すまん、ちょっと混乱してるからまともな文章を書けなかったらごめん。

大晦日から正月にかけて姉ちゃんに夜這いをして犯した。
いわゆるレイプだ。
普段から無防備で、風呂上がりなんかバスタオル1枚でうろついてるから、屈んだ時にオッパイの谷間はもちろんのこと、アナルやマンコまで見えることもよくある。
顔は美人だと思う。

いくら姉弟だからって、そんな女が家の中にいたら我慢出来なくなっても当然だと思わないか?

俺は我慢出来なくなった。
で、最初に書いた通り、去年の大晦日から今年の正月にかけてレイプしたんだ。

年が明ける直前くらいの時間に姉ちゃんの部屋に忍びこんでベッドに潜り込んだ。
熟睡してる姉ちゃんは気付かない。
最初から犯すつもりで来てるから俺は全裸。
ベッドの中でシャツ越しに姉ちゃんの胸を揉み、パンツの上からマンコを愛撫。
姉ちゃんの息遣いが荒くなり、パンツもグッショリ濡れたところで中に手を入れて指を挿入。
姉ちゃんは寝てるのに腰をくねらせたり跳ねさせたりして感じてるみたいだった。
しばらくして姉ちゃんが腰を浮かせて硬直。
すぐに腰は下りたけど、一転してぐったりと力が抜けたような状態。

パンツの股の部分を横にずらして、糸を引くほどに濡れたマンコへチンポを挿入。
狭くてキツキツな穴を無理やり広げながらチンポを先へと進める。
ついに根元まで入り、腰が密着する。
腰を回してグリグリと奥を刺激すると、マンコが吸い付くようにキュウっと締まった。

「姉ちゃん、姉ちゃん」

無意識に俺は何度も「姉ちゃん」と呼びかけてた。
そのせいで姉ちゃんが目を覚ました。

「ん・・・あれ?◯◯ちゃん?え!?何してんの!?」

「あ、姉ちゃん起きた?わかる?姉ちゃんのマンコに俺のチンポ入ってんだよ」

「ちょっと!やめて!早く抜いて!」

「無理、姉ちゃんが悪いんだ。いつもいつもオッパイやマンコやアナルを見せつけてきて我慢出来るわけないだろ!」

「何言ってんの?!そんな事してない!」

「無意識なんだよ!家族だからってガードが緩すぎだろ!とにかく今日は姉ちゃんを犯すつもりで来てるから」

「やめて!私が悪かったなら謝るから!だから抜いて!」

「嫌だね!たっぷり犯して中出ししまくってやる!」

「嫌だー!」

嫌がる姉ちゃんをがっちり押さえ込んで激しく腰を振った。
泣いてたけど無視。
宣言通り奥へとたっぷり中出しした後、まだ硬いままのチンポを一旦抜いて、姉ちゃんをうつ伏せにさせてから腰を引き寄せて今度はバックで犯した。
親指に唾をつけて尻肉を鷲掴みにしながらアナルに親指を挿入。
マンコとアナルの両方同時に挿入されて、姉ちゃんがまた抵抗しだした。
もちろん逃がさないけどね。
バックでも中出し決めて、抵抗する気がなくなったのか大人しくなった姉ちゃんの体勢を変える。
再び正常位でチンポ挿入。
2回射精したのに、まだまだチンポは元気だった。
ベッドを軋ませながら激しく突き上げて3度目の中出し。
やっとチンポが硬さを失って、膣圧で押し出される。
同時に姉ちゃんのマンコからは精子が大量に流れ出した。

「めっちゃエロいな」

そんな俺の呟きにも姉ちゃんは無反応。
壊れちゃったのかと心配になったけど、さすがに3度も中出しした後だから開き直って、姉ちゃんを抱き締めて寝た。

それから数日間は姉ちゃんはよそよそしかった。
だけど、だんだん姉ちゃんが今まで以上に身体を寄せてくるようになった。
俺が胸を揉んだりマンコを触ったりしても怒らない。

で、先日、夜中に寝苦しくて目が覚めたら、姉ちゃんが逆向きで俺に覆い被さってチンポを咥えてた。
目の前にはマン汁垂らすマンコが剥き出し状態。
アナルもヒクヒクさせてる。

「姉ちゃん?何してんの?」

「あ、起きた?◯◯に犯されてから彼氏とのエッチに満足出来なくなって別れたのよ。だから責任とってよね」

レイプで何度も中出しされたっていうのに、彼氏と別れて弟のチンポをしゃぶってるとか理解不能。
しかも責任取れとか訳がわからない。
まあ美人な姉ちゃんとセックス出来るのは嬉しいんだけどね。

この日は姉ちゃんが上に乗って、自分から腰を振ってくれた。

「姉ちゃん出そう」

「また中に出して!」

まさかの中出しおねだり。
遠慮なく中出しさせてもらったけど、出してる最中も腰を振られるから射精が止まらない。
ノンストップで5回も搾り取られた。
最後の方は腰がガクガクで動けなくなった。

「あの日の私の気持ち、わかった?今日は私が◯◯を犯すつもりで来たからね」

セックスが終わった後も姉ちゃんは俺に甘えまくりで、ずっと抱きついてきてキスして舌を絡めてくる。

「あんた達、最近急に仲良くなったね?」

姉ちゃんの俺に対する態度が変わったから両親も不思議に思ったらしく、疑うような目で見てくる。
いつか親にバレそうで怖い。