小5の頃のエッチな思い出です。

父の会社の慰安旅行で伊豆の温泉へ1泊2日で行きました。
両親が参加予定だったが、母が急用で行けなくなり、勿体ないから代わりに俺が参加することになったんです。
歴史好きだったので美術館や名所旧跡を見られたのは楽しかったです。

夕方にはホテルへ。
同い年くらいの参加者はおらず、退屈なので夕食の宴会を途中で抜け出し、父から貰ったお小遣いでホテルのゲームコーナーで遊んで、その後、浴衣で大浴場へ。
知らないおじさん達が7人いました。
洗い場で洗っていると、「こんばんわ~」と女性の声。
(ん?)と目をやると、白いスクール水着の女性が5人入ってきました。
スクール水着のお姉さんたちが、おじさんたちの背中を洗ったり、話をしたりしています。
不思議な光景に(なんだろう?)と思いましたが、関係ないやと石鹸を流してお湯に浸かってました。

すると1人のお姉さん(20代くらい)が俺のところに来て、「いくつ?お父さんは?」とか聞かれ、「5年生。宴会でお酒飲んでるよ」と返すと、「ここ、これから貸切になるからあっちのお風呂にいこ!」と隣のお風呂へ。
そこには誰もおらず、俺は打たせ湯、壺湯、ジェットバスとかで遊んでました。
そして、いつの間にか戻って来たお姉さんに体を洗ってもらいながらおしゃべり。
洗い方もお母さんがしてくれるのとは違って、小さなタオルに石鹸をつけて泡立たせてから俺を立たせて、自分は俺の正面にしゃがんで体中に泡を塗るように洗ってくれました。
恥ずかしかったのはちんこを指で弄られて勃起しちゃったこと。

「男の子はこうすると綺麗になるでしょ」って、お姉さんは笑ってました。

ちなみにお姉さんの名前はマイさん。
俺は、「どうして男湯にいるの?どうして水着を着てるの?」って聞きました。
確かそのときの返事は、「お仕事だからよ」だったと思います。
そのうちマイさんは、呼びに来た別のお姉さん(ミカさん)と一緒に大浴場へ行ってしまいました。

しばらくして脱衣所に行こうと浴場から出ると、通路に自分の脱衣籠と浴衣があり、大浴場に行くドアには鍵が掛かっていました。
何気に横の『従業員専用』と書いてある扉をガチャガチャしたらカギが開きました。
そこから抜けて興味本位に脱衣所へ行くと、「もうっ」「スケベっ」「変態っ」って声が浴場から聞こえてきて、ガラス越しに覗き見るとミカさん達3人が、水着を泡だらけにして、おじさん達4人を洗っているというか、遊んでいるみたいな感じでした。

「いや~ん」という声のする方を見ると、そこでは2人組のおじさんと水着のお姉さんが1人。
1人のおじさんがお姉さんを後ろから羽交い絞めにしてキス、もう1人が水着の上からお姉さんの胸を揉んだり、太ももを舐め回したりしています。

俺はマイさんが気になって見渡すと、大柄なおじさんに肩を抱かれて湯船に浸かってました。
湯あたりしたのか顔色が悪そうです。
しばらくするとおじさんがマイさんの手を引っ張ってお湯から出ました。
なんかマッチョな体型のおじさんで、床に弱々しくしゃがむマイさん。
するとおじさんはマイさんの正面に回ると両肩に手をやり、スクール水着を引き下ろして上半身裸にしたんです。
一瞬、マイさんの胸が見えたけど、すぐに両手で隠して、おじさんに何か言ってるようだけど聞こえません。
マイさんが這って逃げようとすると、おじさんはお尻に手をかけて、あっという間に水着を脱がして湯船に放り込みました。
気が付かなかったのですが、水着の下にはベージュのパンツを穿いていました。
マイさんはおじさんに引かれて今度はサウナへ。
見てたらだんだん俺は怖くなって一旦元の浴場に戻りましたが、エロさが勝ってもう一度覗きに行きました。

ミカさん達はおじさん達と入浴中、すでに水着は脱いでるようです。
先程のお姉さんもパンツ1枚にされていて、2人のおじさんにおっぱいを吸われたりキスされていました。

ザバッと音がしたので目をやると、桶を手にしたおじさんとずぶ濡れのマイさん。
マイさんはおじさんに頭から水風呂の水を浴びせられたようです。
パンツも穿いてなくて、片手でおじさんに掴まって、もう一方で胸と股間を隠しています。
するとおじさんはマイさんの太ももを抱え上げ、女児におしっこさせるようなポーズになり、両足をグイッと開かせると他のおじさんたちにマイさんのあそこを見せつけるように近寄っていきました。
俯くマイさんでしたが、この体勢では手で隠すこともできません。
他のおじさん達も手を止め、二ヤけながら眺めていました。
他のお姉さんたちは目を逸らしています。
マイさんのあそこは、母や叔母たちとは違って毛が少ないので、かなりはっきり見えていました。

別の大柄なおじさんは、パンツ1枚のお姉さんに何か呟いて、逃げようとするお姉さんを捕まえてパンツを太ももまでずり下ろしました。
すると、また別のおじさんが素早くパンツを足から引き抜き、湯船に投げ込んでしまいました。
その場で両手で顔を隠してしゃがみ込むお姉さん。
すると大柄なおじさんが、さっきマイさんにしたように抱え上げて、今度は洗い場の椅子にお尻を乗せて、鏡の前で両足首を掴んでガバッと大股開きに。
そのお姉さんは、「いや~っ、やめて~」と泣き出しました。
俺の位置からは反対なのであそこは見えませんでした。

一方でマイさんはおじさん2人におっぱいを吸われたり舐められたり、股間に顔をうずめられたりして、「いや~、やめて~」とか細い声で嫌がっていました。
マッチョなおじさんは泣いてるお姉さんを引き寄せてキスしながら、同時に両足を絡ませて大股開きにさせました。
お姉さんがあそこを手で隠そうとしても、別のおじさんが指で割れ目を開いて、それまでは毛があって見えなかった中の赤い部分まで見えました。

ふと脱衣所の時計を見ると、もう1時間以上が過ぎてました。
そろそろ宴会も終わる頃なので、通路に戻って浴衣を着て部屋に戻りました。
ずっと悶々としていて、マイさんやミカさんたちの裸を思い出すと、前が硬くなりました。