彼女:K、当時20歳。
エンクミに似ている、ツンデレ。
胸はBカップくらい。

詳しくは略すけど、彼女との関係がうまくいかなくて、彼女の方から「少し距離をおこっか?」と話してきたことがあった。
正直、俺は離れたくなかったんだけど、彼女の意志は固くて、やむなく・・・。

2週間ほど経った頃、彼女から連絡が。
どうやら距離を置こうと話す前に俺が注文した本が彼女の家に届いたらしい。
俺が休みの日に取りに行くことに。
彼女のアパートに着くと、玄関のドアの取っ手にビニール袋が掛けてあり、その中に本が入っていた。

(これじゃあんまり・・・)と思い、チャイムを鳴らす。

ちなみに俺の家から彼女の家までは2時間くらいかかる距離だった。

しばらくしてドアが少しだけ開けられた。
上は灰色のパーカー、下は黒のジャージという格好の彼女が隙間からこちらを見ている。

彼女「・・・何?」

俺「いや、せっかく来たんだし、少し入れてくれない?」

彼女「・・・やめよう。距離を置くって決めたじゃない・・・」

俺「いいから少し休ませてよ」

少し強引かと思ったがドアを開けた。
しばしそのドアを押さえようとしていた彼女だったが、フ~と軽くため息をついて、手をドアから離し、中に入っていった。

(OKってことか・・・?)と思い、中に入った。

奥のリビングに行くと、「少し休んだら帰るでしょ?」と彼女。
俺は特に返事もせず、後ろから彼女の肩を掴んだ。

彼女「ちょっと・・・何?ダメ!」

彼女は少し前屈みになって俺から逃れようとする。
正直言って、こういうことをするつもりはなかったのだが、また彼女と一緒になりたいという気持ちや、2週間も彼女とエッチしてなくてかなり溜まっていた(当時は会ったら即エッチということも多かった)から、彼女に後ろから抱きつこうとした。

俺「いいじゃん♪」

わざと明るく言うものの、彼女は簡単には釣られない。

彼女「ちょっと・・・だめっ!」

イヤイヤとするように体を左右に回し、俺から逃れようとする。
俺は離れられてたまるかと、しっかりと覆いかぶさるようにして胸に左手を伸ばした。

彼女「・・・っ。コラッ・・・!やめてよ・・・」

彼女は背を丸めて俺の手から逃れようとする。
でも、背を丸めるということは、その分お尻を突き出すということで。
俺は彼女のお尻を手で撫でた。

彼女「あっ。ちょっと何してるの!ほんとに怒るよ!」

俺「・・・K・・・。一緒がいいよ、やっぱ・・・」

彼女「・・・」

少し彼女の体から力が抜けた。
時折漏れる甘い声。

(あれ?ちょっと感じてる?彼女も俺と同じで、この2週間寂しかったのかな?)

なんて都合よく思っていると・・・。

彼女「・・・でも・・・ダメだって・・・。やっぱ距離を置いたほうが・・・」

俺はそれ以上聞きたくなくて、というかちょっと彼女が意固地になってるのではと思い、力が抜けた体を弄り始めた。

彼女「あっ!?ちょっと?」

お尻から手を滑り込ませて、マンコの上を少し強めになぞる。
さらにそれほど大きくない胸を掴み、揉んだ。

彼女「コラ・・・ダメって言ってるでしょ?」

俺「いいから・・・」

右手の中指と薬指でマンコを縦になぞる。
さらにクリの部分をグリグリとこねるようにする。

彼女「ダメッ・・・ダメ・・・」

俺「いいだろ?しよ?」

彼女「・・・だって・・・もう離れようって・・・えっ!」

俺はすでに勃起してたw
腰を屈め、股間を彼女の股にグリグリと押し付けた。

彼女「・・・ちょっとぉ・・・!んんっ・・・」

(やっぱり感じてる。このままいっちゃえ!)

彼女の股間をグリグリしながらパーカーの裾から左手を潜り込ませた。
パーカーの下はシャツのみだった。
そのまま指先で乳首を探り、弄ってみる。

俺「なんか立ってるよ?」

指先で彼女の左の乳首を弄る。

彼女「あっ・・・やめてっ・・・はっ・・・あ・・・!」

俺は、彼女に後ろから覆いかぶさって股間をお尻に押し付けたまま右手でパーカーをぐいっとあげた。

彼女「あっ!」

そのまま両手でシャツの上から胸を揉む。
手のひらにビンビンになっている乳首の感触が伝わった。

彼女「だめ・・・だめっ・・・Yくん・・・はぁ・・・あぁぁ・・・ンン・・・」

胸を揉むのをやめて、手のひらでシャツ上から乳首を擦ってみる。

彼女「あああっ!!」

俺「気持ちいい?」

彼女「・・・あああっぁ・・・こんなのやだ・・・!やめ・・・」

彼女は前屈みになって逃げるようにしていたが、かなり力が抜けていることを発見した。
そのまま肩を掴んで姿勢を正して体をこちらに向かせた。

彼女「あっ?」

彼女は顔を横に向け、両手を胸の前で組んで抵抗しようとする。
俺は無理やり組んだ腕の中に手を差し込んで、またシャツの上から乳首を弄った。

彼女「だっめっ・・・!やだっ!!」

彼女はまた前屈みになろうとするが、俺はそのまま組んだ腕を外して、彼女の後ろにあったベッドに押し倒した。

彼女「わっ!Yくん?!あっ・・・!んっ!?」

すぐさま俺はシャツを捲りあげる。
久しぶりのおっぱい!
そのまま乳首に吸い付いた。

彼女「はあああっ!!だめだってば!!!」

もともと乳首が弱い彼女が大声を上げた。
俺の頭を掴んで引き離そうとするが、そうはいかせない。
乳首をパクッと咥えて、口の中でレロレロと優しく舐めた。

彼女「んんんあああっ・・・やめてっ・・・やめてよっ!!」

引き離そうとする力が弱くなったとき、反対側の乳首も舐めた。
するとまた大きな喘ぎ声を上げて、慌てて口に手を当てて声を響かせないようにする彼女。

彼女「んんっ・・・んんあああっ・・・やだよ・・・あああっ・・・」

俺「K、好きだよ。愛してる」

彼女「だめ・・・言っちゃだめっ!・・・んんっ・・・Yくんっ・・・」

彼女がなおも俺の顔を引き離そうとする。
俺は彼女の両手を右手で掴んで、ぐいっと彼女の頭の上に押し上げた。

彼女「ちょっ・・・いた・・・ああああっ!!」

再び乳首を舐めると、気持ちよさそうな声を上げる。
もぞもぞと下半身を動かす彼女。
それならと、俺は空いてる左手でクリを少し強めになぞった。

彼女「いやぁっ!!あああん・・・!あっ・・・あっ・・・!ん・・・んんん!!んんっ!」

両手を押さえつけられ、乳首とクリを同時に攻められる彼女。
顔を背け、一生懸命に口を閉じて喘ぎ声を抑えているが、それでも時折声が出てしまう。

(やば・・・これってエロい)

しばらくして抵抗が収まったので、両手を押さえつけている手を離した。
そして乳首から口を離した。

彼女「はあ・・・はあっ・・・Yくんん・・・エロい・・・」

彼女と目が合った。
間違いなく彼女も、いつもとは違う感じに興奮している。
さっきまで抵抗していた両手がだらりとベッドの上に乗っている。
俺は彼女のズボンとパンツを一緒に下ろした。

彼女「やだ・・・やだよ・・・」

そしてM字開脚の状態にして彼女の両足を押さえて股間に顔を近づけた。

彼女「!!?ちょっと?!」

何をされるか気づいた彼女。
普段、クンニは嫌がって、あまりさせてくれないのだ。

彼女「絶対ダメ!!!ぜった・・・」

体を動かそうとするが、M字開脚の状態で足を押さえられているので思うようにならない。
そのままマンコを舐めた。

彼女「はあああぁっ・・・!!」

マンコを舌で吸ったり、ベロベロしたり、円を描くように舐めたりもした。

彼女「あっ・・・ああああっはああ・・・」

クリの方に舌を向かわせる。

彼女「あっ・・・。だめだめだめだめ・・・!」

必死に彼女は足を閉じようとするが、俺は無理やり顔を股の方に入れ、そのままクリを舌でレロレロ!

彼女「あああうう!・・・んあああっ!やああめっ・・・てっ・・・!」

今日一番の大きな声が出た。
しばらくクリを舐めていると彼女は、「マジで!!もうだめ!!」とぐいっと俺の顔を引き離してしまった。

彼女「ごめん・・・」

何が「ごめん」なのかわからないが、彼女はそう言った。
俺はそのまま勃起したモノを彼女のマンコにあてがった。

彼女「・・・はあ・・・はあ・・・まずいって・・・だめだよ、いけないって・・・」

でも彼女は俺のいきり立ったチンコをガン見w
そのまま正常位の形で挿入した。

彼女「!!!んんっ・・・!!んあはっ・・・」

奥まで入れたところで、「ふはあ・・・」と息を吐いた彼女。
俺はゆっくりとピストンを始めた。

彼女「やばい・・・やばい・・・あっ・・・ああん・・・」

ベッドのシーツをめちゃくちゃ強く掴んで、耐えている彼女。
もう俺は辛抱たまらなくなって、どんどんピストンを速めていった。
彼女の喘ぎ声の間隔も短くなっていく。

彼女「もうっもうっ・・・離れるのにっ・・・別れるんじゃっないのっ・・・んあっ」

なおさら興奮してしまう俺w

俺「イキそう」

彼女「ちょっ!?生でしょ・・・中っ・・・だめっ!!!外にしてっ、・・・あっあっあああ!!」

一気に射精感が来て、俺はチンコを抜いて彼女のお腹の方に出した。
ものすごい量が出た。
彼女も息が荒く、そのままベッドに横たわったまましばらく動かなかった。

彼女「・・・。しちゃった・・・。はあ・・・はあ・・・」

俺「ね♪」

彼女「『ね♪』じゃないでしょ!!」

俺「でも気持ちよさそうだったし」

彼女「バカ!!」

結局、彼女とのよりは戻りました。
しかし実際のところ、そこそこ遠距離な2人はマジで破局の危機だったわけで。
数年後、彼女と結婚した後でこの時のことを話したことがあったんだけど・・・。

彼女「あの時、別れなくて本当によかった」

俺「なんかエッチで繋ぎ止めた感じだよねw」

彼女「それは言わなくていい!」

って感じでした。
なんかちょっとレイプっぽくて、ものすごく興奮した出来事でした。