5年前の夏休みのことです。
僕は高1でした。
細かいことは覚えていないのですが、その日は父も妹も出かけていていました。
すごく暑い日で、エアコンを効かせても汗が滲んできました。
母と2人、有り合わせのもので昼食を済ませ、カーペット敷きのリビングでゴロゴロしているうちに、僕はうとうとしてしてしまいました。

なんとなく目が覚めると、すでに辺りは薄暗く、目の前に母の顔がありました。
母もごろんと横になって、僕の寝顔を見ていたようです。

「寝ちゃった」

目を擦りながらそう言いました。

「夕立ちがすごいよ」

母が笑っています。

「そろそろ起きなさいよ」

「やだ、もう少し寝る」

「また夜中まで起きてうるさくするんでしょ。お父さんが怒ってたよ」

笑いながら母が僕のお腹の辺りをつついてきました。
母はシャワーを浴びたらしく、顔はすっぴんで、シャンプーの匂いがしていました。

「だったら起きて自分の部屋に行きなさい」

そう言って僕の脇腹をくすぐります。

「やめてよ、くすぐったいから」

母の手をはらいのけながら言いました。

「しつこいな~」

少し腹を立てたふりをして僕も母の脇腹を摘みました。

「げげっ、なんだこの肉」

「やめてよ。自分なんてガリガリのくせに」

そんなことを言い合いながら、お互いの体をつついたりくすぐったりしていました。
特に意識したつもりはなかったのですが、やはり母といえども女性だったので、じゃれあっているうちに興奮したのかもしれません。
気づくと股間が硬くなっていました。
でも、ふざけているだけですから、別に罪悪感はありませんでした。

ところが、弾みで母の手が僕の股間に触れました。
母はわざとらしく顔をしかめて、「やだ、変なの」と言いました。
僕は仕返しに母の胸をつついて、「なんだよ、自分だってぷよぷよのくせに」と言い返しました。
そしたら、いきなり母が泣き出しました。
最初は僕が悪口を言ったからだと思ったのですが、違ったようです。
なんで泣いているのかは聞けません。
僕は自然と無言のまま母の背中を擦っていました。

「ありがとう」

母はそう言うと僕にそっと抱きついてきました。
しばらくそんな恰好のままいたのですが、自然な形で母の手が僕の股間を擦ってきました。
もちろん気持ちいい感触です。
母は無言です。

しばらくするとさらに気持ちよくなってきてしまったので、「お母さん」と声に出しました。
母は無言のまま、少し自分の腰を引く感じで、何かもぞもぞしていました。
それが終わると、また僕の股間を触ります。
そして今度はトランクスの前開きの部分から手を入れて、僕のちんちんを掴みました。
思わず、「あ」と声が出ました。

母の手はそのまま硬くなった僕のちんちんを前の部分から引っ張り出しました。
僕は何も言えず、されるままになっていました。
母は指で掴んだちんちんを自分の方に引き寄せ、自分でも腰を押しつけてきました。
そのとき、ちんちんの先にじゃりっとした感触が当たったので、母のあそこの毛だとわかりました。
めちゃくちゃ心臓がドキドキして、吐きそうでした。

2人とも横向きになったままです。
母が摘んだちんちんを自分の股間に擦りつけるようにすると、ぬるっとした所にはまりました。
母の左足は僕の腰の上に乗っていました。
母の指にぐいっと引っ張られると、ちんちんがにゅるにゅるっという感じで温かいところに入りました。
まだ経験のない僕でも、母のあそこにちんちんが入ったのだとわかりました。
ものすごい興奮と緊張ですが、僕は「あ」としか言えません。
母は小さく、「うっ、うっ」と息をしています。
僕はすぐに我慢ができなくなりました。
母にそれを言ったほうがいいのか迷いましたが、もう間に合わないと思いました。
僕は、「あっ、あっ」と言いながら母の中で射精をしてしまいました。

母が僕の髪を擦ってくれたので、僕も母の髪を撫でました。
汗をかいたのか、母の髪はしっとりしていました。
母の背中を擦ると、薄っすらと浮いた汗がひんやりしていました。
僕の耳元で母の荒い呼吸が聞こえていました。