをして舌を絡ませました。

「んん・・・」

また母さんの口から呻くような声が漏れました。
ドキッとして目線を向けたけど、また寝返りを打って反対側を向いただけだったみたい。
姉は気付いてないのか、腰を振りながら激しく舌を絡め続けてました。

「んむ・・・どうしたの?」

「今、母さんが寝返り打ったんだよ」

「えっ?全然気付かなかった」

「姉ちゃん、キスに夢中だったからね」

姉を抱いたまま立ち上がり、父親と母親の真ん中に立ちました。

「どうするつもり?」

「ここで駅弁(笑)」

もしも両親が目を開けたら俺と姉が繋がってるところが丸見えになる場所で腰を振りました。

「起きたら面白いことになるね」

「弟のチンポが入ってるところ見られちゃう~」

「嫌がってるふりしてもバレバレだよ?またマンコの締りが強くなったもん」

そのまま姉は無言になり、俺も無言で腰を振りました。
今度は宣言無しでいきなり中に射精です。

「親の顔の上で中出ししちゃった」

「こんなのしちゃったら普通のセックスが出来なくなっちゃうじゃない」

「帰ってからもスリルのあるセックスする?」

「いいかも」

「このまま裸で抱き合って寝たいけど、さすがに無理だよね?」

「当たり前でしょ!」

「でも少しだけ抱き締めてたい」

「もう~、仕方ないわね」

布団に戻って抱き合ってキスをしながらまったり。
念のために掛け布団を掛けました。
少しして父親のイビキが止まり、起き上がる気配が。
そのまま部屋を出て行って、しばらくしたら戻って来ました。
ただトイレに起きただけみたい。
俺と姉は布団の中で抱き合ったまま動けませんでした。
また父親のイビキが聞こえてきて、安心した途端にもう一度セックスしたくなりました。

「姉ちゃん、また勃起しちゃった」

「今日は凄いね」

「正常位とバック、どっちがいい?」

「今度はバックでして欲しいかな?」

姉のリクエストに応えてバックで挿入しました。

「姉ちゃん、アナルがヒクヒクしてるよ?」

「指、入れて・・・」

親指を姉のアナルに捻じ込みます。
途端にマンコがギュウギュウと締め付けてきて、思わず射精してしまいました。
姉にしゃぶってもらってチンポを綺麗にしてもらいます。

「俺の精子と姉ちゃんのマン汁でドロドロだったでしょ?」

「あんなにドロドロのチンポしゃぶったの初めて、でも美味しかった」

「愛してるよ、姉ちゃん」

「私も」

浴衣を羽織り、それぞれの布団に分かれて寝ました。

翌日、朝ご飯を食べた後、両親は散策に出掛けました。
俺と姉は家族風呂に一緒に入り、外の景色を見ながらお風呂でセックス。
窓から両親が歩いてるのが見えました。

「あそこ、父さんと母さんが歩いてる」

「どこ?」

「ほら、こっちの先のほう」

「ほんとだ、私達のことに気付くかな?」

「遠いから無理じゃない?声だって聞こえるわけじゃないし」

「顔は見えても、下はこの壁で見えないか」

腰の高さくらいの手すりというか柵が目隠しになって、セックスしてるのは見えないはずです。
その時、両親がこっちを向きました。
姉は目隠しの下に頭を隠して、俺は姉をバックで突きながら両親に手を振りました。
両親も俺に気付いて手を振り返してきました。

「姉ちゃん、今、父さんと母さんがこっち見たから手を振っといたよ」

「気付いた?」

「手を振り返してくれたから気付いたんじゃね?」

「まさか私とセックスしながらとは思ってないでしょうね・・・ふふ」

「だね」

俺は両親を見ながら姉の中に射精しました。