妻が出産後に急に亡くなった。
1年前のことだ。
小さな娘を抱えて男手で育てるには限度があった。
オレには頼る両親も兄弟もなく、葬儀のときに義理の母親(45歳)がしばらく一緒に住んで子供の面倒を見てくれると言ってくれたので、オレはそれに甘えた。

オレは33歳で、亡くなった妻は25歳だった。
義母は早くに旦那が亡くなり、その時は一人暮らしをしていて、住んでいたアパートを引き払って一緒に住むことになった。

最初はお互いに遠慮していた。
まだ45歳の義母はとても色気があった。
ぺったんこだった妻とは違いグラマーな人で、大きな胸と大きなお尻、程よくクビレたウエスト・・・。
気にしないようにと思えば思うほど、舐めるようにオレは見てしまっていた。
義母はまるで奥さんのように料理や家事をしてくれた。
料理を作る後ろ姿、特に包丁を使うときに揺れるお尻がたまらなくて、オレはこっそりと勃起させていた。

(あのお尻を鷲掴みにしてバックからぶち込みたい)

そんな妄想をしていた。

ある休日の前夜、義母とお酒を一緒に飲むことになり、義母はあまり飲めないのに妻の昔話や娘の普段のことなど楽しそうに語っていた。
義母は、「孫を立派に育てるという新たな生きがいが出来た」と、真剣な顔でオレを見つめながら言ってくれた。
でも、それが何を意味するか。

(オレに再婚はするなということだよね)

義母が側にいて、娘を育ててくれる。
安心だけど、今後の大人の事情の方は困る。
オレは酔った勢いで義母に聞いてみた。

「ずっとお義母さんが娘の側にいてくれるのなら、まるで夫婦みたいですよね?」

義母がハッとした顔をした。
すかさず義母の手を握って言った。

「オレはこのままお義母さんと一緒にいたいです」

「こんなおばあちゃんに何言ってるのよ」

「全然おばあちゃんなんかじゃないですよ。いつもお義母さんの料理する姿に興奮して勃起してしまうんです」

無言になった義母。
オレは立ち上がり、義母の目の前でパジャマを下ろして勃起したペニスを見せた。

「いつもこうなって苦しいんです」

「◯◯(妻)に悪いわよ」

「お義母さんがアイツの代わりに母親をしてくれるのなら、オレの妻になるってことでしょ?」

「それとこれとは・・・」

顔を背けるが、目は勃起したペニスから離れなかった。
妻が大好きだった自慢の巨根だから。
義母の手を取って握らせると、掴んだまま動かない。
腰を前後させて強制的に手コキに持ち込んだ。

「お義母さん、こっちの方も相手をしてくれないと、いつかお義母さんを犯してしまいます。だからオレの面倒もお願いしますよ」

半ば放心状態の義母の唇にペニスを触れさせると、カリが義母の口の中へ吸い込まれた。
生温かい粘膜の感触と、小気味良い舌の刺激をペニスに感じた。
妻が亡くなる前から溜まりに溜まった精子は義母の口へ射精された。
その熱さに義母もハッとした顔になった。
義理の息子にフェラをした自分に、そしてこれから義理の息子とセックスをしなければならなくなることに、不安と戸惑いが顔に出ていた。

オレは義母の口からペニスを抜き、そのまま押し倒した。
無抵抗だった。
ベージュの地味なパンツにはすでにシミが浮いていて、義母も興奮して濡れていることと、オレを受け入れる準備が出来てることを感じた。
下着を脱がし、ありったけの技でクンニをした。
義母も声を抑え切れず、いやらしく悶えながらイッてくれた。
オレは1回出したにも関わらず勃起したままだった。
そのまま正常位で挿入をして、ありったけのスピードで腰を振った。
しばらくぶりの生マンコの感触と、あの義母とセックスをしている興奮から、無我夢中で義母にペニスを打ち込んだ。
子宮口にガンガン当たる感触も、マンコから溢れた愛液が隠毛に絡みつく感触も、すべてが夢のように心地よかった。
オレはひたすら打ち込んで、義母の一番深い所に2度目の射精をした。
口をパクパクさせ、射精と同時に身体を震わせてイッた義母。
その口にはさっき出したばかりの精液がまだ残っていたが、構わずにキスをした。
ペニスを抜き、義母の秘穴から溢れ出る精液を眺めていると、義母がヨロヨロと四つん這いでティッシュを取りに行こうとしている。
そのお尻に再び勃起してしまい、義母のお尻を鷲掴みにして、念願だったバックからの挿入をした。

「まだするの?もうダメ、壊れちゃう」

義母の言葉を無視してバックから犯した。
四つん這いでぶら下がったオッパイを両手で持ち上げながら揉み、義母のお尻にベチベチと音を立てながら腰を振った。

「また中に出すから受け止めろ」

最高の気分だった。
3回目にも関わらず激しい射精だった。

「あっ、熱い・・・」

挿入したまま2人して倒れ込んだ。
抜け落ちるペニスと、音を立てて溢れてくる精液。
義母がオレのモノになった瞬間だった。

その夜から半年が過ぎたが、義母はいつでもオレの求めに応じてくれるようになった。
妻が亡くなって1年、このまま義母と結婚しようかなと考えている。