お互い仕事が忙しくて、金曜の夜に妻と待ち合わせて食事をし、お酒も飲んで、久しぶりに歩いて帰ることにしました。
途中、公園を通ると、茂みの陰で数組のカップルがエッチしていました。
手を繋いでいた妻の手がキュッとなったので、妻を連れて茂みへ行き、キスをしました。
妻もご無沙汰なので舌を絡めてきました。
妻のスカートに手を入れると足を開いて触りやすくしてくれて、パンストとパンティを下ろしてマンコを触ると、もうグチョグチョでした。

俺「俺のもしゃぶってくれよ」

妻はチンポを取り出してしゃぶりだしました。

俺「お前、凄い興奮してるな。誰かに見られたらヤバいぞ!急いで帰るか?」

妻「見られてもいいわ。今したい」

私は妻のパンストとパンティを全部脱がし、手を伸ばしてマンコを弄りだしました。
立ったままフェラをさせてたので、妻は立ちバックのような体勢でお尻を突き出してました。
すると・・・妻のお尻の方に人影がありました。

俺「誰かがお前のマンコを見てるぞ」

妻「いいわよ。見せてあげる。それよりあなたのカチカチよ」

構わずに妻はしゃぶり続けてくれました。
妻のマンコを見てるやつに嫉妬を覚えて興奮してしまいました。

俺「じゃあお前のマンコ、もっと近くで見せちゃおうか」

人影の方へ移動してみると、若い男性がいました。
俺は妻のマンコを開いて見せて、手招きして近くに来てもらいました。
妻は人の気配を感じたて慌てましたが、頭を私が押さえてしゃぶらせながら、男性に妻のマンコを触らせました。
クチョクチョと音がしてきて妻は声が漏れだしました。

俺「舐めてもいいよ」

男性に言うとすぐにペロペロと舐め出しました。
異常な興奮状態でした。
妻のマンコを知らない男が舐めてることに。
そして、知らない男にマンコを舐められて感じている妻に嫉妬しました。
妻もかなりの興奮状態で、いつもよりしゃぶり方が激しくなってきました。

俺「本番はダメだけど、素股でチンポを擦るだけならいいよ」

そう言うと男性はズボンを脱ぎ、妻のマンコにチンポを擦り始めました。
妻も咥えられなくなり喘ぎだしました。
男性が動くとネチョネチョといやらしい音が鳴ってました。
男性が、「あっいいんですか?」と言うので見てみると、妻がチンポを握り、マンコの入り口で擦ってました。
しかも、すでにちょっと亀頭が入っていました。

俺「お前、亀頭が入ってるぞ!入れたいのか?」

妻「ダメ!入れちゃダメ」

我に返った妻はチンポから手を離しました。
男性はなぜかお礼を言って帰って行きました。

すぐに妻を連れて家へ帰りました。
帰るなり、いつもよりも濡れている妻のマンコに入れました。

俺「さっきは凄く興奮したよ」

妻「私もあんなに興奮したことないくらいだった」

俺「知らない男のチンポ入れたくなったんだもんな?欲しくなったの?」

妻「なった。あなたの舐めてて、あそこを舐められて、たまらなかったの・・あの人、素股って知らなかったんだね。いきなり動かれて私も感じちゃった」

俺「頭だけでしょ?」

妻「違うよ!いきなり入れてきたもん」

挿入されていたことが判明しました。

それから妻とするときは、その話をさせながらして、私は興奮しながら出していました。
妻と待ち合わせをして同じ公園を何度か通りましたが、そのときの男性には残念ながら会えていません。
もしも会えたら、今度はホテルで3Pをしようと妻と話しています。