当時、僕は思春期で、ようやく女性というものに興味が湧いてくる年齢でした。
友達とエロ本を貸し借りしてオナニーをしていました。

ちょうどその時、家庭は裕福ではなかったので、古い借家に住んでいて、同じような借家が連なっていました。
その2軒隣に新婚さんが住んでいました。
子供はまだ赤ちゃんで、夜中に泣き声が聞こえていて生活も大変そうでした。
よく奥さんが赤ちゃんを連れて散歩していて、あいさつ程度だったのが、そのうちに勉強を教えてくれるということになって、ちょくちょくお邪魔するようになりました。
中学程度の勉強ですが、奥さんは割といい大学を出ていて、今は教員試験の勉強をしています。
2回ほど落ちているとのことですが、「中学生の勉強を教えるのは私にとっても役に立つから」と教えてもらってました。

僕は子供が好きで、赤ちゃんをあやしたり抱っこしたりして、奥さんが勉強している間の2時間くらいテレビを観ながら面倒を見ていたりしたものです。
でも最初は勉強を教えてもらうことが目的だったのですが、次第に赤ちゃんの面倒を見るのが目的になってきて、僕の母親もたまに来ていました。
自然と家族ぐるみに付き合いになってきていました。

奥さんは小柄で可愛い感じで、いつもエプロンをつけています。
名前は翔子と言いました。

ある日、いつものようにお邪魔して赤ちゃんの世話をしていると大泣きしました。
あやしてもなかなか泣きやみませんでした。

「翔子さん、泣きやまないよ」

「たぶんお腹が空いてるんじゃないかしら」

僕は母乳をあげるものだと思っていたので、気を遣って帰ろうとしたのですが、それを察したのか、「粉ミルクだから大丈夫よ、そのままでいいのよ」と言ってくれました。
翔子さんの笑顔は最高でした。

(こんな先生がいたら毎日学校も楽しいのに)

そう思うくらい可愛い奥さんでした。

「おっぱい飲ませるんじゃないの?」

「そうだけど、少しずつ粉ミルクにしないとね」

「そうなんだ」

「でも母乳がすごく出て困るの、飲んでみる?」

「えっ、直接?」

「ばか言わないの!エッチね」

普通、母乳をコップには移さないと思うけど、その時もそう思ってました。

「溜まっておっぱいがパンパンに張るの。だから今は巨乳よ」

僕はドキドキして返す言葉が出ませんでした。
顔が真っ赤になってたと思います。
それに奥さんは服の上からだけど、おっぱいを持ち上げたりするから、それだけで変な想像をしてしまって、やはり中学生にはかなり刺激が強かったです。
それに「おっぱい」って言葉は妙に頭に残るし。

「卓ちゃんは学校に好きな子いるの?」

「いや、別にいないし、モテないし・・・」

「女の子に興味はあるの?」

本当は「今はそれしか興味がない」と言いたかったけど、「いや、あの、え~・・・興味くらいははあるよ」と。
また顔が真っ赤になりました。

「それじゃあ、少し勉強してみる?」

「え、何の勉強?」

「もちろんこれよ」

これは夢かと思いました。
奥さんは自分のおっぱいを持ち上げてニコニコしながら、シャツのボタンを外し始めました。

「ちょ、ちょっと何してるの?」

「こっちに来てホックを外して」

むちゃくちゃ焦りました。
今起きていることが理解できませんた。
翔子さんは笑っていましたが、エロチックな感じではありませんでした。
なんかお姉さんみたいな感じで、その笑顔は爽やかでした。
でも体は正直で、僕の股間はフル勃起していました。

目の前に現れたのは、乳首が黒くて乳輪が大きな妊婦のおっぱいでした。
パンパンになっているのが僕にもわかるくらいです。
形もきれいで、それはエロ本でよく見る若い女性のおっぱいそのものでした。

「見て、張ってるでしょ?」

「う、うん・・・」

こんなに間近で生おっぱいを見るのは初めてでした。
柔らかそうで、肌はきれいで、吸い付きたい気持ちになりました。

「触ってみる?」

「え、ほ、ほんとに・・・いいの?」

「触りたいんでしょ?」

「うん」

中学生の僕には刺激が強すぎて股間はパンパンでした。
恐る恐るおっぱいに触れてみると、柔らかくて弾力があって、しかもとっても温かいんです。
もう撲のペニスは破裂しそうでした。

「もしかして、ここが大きくなってるんじゃないの?」

翔子さんは僕の股間を触ると、そのまま擦ってくれました。

「やっぱりね、でも割りかし大きいわね」

「そ、そうかな・・・」

「マスターベーションはしてるの?」

「え、いや、その・・・まあ、たまに・・・」

顔から火が出るくらい答えづらい質問でした。
翔子さんのおっぱいを軽く触っていると、だんだん母乳が乳首から滲んできました。

「もっと強く揉んでみて」

少し手に力を入れると、凄い勢いで母乳が飛んできました。

「あっ、かかちゃった」

「ごめんなさいね、ティッシュで拭いて」

ティッシュを渡されて拭いていると・・・。

「ねえ、飲んでみる?」

「は・・・?」

「だから飲んでみる?」

「え、どうやって飲めばいいの?」

「おっぱいを吸うの」

本当に夢かと思うくらい衝撃的な言葉でした。

「赤ちゃんの時、お母さんのおっぱい飲んだでしょ?」

「そんなこと覚えてないよ」

「照れなくていいのよ。私も母乳を出したいから」

顔が真っ赤になるのを通り越して、もう変になりそうでした。

「きっと甘いわよ~」

もうペニスはギンギンで痛いくらいでした。
それもこの日はジャージだったので、もっこりと膨らんでいるのがはっきりとわかります。

「元気ね、見てもいい?」

「は、え、見るの?」

「嫌?私もおっぱい見せてるのに?」

翔子さんがちょっといじわるそうに言いました。
僕はその頃は性欲が有り余っていて、1日に3回する時もありました。
おっぱいを触りながら恐る恐るに口を近づけて、おっぱいを吸ってみました。

「味しないよ」

「もっと強く吸って」

なんだか翔子さんは気持ちよさそうでした。
さらに強く吸うと・・・。

「あ~ん、そう、強くね、あ~、出てる~」

翔子さんは半分喘ぎ声になってました。
経験のない僕にも、それが喘ぎ声だってはっきりわかりました。

「すごい張ってる、パンパンだね」

そのまま翔子さんは僕のジャージに手をかけて下ろすと・・・。

「わ~、真っ赤、すごいわ~」

翔子さんはペニスを掴み、シコシコと上下に動かし始めました。

「あっ、だめだよ、翔子さん、で、出る、出そうっ」

僕は止めることもできず、そのまま勢いよく射精してしまいました。

「わあ~、おっぱいにいっぱいかかちゃった~」

僕は恥ずかしさでいっぱいで、でもこんな快感は初めてで、何を言っていいのか分かりませんでした。

「すっきりした?」

「・・・う、うん」

翔子さんは綺麗にティッシュで拭いてくれた後、またペニスを握り、シコシコとしごき始めて、みるみるうちにまたギンギンになりました。

「若いからやっぱり元気ね。大きさも中学生にしては合格よ」

「いや、その・・・」

撲は正直に言いました。

「ま、まだしたこないんだ・・・」

「え~、それって、やらせろってこと?」

「いや、そんなつもりじゃ~」

「私とセックスしたいの?」

「うん、ま~・・・」

「どうしようかな~、でも旦那いるしな~」

そう言いながらも翔子さんの手はペニスをシコシコし続けています。

「でも私が挑発したから、こんなに大きくなったんだよね?」

そう言うと僕の股間に顔を埋めて、ギンギンのペニスを口に含みました。
初めてのフェラチオでした。
温かい舌の感じがすごく気持ちよくて、翔子さんのフェラチオはねっとりとしていて、ペニスを舌で包み込むようにカリの部分から丁寧に舐めてくれました。
翔子さんはが僕の手をとっておっぱいに導いたので、ゆっくりと揉みあげると、翔子さんの体がピクンと反応しました。

「大きくて美味しい」

「あ~、僕も気持ちいいです」

おっぱいを触っていると翔子さんの乳首が硬くなるのがわかりました。
それが僕の興奮を倍増させました。
たまに当たる翔子さんの歯が心地よくて、僕はもうイキそうでした。

「あ~、またイキそう」

翔子さんのフェラチオのスピードが加速しました。

「ああああ、イクっ、イクっ、ああああ~っ」

僕は翔子さんの口の中でまた射精してしまいました。
力が抜けました。
翔子さんはティッシュに精子を吐き出すと、「こんなに出たよ」と言って、僕にそれを見せました。
初めて女性にフェラチオをされたことが、まだ信じられない気分でした。

「気持ちよかった?」

「う、うん、すごくよかった」

動こうとしたけど力が入りませんでした。

「これで満足?」

「いや、満足だけど・・・」

「見たいんでしょ?」

「え、どこを?」

「ここよ」

翔子さんは服の上からおまんこ辺りを指差しました。
そしてスカートを脱ぎ、パンティも脱ぐと、毛深いアソコが現れました。
翔子さんははそのまま僕の顔に乗ってきて、いわゆる69の形になりました。
僕の目の前にはおまんこが。
翔子さんがまたフェラチオを始めました。
出産後は全く陰毛の手入れをしていないらしく、おまんこは毛がいっぱいでしたが、掻き分けてヌルヌルのおまんこに指を入れてみました。
濡れていたので簡単に指が入りました。

「あ~ん、あ~ん」

奥へ指を入れるたびに翔子さんが喘ぎました。
中もヌルヌルで、指が締め付けられる感覚がありました。
だんだん込み上げてくる感覚に襲われ、間もなく翔子さんの口の中で射精してしまいました。
もう指を動かす力もなく、僕は大の字で寝転んでいました。

それからも週に3回くらい勉強を教えてもらって、行くたびに翔子さんはフェラチオをしてくれました。
でも結局、最後まですることはありませんでした。
気の弱い僕は、なかなか自分からセックスさせて欲しいと言い出せなくて・・・。

それから1年くらいして翔子さんは引っ越していきました。
隣の町に家を建てたみたいです。
また僕はオナニーの日々が始まりました。
いつも翔子さんのことを思いながらオナニーしました。