夏も終わって肌寒くなってくると秋を感じてくる。
秋と言ったら食欲の秋。
まあ年中ずっと食欲はあるのだが、この時期は特に色々と食べたくなってくる。
そこで休みの日に友人らで公園でバーベキューをしたりした。
男女の友達4人が中心となって、他にもそれぞれの友人を連れて来たりして、だんだん増えて総勢で10人くらいになった。
それでもすぐに仲良くなれるのがバーベキューの良いところ。
サツマイモやサンマなど、秋の食材を囲んでみんなで乾杯をした。

中にはお初の人もいる。
その中でも女友達が連れてきた、優子というスレンダーな女と気が合った。
つまらないジョークにも盛り上がれる、この空気感がまた楽しい。
優子は27歳の介護士。
普段は老人に囲まれているので、オレ達みたいな集まりは新鮮で楽しいらしい。

盛り上がってくると、だんだん10人は組に分かれていく。
完全に3分割になったのだが、オレは優子と一緒に公園の遊具で遊んでいた。
滑り台やブランコなど、童心に返って遊んでいた。
そして2人で向かったのは、モグラの巣のような空洞の遊具。
細長い凸凹の密室空間が全長7メートルくらい。
中で何通りにも道が分かれていて、大人でも楽しい。

夕方になると子供もいなくなって、オレと優子でその空洞に入った。
中に入ると外の音が何も聞こえない、まさに2人だけの空間である。
お酒が入っているオレと優子は、そんな空間の中でいけない雰囲気になった。
誰にも見えてないのを良いことに、オレ達はキスをしながらお互いの体を愛撫しあっていた。
優子の胸はちょっと大きめで、上着を脱がしたらいい感じの膨らみが現れた。
オレはその胸を優しく揉みながら、次第にブラジャーも外して乳首を吸った。

「はぁあん・・・!」

優子は可愛い顔をしてオレの愛撫に感じ始める。
子供用の空洞に優子のエッチな声が響いて、オレはもっと興奮したくなってしまった。
オレは優子のスカートを脱がしてパンティーに触れた。

「んん・・・ここはダメ・・・もう・・・」

恥ずかしそうな顔でオレを見つめながら恥部を押さえる優子。
しかし、その姿がまた可愛くて、オレは強引にパンティーを脱がしてしまう。
薄いブルーのパンティーに隠れていた優子のいやらしいアソコがオレの目の前にあった。
流れでオレは優子のクリトリスにしゃぶりついてクンニを始めた。

「あ、アァぁ・・・やぁぁん・・・」

優子の体がよじれて体の熱を上げていく。

「ダメ・・・あハァぁん・・・」

オレはひたすらクンニを続けた。
優子のアソコからエロい愛液が溢れてきて、遊具の中に流れ出す。
優子は遊具の中で横たわってしまい、完全にオレのクンニを味わっていた。

「はっぁ・・・!あ、あぁあ、もう・・・イキそう・・・」

体を震わせながら静かにクンニで絶頂に達しそうな優子。
オレの舌が優子のクリトリスを直接転がした瞬間、優子の腰がピクッとなった。

「ハァぁあ・・・!!あぁぁん・・・」

静かに体内を熱くしていた優子は激しい絶頂に達してしまった。
吐息も激しく、遊具の中でほぼ全裸状態の優子。
オレが隣に横たわってキスをしていると、優子はオレのムスコをしゃぶってきた。
オレのパンツを下げて、おもむろにムスコをペロペロ。
こんなところで可愛い優子にフェラされたら勃たないわけがない。
一気にそびえ立ったオレの肉棒が、優子のウェッティーな口の中で巧みに刺激されていく。
我慢汁が出てきて、遊具の中に優子の唾液音が響く。
もしも今、外から友人が入ってきたら誤魔化しようのないこの状況。
そんなことはお構いなしにオレ達は、子供がしてはいけないことを子供の遊具の中でしていた。
フェラなんて言葉を、今どきの子供はいつ知ることになるのだろう。
優子のフェラは優しいフェラだ。
介護士という仕事がそんな優しさを作るのか。
何にしてもオレはもうかなりの興奮度に達していた。

誰も来ないことを願いながらオレ達は合体作業にかかった。
オレの肉棒が優子のアソコに侵入していくと、すぐに愛液でヌルヌルになってしまう。
滑りやすくなったオレの肉棒は、そのまま勢いよくピストン運動に移行した。

「あ、アァぁ、アッぁぁん・・・!ハァぁん・・・!!」

優子の喘ぎが激しくなると、さすがに遊具の外に漏れるだろう。
しかしオレはお構いなしにピストンを続けた。
ギアを上げてさらに優子を気持ちよくしていく。
もう2人を止めることはできない。
合体してほんの5分くらいで、オレは優子の中に精子を飛び散らせた。

そっとみんなの所に帰ると、すでに半分の人間が寝ていた。
起きている仲間たちも泥酔状態で、回らない呂律で意味不明のトークをしていた。
オレと優子は顔を見合わせてほっと胸を撫でおろした。