これは僕が中1のときの話です。
母は37歳でしたが、スタイルも良くて、近所でも評判の美人でした。
僕は1人っ子ですが、母は僕のことになると夢中で、風邪を引いて寝込んだりすると、一晩中寝ないで看病してくれるほどでした。
僕が生まれたとき、へその緒が喉に巻きついて死ぬところだったのだそうです。
そんなことがあって僕のことが余計に可愛いみたいなんです。

それまでは別に母のことを意識していなかったのですが、ちょうど僕が性欲に目覚めた頃のことです。
友達の家に遊びに行ったのですが、その時そいつの兄貴が持っている近親相姦のビデオを観てしまいました。
それから急に母を意識し始めてしまいました。
母親役の女優さんが母に似ていたからだと思います。
僕はその頃、すでにオナニーを覚えていましたが、それからはオナニーしていると母の顔が浮かぶようになってしまいました。

ところがある日のこと、僕は勃起したモノを母に見られてしまったのです。

「シュウちゃん、夏休みだからっていつまでも寝てちゃダメよ。さあ起きなさい」

朝、僕を起こしにきた母が威勢良く布団を剥いでしまったのです。
そのとき僕はパンツをずらして、母を思いながら勃起したモノを擦っていました。

「まあ!」

母は目を丸くして僕を見ていました。
驚いて何て言ったらいいか分からなかったのだと思います。
僕は恥ずかしくて、とっさに自分でも妙なことを言い出しました。

「お母さん、最近僕のこれ、朝起きると大きくなっているんだけど病気かな?」

すると母は、僕がまだ子供だと思って安心したらしく、にっこり笑いながら言いました。

「それは病気じゃないのよ。男の子は時期が来るとみんなそうなるの」

そこで終わりにすれば良かったのですが、僕は何も知らないような顔をしてさらに続けました。

「・・・でも、何か出そうなんだけど出なくて、すごく痛いんだ」

これは本当のことでした。
僕はオナニーしてもなかなか爆発しなかったんです。

「えっ?それは困ったわね。ちょっと見せてごらんなさい」

母はちょっと恥ずかしそうな顔をしましたが、心配して僕のそばに腰を下ろしました。

「変ねえ、普通は擦れば出るはず・・・」

そこまで言って母は慌てて口を閉じました。
やっぱり恥ずかしかったようです。
でも心配だったらしく、僕の勃起したモノを摘んで持ち上げたり、引っ張ったりしました。

「どういうふうにしてるの?こう?それともこんなふう?」

母は指で僕のモノのを握って擦ってきました。
自分の手とは違う母のスベスベした指がすごく気持ちよくて、僕はうっとりしてしまいました。

「・・・うん、そう。そうやって擦ったんだけど出ないんだ」

「でも、出そうにはなるのよね?・・・どう、痛い?」

母は緩急をつけて擦り始めました。
柔らかく揉むようにしたり、指で作った輪でカリの部分を擦ったりしながら僕の反応を確認しています。

「あっ・・・なんだか気持ちいいよ、お母さん・・・でも、やっぱり痛い・・・」

母親の愛情を利用するみたいで少し気が引けましたが、母がもっと色々やってくれそうな気がして僕は言いました。

「わかった。じゃあ痛くないようにしてみる」

すごくやさしい顔で母は言いました。
すると、母は僕の股間の上に覆い被さってきて、カプッと僕のモノを口に咥えたのです。
驚きましたが、すごく気持ち良かったです。
母がこんなことまでしてくれたことが嬉しかったです。
僕はだんだん図々しくなっていきました。

「お母さん、お尻を触ってもいい?」

「・・・触ったら出る?」

「うん、きっと出ると思う」

「じゃあ、いいわ」

母は立ち上がってスカートを捲ると、パンティをするすると下ろして足から抜き取り、僕の体を跨いで膝をつきました。
そして僕の顔の股間を押し付けながら、母は再び僕のモノをしゃぶり始めたのです。
目の前に、母のあそこが口を開けていました。
僕は母の大きなお尻を抱えるようにして触りまくりましたが、だんだん我慢できなくなってきて、グイと腰を引き寄せると、母のあそこにむしゃぶりついてしまいました。
母のねっとりしたあそこが僕の舌に絡みついてきます。
その間も母は、チュバチュバと音を立てて僕のモノをしゃぶり続けてくれました。
僕は頭の中が痺れるほど気持ち良よくて、すぐにでも出そうになってきました。
それでも我慢していると・・・。

「仕方がないわ・・・お父さんには黙っていてね・・・」

母は赤い顔をしてそう言うと、立ち上がって向きを変え、僕のモノのを手で押さえると、そこにお尻を下ろしてきたのです。
ヌルッと熱いものに触れたと思った次の瞬間、僕のモノはズブズブと母の中に飲み込まれていきました。
指とも口とも違う、柔らかくて熱い感触に包まれて、僕は思わず声を上げてしまいました。

「どう、これなら出そう?」

「うん、で、出そう」

母は僕の上で腰を上下に動かしたり、こねまわすように腰をグラインドさせてくれました。
とうとう僕は我慢できなくなって、母の中で爆発してしまいました。

「出たのね、よかった。お母さん安心したわ」

そう言いながら僕から下りた母。
その目は悪戯っぽく笑っていました。
そして母は僕の頭を叩くマネをしながら、こう言いました。

「悪い子ね、お母さんの気持ちを利用したでしょう」

最初から全部バレていたのです。

「ごめんなさい」と僕が謝ると・・・。

「でも、シュウちゃんの筆下ろしをしてあげられて良かったかも」

そう言って母はまたにっこりと笑いました。