彼女「背中流してあげる」

彼女がボディーソープを手で泡立て、そのまま素手で洗ってくれた。
彼女の優しい手つきで背中を洗ってもらう。
背中を洗い終わると前に来て・・・。

彼女「おっきい。すごい」

私「何がすごいの?」

彼女「え?やん、ここが立ってるの」

私「ここってどこ?言ってみて?」

彼女「ここよ、もう言わせないで、恥ずかしいわ」

ボディーソープを泡立て、おちんちんをエロく優しく擦ってくれる。
私は振り返り、彼女とキスをした。
少しずつ舌を絡ませてディープキスに。
キスしながらも彼女はおちんちんをコスコスしてくれた。

彼女「◯◯さんのおちんちん」

恥ずかしそうに言う彼女が可愛らしく感じた。
私は彼女のバスタオルを剥ぎ取り、ボディーソープを泡立て彼女を洗う。

彼女「恥ずかしい、ああっ」

浴室に響く彼女の喘ぎ声。

私「声出したらお子さんが来るよ」

彼女「はっ!!だ、ダメ」

慌てて口をつぐむ彼女。
優しい軽いタッチで胸をいやらしく撫でながら洗う。
すぐに乳首が立ってきた。
軽く弾いたり、軽く摘んでみたり。

彼女「んん、あんっ、だ、だめっ、んんっ。意地悪っ、声出ちゃうよ、あぁん」

声を我慢している彼女をよそに乳首責めを続ける。
そしてだんだんと下の方にも手を伸ばす。

彼女「あんっ、んっ、んんっ」

彼女は身をよじりながら感じてる。
シコシコしている彼女の手にも力が入る。

私「ダメだよ、そんなにしちゃ・・・。イッちゃうから」

彼女のオマンコを弄るとすでにヌレヌレだった。

彼女「あんんっ、は、恥ずかしいっ」

お風呂場にクチュクチュ響くいやらしい音。
クリトリスには触らずに、あえて周りを責める。

彼女「あぁん、意地悪ぅ・・・ねぇ触ってぇ」

私「ん?どこを?」

彼女「もう、エッチぃっ、恥ずかしいわ、言わせないで」

私「ほら、ちゃんとお願いしてごらん」

彼女「言わないっ。あぁぁん、お願いっ、クリちゃん触って」

私が核心を触るとすぐビクビクと身体を震わせる。

彼女「も、もうダメ、我慢できないっ、い、入れて、お願いっ」

彼女自ら、握っていたおちんちんをヌレヌレのオマンコにあてがってきた。

彼女「久しぶりなの、あんっ、早くっ」

ついにひとつになった。
立ったまま、私が膝を曲げた姿勢だ。
少し動かしたところで彼女は体をビクビクっと震わせた。
そのまま彼女の両腕を自分の首に回し、膝を抱かえて駅弁スタイルをとった。

彼女「あぁっ、怖いっ、あぁっ、奥まで当たるぅ~っ」

私「気持ちいい?ほらっ」

下から腰を突き上げた。
程なくしてまた彼女がビクビクと身体を震わせた。
今度はハッキリと。
それでも止めずに彼女に何度も打ち込む。
彼女ははっきりとわかるくらいにビクビクさせて首を横に振った。

彼女「イク。もっ、ダメダメっ、あんっ熱っ、イクのっ、またイクっ、イッちゃう!」

ビクビクと身体を震わせ、自らも腰を振る。
感じやすい体質なのか、ラブジュースもたくさん出て、私の足にまで垂れている。
グチュグチュといやらしい音がお風呂場に響く。
私もイキそうになってきた。

彼女「だ、ダメ、もっとぉっ」

私「もうイキそうだよ」

彼女「あぁん、いいよ、そのまま中に出してぇ」

私「いいのか?」

彼女「大丈夫っ、ぁっ、あん、あん」

私「声が大きいよ」

彼女「いやっ、ダメっ、感じるの、んっ、一緒にいこっ、私、またイクっ」

私「ほら、イクよ、イクよ」

彼女「イク!」

そのまま彼女の中に放出した。
久しぶりのセックスだったようで、すごく感じたらしい。
放心状態な感じだった。
2人とも汗だくだった。
浴槽の縁に座り、ゆっくりとキスをした。

彼女「素敵なおちんちん。あなたの奥さんはいつもこれを入れられてるんだ」

私「いや、うちレスだから」

彼女「うちもよ」

私「え?そんなに綺麗なのに?俺だったら毎日したいよ」

彼女「もう、上手ね」

私「いや、ほんとだよ」

彼女「旦那より大っきいし上手いし、すごく気持ちよかった」

そう言うと私をおちんちんを見た。

私「私のでベタベタになってる。可愛い、ちっちゃくなってる。さっきとは大違いね」

彼女は私の両足を開かせ、前に座る。
そしてエロく舐めだした。
ジュボジュボと音を立ててのフェラ。
普段ならイッてすぐには勃起しないのに、珍しく大きくなってきた。

彼女「また大きくなってきたよ。まだまだイケそうね」

浴室に響くいやらしい言葉とフェラ音。

彼女「ねぇ、もう入れたいの、いい?」

私の返事も聞かず、背を向けると私の上に座り、そのまま腰を下ろしてきた。

彼女「あぁっ、いいっ」

彼女はゆっくり上下したり前後したり。

彼女「ねぇ、バックで突いて」

そう言ってバックスタイルになった。
浴槽の縁を掴んでお尻を突き出す格好だ。

彼女「うん、そう、これいいっ!奥まで入る!」

夢中になって突きまくった。

彼女「あっ、あん、奥まで当たるっ!こんなの初めてぇ、ああっ!」

私はさっきイッたからしばらくはイカない。
彼女の手を引っ張り、さらに突く。

彼女「さっきイッたのにいっ、いいっ、イクっ。もうダメ、ダメっ」

さらに打ち込む。

彼女「これいいっ、あっ、当たるっ、ダメダメっ」

首を横に振りながらも感じている彼女。

彼女「もうダメ、力が入んない」

膝から崩れ落ちそうな彼女のお尻を平手打ちしてやった。

ピシッ!!

彼女「あぁっ、だ、だめぇ~っ」

首を振りつつも感じている。
ピシッと叩くたびに愛液が溢れてくる感じがした。

彼女「も、もっとして!いいのっ!それ好きっ!」

打ち込みながらお尻を平手打ち。

彼女「いいっ、イッて、早くぅっ、おかしくなるぅ」

なかなかイカない私。

彼女「こんなの初めて、もうダメっ」

ついに膝が折れて、彼女はその場にへたりこんだ。

彼女「もう、◯◯さんったら激しすぎ」

彼女は自分の愛液でベタベタのおちんちんをしゃぶってくれた。

彼女「私だけのおちんちんにして」

私「うん、わかったよ」

彼女「約束ね」

彼女の手コキとフェラを受けた。

私「もう1回入れたい。いい?」

彼女「私、壊れちゃいそう。でもして」

再び駅弁スタイルで繋がり、程なくして彼女の中に放出した。

その日はそれで終わったが、彼女との関係はまだまだ続きそうだ。