大学時代にOLや人妻など、大人の女性とばかり付き合ってきた私は完全に熟女好みです。

結婚して10年の妻は、5歳年上の40歳。
身長168cmの長身で、高校までバレーボールをしていて、セミロングが似合うお色気たっぷりな美形です。
40歳になった今は年相応ですが、付き合い始めた頃の28歳の妻は、あまりにも大人のお色気を漂わせた美人だったので、30代半ばに見えました。
そんなお色気美人と23歳の新入社員が付き合っているとは誰も思わず、婚約発表するまで交際がバレませんでした。

妻と付き合ったきっかけは、職場の飲み会が終わって一緒に帰るとき、半分冗談で口説いたことからでした。

「こんなお坊ちゃんに私を満足させられるのかしら?」

「じゃあ試してみますか?」

酔った勢いでラブホに行ったら、妻の裸は色白でボンッ!キュッ!ボン!
全体的にムチッとして、まるでセックスをするために存在してるようなエロい身体をしていて、見ただけで勃起が止まりませんでした。

私はこれまで付き合ってきたOLや人妻たちからも、ペニスの大きさには定評がありました。
約17cmの代物が、「ちょうどいいサイズの巨根」と言われて重宝されていました。
妻も私の勃起を見て、「あらやだ。ちょっと、いいんじゃな~い」と目を輝かせました。

妻はベッドで足をM字にして左手を後ろに着き、右手でオマンコをV字に拡げて、私にクンニを催促しました。
オマンコは中身はピンクでしたが、その周りのビラビラはほんのりと紫がかって、程よい使用感がありました。

クンニを終えると私のペニスにはコンドームが被せられ、騎乗位で跨がられました。
ただでさえエロい身体なのに、乳房を揺らして腰をクインクイン回して悶えられたら見ているだけでも射精したくなりました。
必死に頑張りましたが耐えきれず、僅か10分ほどで漏らしてしまいました。
でも休憩を挟んだ2回戦目は長持ちして、妻はとても喜びました。

この初セックスが妻に好評で、「あなたを私の生ディルドにしてあげるw」と言われ、お色気お姉さんの専用ペニスに認定されました。

デートは毎回セックス漬けで、妻に生理が来ると、「射精を我慢する訓練」と言われ、亀頭擦りと手コキをされながら射精を必死で堪えさせられました。
耐え切れずに漏らしてしまうと、椅子の肘掛けに手足を縛られて開脚状態で拘束されて、出なくなるまでペニスを弄られ続けるようになりました。
今でも妻が生理の時は拘束されてペニス弄りをされますが、あれって射精を我慢する訓練と言うよりも、寸止めされてハアハアする私を見て妻が楽しんでいるような気がします。
射精後に弄り続けられると悶絶します。
これ、かなり辛いです。
萎えることを許されず、二度三度と射精しては弄られて、おしっこを漏らしてしまったこともあります。

二度の出産を経て、妻のオマンコが変わってきました。
妻が感じて悶絶したらピストンを止め、そのまま思い切り密着させて奥まで挿し込んで激しく腰をくねらせると、亀頭がクポクポと何かに嵌っている感じがします。
出産前はなかった感覚ですが、もしかして子宮が下りてきているのでしょうか。
それは安全日に騎乗位で中出しするときによくある感覚で、私に跨がってイキまくる妻を見ていると、まるで私の生ディルドに跨がって妻がオナニーしているみたいに見えます。

40歳になった妻の身体はムチッと感が際立って、ますますエロさを増しています。
もし妻が熟女AVに出たら、顔も美形だし大人気は間違いなしだと思います。
私も妻の痴態を撮影したいのですが、妻はハメ撮りだけは絶対にさせてくれません。

40歳になった妻は身体だけでなく、エロさも増してきたように思います。
以前はセックスのお誘いは妻からと私からとが半々くらいでしたが、今は毎日のように妻からセックスに誘われるようになりました。
今夜も妻とセックスしてから寝ることになると思います。
そろそろ安全日なので、今夜私は仰向けになって、妻の騎乗位オナニー用生ディルドにされるかもしれません。