中3から高校2年の頃までの話。
当時は親が家の一部を使って託児所を経営していたので、20代~40代のママがよく出入りしていた。
俺も子供をあやしたり手伝いをしたりしてたからママ達と話すことも多かった。

その中の1人、28歳で黒のロングヘアー、細身、顔は高島礼子似のシングルマザーとはよく話していたのですぐに仲良くなった。
仮名で『高島さん』と呼ぶことにする。

ある日の学校帰り、高島さんとばったり会った。

高島「あっ、俺君。学校終わったの?あのさ、電灯の替え方わかる?ちょっとやってもらいたいんだけど」

聞けば、シーリングライトの本体の外し方が分からないということだった。

俺「簡単に出来るよ」

ということで高島さんのアパートへ行くことになった。
そのままアパートへ行き、壊れたものから新しいライトへ交換が終わると、コタツに横並びに座って雑談タイムになった。
なんだかんだ話してるうち、流れから俺に彼女がいたので恋愛話になった。

高島「じゃあさ、もうエッチはしたの?」

高島さんが横から俺の顔を覗き込むように身を寄せてきた。

俺「したけど、痛がったから途中でやめちゃった」

その後もどういう内容だったか聞いてくる。

高島「初めてだから焦っちゃうかもしれないけど、急いで入れようとしちゃだめだよ」

そう言いながら高島さんからコタツの中で手を握ってきた。
話を続けながら、高島さんは自分の太ももに俺の手を乗せ、そのまま股間の方へ移動させた。

高島「こうやって触られるだけでも女って濡れてくるんだよ」

ストッキングとパンティ越しではあったが、俺の手完全に高島さんのマンコに触れていた。
小刻みに俺の手を動かしながら、高島さんの左手が俺のチンコを擦ってくる。
俺は我慢出来ず、キスをして自分から手を動かした。
そのまま押し倒す形になったが、俺を寝かせたまま高島さんが体勢を変え、俺のベルトを外すと、ズボンとパンツを一気に下ろした。
そして、先走り汁が垂れてフル勃起していたチンコをいきなり咥えた。
俺は上体を起こして、フェラをする高島さんの様子をずっと見ていた。
時々視線が合い、高島さんの顔に興奮した。
フェラをしながら高島さんは自分でスカートとパンツを脱いだ。
お尻やマン毛が見えた。

高島「もう入れちゃうからね」

そう言うと俺の返事も聞かずに跨がってきた。
お互い下半身だけ脱いだ状態。
騎乗位で挿入されるときに薄いマン毛が見えた。
腰のグラインドが始まり、しばらくしたら快感の波が一気に押し寄せてきて、俺はすぐにイッてしまった。
中出しだった。

高島「気持ち良かった?お風呂行こう」

そう言うと高島さんはマンコから流れ出る精子をティッシュで拭き、俺の手を引っ張った。
なんとなく情けないような気持ちになったが、俺のチンコは半勃ちを維持していた。

風呂に入るために服を脱いで全裸になった時、初めて高島さんのおっぱいを見た。
たぶんDカップくらいだったと思う。
乳首が立っていた。
俺はシャワーで自分のチンコを手早く流すと、高島さんにシャワーを渡した。
そしてマンコを流している高島さんの後ろから両手でおっぱいを揉んだ。
指の間からはみ出るくらい、高島さんのおっぱいは柔らかかった。

気付くとチンコはフル勃起に回復していた。
さっきまでの情けない感情はどこかへ吹っ飛び、高島さんの前へ移動すると、柔らかいおっぱいに吸い付いた。
おっぱいを揉みながらお尻を揉んだ。
時々マンコへ手を伸ばし、また尻を揉む、これを繰り返した。
高島さんはシャワーを止めると俺のチンコを手でしごき始めた。
興奮と快感でお互いに腰を擦り付けあった。

高島「ベッドに行こう」

風呂から出て軽く体を拭くと、手を繋いでベッドに向かった。
高島さんが仰向けになると、「おマンコ舐めて」と言った。
マンコを軽く広げるとボディーソープの香りがした。
失敗はしたが、彼女とのエッチでクンニは経験していたので、どうするかくらいは分かっていた。
クリトリスを剥いて吸ったり、膣に舌を入れたりした。
高島さんの喘ぎ声を聞きながら指を入れた。
彼女は痛がったので満足に経験していないが、AVで観たようにやってみた。
どんどん高島さんのマンコが濡れていき、俺の中指はベチョベチョになった。
その指でクリトリスを擦りながら、横に移動しておっぱいを舐める。
こちらもAVで観たように、乳首だけでなく、乳首の周りを舐めたりもした。
高島さんの喘ぎ声が大きくなり、腰も大きく動いた。

「ねぇ、入れよう。今度はゴムしてみる?」

そう言うと、引き出しの奥からコンドームを出した。
高島さんに装着してもらった。
そして最初は正常位。
挿入の瞬間を上から眺めるのはたまらなかった。
膣内に入り始めると、高島さんは笑顔と快感の混じった表情でこちらを見ていた。
なんだか恥ずかしく感じたが、目の前の高島さんのことが好きになったような感覚になった。
自分でも分かるほどぎこちない腰振りだった。
それでも快感を貪るように腰を振った。

喘ぐ高島さんに、「バックがしたい」と言った。
一旦体を離し、高島さんが尻を突き出した。
肛門が見えて興奮した。
しかし、なかなかうまく挿入出来ない。
焦りがこみ上げてきたが、高島さんが手でリードしてくれて挿入出来た。

バックの体勢の高島さんが尻を前後に動かし始めた。
もう頭の中が溶けるような快感でイキそうになったので、高島さんの腰を掴み、「ちょっと待って」と言った。
自分からも腰を振り、イキそうになっては止めてを繰り返した。
すると高島さんが、「またイカせてあげるね」と言い、騎乗位に変更した。
覆い被さってくる高島さんに腕を回し、抱き合う2人。
高島さんの腰がリズミカルに上下に動いている。
ここでもまたイキそうになり、何度も止めてもらった。
ディープキスをしながら責められるのはたまらなかった。

高島「もう出す?イキたいでしょ」

いつまでも続けたい思いと、イキたい思いの両方があったが、高島さんは上下に激しく動かしてスパートをかけた。
腕をお互いの背中に回て強く抱き締め合いながら、俺は声を出してイッた。

しばらくそのままの体勢で話をした。

「気持ち良かった?」
「バックって難しいね」
「今度は私をイカせてね」

などなど。
俺の玉袋はマン汁でビチョビチョだった。
高島さんのマンコは輝くように濡れていた。

2人でシャワーを浴びながら、次はいつ会えるか聞いた。
すると高島さんは、「明日かな」と笑顔で言った。
それから約2年半、週に3、4日セックスする日が続いた。