大学4年の時、アホみたいにスロットをやってた。
知ってる人もいるかと思うが、4号機の北斗や吉宗の時代。
金太郎とかの爆裂機でハマり、そのまま狂ったように打ってたんだ。
内定が決まってた4年の夏前からは、もう朝から晩まで通い詰め。
新装やイベントの日は同級生達と早朝から並んだりして。
店の癖や友達からのお裾分けで、月50万以上も勝ったりしてたから本当に呆れる。

毎日、朝から晩まで行ってると、それなりに常連たちと顔馴染みにもなる。
その中に、タイル職人の兄ちゃんがいた。
仕事もしないでスロットにハマりまくり、給料のほとんどを注ぎ込んでたみたい。
隣で5万とかぶっこんでスッカラカンになる姿を見て、設定6であろう台を最後に譲ったのがきっかけで割と仲良く接するようになっていった。
しばらくは名前も知らなくて、「タイル屋の兄ちゃん」と呼んでた。
後になって『エイジ』っていう名前を知ることになったが、きっかけはエイジさんの彼女だった。

エイジさんも昔はヤンキーだったんだろうなって風貌だが、その彼女も同じ。
茶色の綺麗な長い髪に、いつもダボダボのジャージやスウェット姿で登場。
くっきり二重で目が大きくて鼻筋も通り、あんな格好さえしてなかったら相当モテると思う。
実際友達もみんな、「もったいねーな」と言ってたし。

エイジさんにぞっこんなのか、いつも大負けしてる彼を迎えに来る。
白いムートンみたいなのが張り巡らされた無駄にうるさいマフラーの軽で。

「エイジさん、下手したらヒモなんじゃね?」と言われてたくらい、周りからすると不思議な感じがした。

夏休みに帰省して戻って来た8月下旬頃、俺は北斗の設定6をツモって大量にメダルを積んでいた。
このまま行けば万枚いくなと内心大はしゃぎだった。
でも昼ちょっと前から来てたエイジさんは、18時頃には10万近く負けてたみたい。
コーヒーを奢ってあげたりして元気づけたりしてたけど、さすがに10万はヤバいでしょと。
で、「俺の台、ラスト2時間打ちますか?」って譲ってあげたわけ。
だけど、もう手持ちの金が1万もなくて、正直銀行にもないから無理だと。

「じゃー俺が2万貸しましょうか?」となったんだ。

エイジさんは、「いいよ、悪いよ」と何度も言っていたが、その目はランランだった。

相当に勝ってた時期だったこともあり、「勝った時に返してくれればいいから」と言って俺は2万貸した。
結局、その日は数万円だけ戻ってきたけど、やっぱり大負けだったみたい。
だから、「返すの、今度でいいかな?」って言ってきた。
でも次の日からのエイジさんを見ていると、2万は返ってこないだろうなって思えた。
爆裂機を打つ金もなくなり、ジャグラーなどを打っても負ける日々。
やがて金が尽きたのか、それから10日間くらい姿を見せなくなった。
足を洗ったかと思ったけども、また姿を現すと爆裂機を打ちまくってる。
仕事でもして稼いできたのかなと思ったが、俺への返済は「待ってくれ」と。

しばらくして突然、エイジさんから借金の申し出があった。
聞けばア◯ムみたいなとこで借りてたらしく、すぐに返済しないとヤバいと言う。

「3万でいいから助けてくれ!」

そう泣き付かれ、渋々貸してやった。

「これで借金は5万だよな!」と自覚はしてた。

エイジさんはその後、姿を見せなくなっては現れ、現れては爆裂機を打ちまくるの繰り返し。
そんな事が2ヶ月ほど続いた頃、またもや借金の申し出があった。
帰ろうとしていた俺を待っていたらしく、前回よりかなり切羽詰まった印象だった。

「今度は合計金額を紙に書いて借用書みたいなのを作るから。免許証のコピーも渡すから。頼む!この通り!」

土下座までしそうな勢いだった。
ファミレスに行って話を聞いてみると、借金の総額が50万を突破。
しかも最近はヤバい系の街金にまで手を出したらしく、さすがに焦りまくってた。
利息も凄いわけで、まずはそっちを綺麗にするので20万貸して欲しいと言う。

「それはちょっと・・・」と困ってしまったが、彼も相当必死な感じ。

頻繁に彼女からのメールが来てもそっちのけで、人目も気にせずファミレスで頭を下げまくる。
とうとう彼女から電話が来て、合流することになった。
彼女が来たら逃げられると思ったので、内心(早く来い、早く来い)って祈ってた。
でもやっと現れた彼女を前にしても頭を下げまくるエイジさん。
ついには彼女までもが、「お願いします!」とまで言い出す始末。

「アタシの免許証とかも渡すので」とまで言い出し、最悪の展開になっていった。

運良く、その1週間くらいで万枚を数回出して、60万くらいの金を手にしていた俺。
どうせギャンブルで勝った金だし、ということで2人にお金を貸すことになった。
もちろん一筆書いてもらって、2人の免許証のコピーも取った。
とりあえず手元にあった17万を渡し、残りの3万は明日ということにした。
金を手にしたエイジさんは彼女を置いて一目散に返済に向かった。

で、戻ってくるまでの1時間くらい、初めて彼女からプライベートな話を聞いた。
俺より1つ年下で名前を『エリナ』と言った。
知り合いや先輩が働いているスナックで働き、やはりエイジさんは現在、ほぼヒモ状態だという。
給料の全部をスロットに注ぎ込み、彼女にもお金を借りていると言っていた。
そんな彼氏なんて・・・と思ったけど、悲壮感とか怒りが全く感じられないわけ。
貢いでる自分に酔っているのか、はたまた他に理由があるのか分からないけど、『私はそれくらい好きだからいいの!』って感じがした。

「それにしても、さすがに闇金はヤバいっしょ?ちゃんと管理しなきゃダメでしょ」とは言っておいた。

親切心で言ったつもりだったけど、向こうはお節介と感じたのか、ちょっとムッとしてたんだが・・・。

喋ってみて改めて思ったけど、本当に可愛いのよ。
スッピンに近い薄いメイクで、これだけ可愛いのも珍しいなって思った。
肌も白くて超綺麗だったし、軽く生意気そうで強気な表情をするところも絶妙に可愛かった。
エイジさんには完全にデレだったから、振り幅の大きいツンデレ娘だった。
正直羨ましいと思ったし、なんであんな男と・・・とも思った。
まあ嫉妬だ。

お金を貸してから、エイジさんはパチンコ屋に来なくなった。
1週間後、1回目の返済予定だったので待っていたが一向に連絡がない。
痺れを切らして電話をしてみると、なんとパチンコ屋にいやがった。
問い質すと隣の市でスロットしてたのが判明。
ムカついてエリナに電話すると、逆に「1回遅れたくらいでうるさいな」的な態度。
1回だけ我慢しようと次の約束まで待った。

が・・・、エイジさんから「用意できなかった」という残念な報告があった。

キレた俺は実家に連絡すると伝えた。
そしたらエイジさんではなくエリナから電話があり、「もうちょっと待って欲しい」と言う。
可愛い子には弱い男の性で、今回だけ許すことにした。
せめて半分でもと思い、何度も何度も『大丈夫?』とメールをした。
『エリナの給料が出るから大丈夫』と言われ、やっと3週間目にして10万円の返済。
その2日後に5万円返してくれて、残りが10万となった。
それから1週間後に10万返ってきて完済。
聞いてみたら性懲りもなくまたスロットをやったらしく、運良く勝てたんだとか。

でもやっぱりダメな男はとことん駄目なんでだよね。
それから2週間くらいした頃、げっそりした顔でエイジさんが現れた。

「5万でいいからお願い」と言ってきた。

きっぱり断わったけど、また彼女を連れてきて2人に説得されました。
前回と同じ闇金に手を出して、「明日5万払わないとエリナが風俗に・・・」と言う。
さすがに呆れて、「それも仕方ないんじゃないっすか?」と言ってやった。
そしたらエリナがキレて俺に罵声を浴びせてきた。
ヤンキー丸出しの口調で、まるで自分の立場が分かってない。
ファミレスの客もドン引きするくらいだったから、俺はそのまま店を無言で出た。
するとエイジさんが走ってきて、必死に「頼む!」と追いすがる。
友達にも親にも借りて、もうアテがないと可哀想なくらい必死だった。

シカトして歩く俺の両肩に手を当てて、「エリナじゃダメか?」を意味不明なことを言ってきた。

「はぁ?」という俺に、「エリナを好きにしていいから」と必死な顔で言ってきやがった。

「5万でしょ?風俗に何回行けると思ってんの?」

と、相手にしない俺。

「じゃあ5回!いや、10回でもいい!」
「生で大丈夫だから!」
「ケツも使っていい!」
「じゃあ1ヶ月貸すから!」

どんだけ必死なんだよと思うくらいエイジさんは俺にすがりまくりだった。

「だってエリナさんの了解とってないでしょ?無理だと思いますけど」

さっき俺に罵声を浴びせてきた女なんだから、そりゃー無理だろって誰でも思うわな。

「大丈夫だって!俺が頼めば絶対に大丈夫だから!」

「そんなこと言って俺をハメようとしてるんでしょ?」

「んなわけないよ、お前しかいないんだって、マジで」

「友達にも貸りまくってるんじゃないの?」

「それもない、絶対にそんな事はしてない」

駅までの間、必死にすがられた。
結局、「1ヶ月間だったらいいよ」となり、「ここで待っててくれ」と言われた。

駅前のベンチで待つこと10分。
不貞腐れたエリナの手を引きながらエイジさんはやって来た。
明らかに俺を睨んでいるエリナと、ホッとしたような表情のエイジさん。

「大丈夫だって、な?大丈夫だよな?」

「マジで言ってんの?つーか5万で1ヶ月とかありえねーし」

「だから言ったろ?いつもの5万じゃなくて何十万の価値があるんだって」

そりゃあ闇金だから、返せなかったら1~2週間で最悪なことになる。
さて、エイジさんには「分かった」と言ったエリナだったが、俺には「てめー超最悪」と捨て台詞。
渡した5万を握り締めてエイジさんは猛ダッシュ。
俺とエリナはファミレスに戻り、車に乗ってラブホに行った。
終始ブツブツと文句を言い続けてたが、いざホテルに着くと緊張してたみたい。

「風俗でオヤジのチンコしゃぶるよりマシだろ」

この言葉で決心したみたいだった。
最後は大人しく部屋に入り、俺の言うままに風呂の用意もしてくれた。
でも顔は怒りに満ちてて、エロさなんて微塵もない。

エイジさんは1ヶ月とか言ったけど、いつ逃げるか分からない人なんで、俺はこの1回を存分に楽しもうと思ってた。
まずは怒り心頭の心を折ってやりたくて、凌辱系でいくことにした。

「今日は入れたりしないから心配しないでいいよ」

「ふんっ!」と不貞腐れ、目すら合わせてこない。

「とりあえずそこに座ってよ」

ブカブカのスウェット姿のまま、エリナをベッドの上に座らせた。

「そのままでいいからオナニーしてよ」

「えっ?」

「脱がないでいいから、手を入れてオナニーしてみて」

「何言ってんだよ、バカじゃねーの」

「うん、バカでも何でもいいからさ、オナニーでイッたら今日は帰るし」

エリナは顔を赤くして怒りまくってたけど、やらなきゃ終わらない。
10分くらいウダウダしてたけど、最終的にはベッドに横になってオナニーが始まった。
俺の方は見ないで天井を見たり目を閉じたりして、中に手を突っ込んで触ってる。

「本気でやらないと帰れないよ?」

「チッ」と舌打ちまでされたが、こんなに興奮するとは思わなかった。
怒りや恥ずかしさなど、あらゆる感情が顔に出ている。
俺はビールを飲みながら煙草を吸い、離れた椅子からオナニーを鑑賞してた。

「どう?濡れてきた?」

まじで怒った表情で睨まれ、そのままシカトされた。

「ちょっと指見せて?」

「ふざけんなよ!邪魔すんな!」

「いいから見せてみな?早く終わらせたいんだったら」

手を出そうとしないので強引に掴んで引っこ抜いた。
抜いた手を握り締めて指を見せようとしない様子を見て、(これは濡れてるな)と確信した。
だから強引に手の匂いを嗅いでやった。

「あぁークセー!しかも濡れまくりかよ」

「ちょっ!何言ってんだよ!濡れてねーよ!この変態野郎!」

「濡れてんじゃん、しかもドギツイ香りがする」

笑いながら指を開かせて濡れを確認。
俺の手を払い除けて起き上がろうとするから、またオナニーを再開するよう命令した。
エリナは俺に背中を向けて、壁に向かってオナニーを始めやがった。
数分間オナニーをさせてから、また指を見せろと要求した。
やっぱり見せないから、「あっそ、もういいよ」と帰る芝居をしてみた。

「素直に言うことを聞けばすぐ終わるのにな・・・」とか言いながら。

結局エリナが折れて、素直に指を見せてきた。
パンツで拭いてたのか濡れは確認できなかったけど、明らかに中指だけがしっとりしてた。
しかも第二関節くらいまでがしっとり。

「いつも指入れてオナニーしてんの?クリ派じゃねーんだ?」

諦めたエリナは何も言わなかった。
その表情を見てフル勃起したのを覚えてる。
そんでまたオナニーを続けさせたが、また数分後に俺は新たな命令をした。

「スウェットの下だけ脱いでよ」

「脱がなくていいって言ってたじゃん!」

「だっていつまで経っても終わんねーじゃん、早く帰りたいだろ?」

エリナは渋々下を脱ぎ始めた。
笑えたのはエリナの下着。
真っ黒のTバックは透けてる生地で妙にエロい。

(あんなダルダルのスウェットを着ててそんな下着かよ!)とツッコミたくなった。

パンツの中に手を入れて、足を伸ばして仰向けでオナるエリナ。
相変わらず天井とか横の壁を見たりして俺を1度も見てこない。
近寄って触っている場所に顔を近づけていくと、恥ずかしいのか身をよじって膝を立てる。
強引に足を伸ばさせて至近距離で見てやった。

「クチュクチュ鳴ってるなぁー」

「鳴ってねーよ!」

「じゃあ鳴らすようにやってよ」

「そんなのできねーよ!バカじゃねーの!」

「出来るだろ?もっと激しく動かせば鳴るじゃん、早くしろって」

最初の頃よりも従順になり始めたエリナは、ピチャピチャと音を鳴らしてくれた。

「彼氏でもない俺にオナニー見られて興奮してんの?」

「するか!バカ!もうあっち行けよ!」

「興奮してるからクチョクチョ鳴ってんだろ?気持ちいい?」

「ふざけんなよ・・・」

「『気持ちいい』って言わないの?」

「はいはい、気持ちいいです」

「どこが?」

「はぁ?」

「どこが気持ちいいのか聞いてんの」

いくら諦めてても、それは言えないって感じ。
でも言わせなきゃ、こっちも始まらない。
何回か聞いてもシカトされたので、「もうやめて帰ろうか?」と言ってやった。

「まんこ・・・」

「え、何?」

「まんこ!」

「オマンコじゃなくてマンコなんだ?」

「えっ・・・あ・・・」

「別にいいよ、マンコでもオマンコでもさ。で、何だっけ?」

「何が!」

「だから~、どこが気持ちいいのかって話だよ」

「だからぁ!マンコが気持ちいいです!」

「誰の?」

「チッ・・・エリナのマンコが気持ちいいです!」

色気も何もなかったけど、相当に心は折れたなと感じた。
顔を赤らめてたし、歯を食いしばって今にも泣きそうな表情もしてたし。

「エリナは彼氏以外の男の前でオナニーして気持ちいいんだぁー?変態さんだね~」

「てめーがしろって言ったんだろーが!」

「普通は言ってもしないけどね~、ほら、早くオナれば?恥ずかしくない?」

俺は身体の匂いを嗅いだり、顔の近くに寄ったりして遊んでた。

「あ、そうだ。イク時はちゃんと言ってね?嘘だったらすぐ分かるから」

とりあえず余裕をカマしながら言っておいた。
口を強くつぐんで手の動きが少し激しくなった頃、壁に向かって小さい声でエリナが・・・。

「イク・・・」

「俺のほう見て言えよ」

俺は腕を掴んでオナニーを中断させた。
でも遅かったらしく、もうイッちゃってたみたい。
快楽と動揺が入り混じった表情のエリナは、お腹をヘコヘコさせてた。

「んだよ、もうイッちゃったのか。じゃーもういいよ」

腕を離して俺はエリナの足を掴んだ。
一気に足を広げてやると、瞬間的に両手で股間を隠してくる。

「もう帰るから、最後にエリナのマンコ見せて?」

「嫌だ」「早く見せろ」「ふざけんな」「いいから早くしろよ」・・・そんな言い合い。
ついに折れたエリナは大股開きの体勢でパンツを横にズラした。

「あれ?パイパンじゃん」

エリナのアソコは綺麗なパイパンで、ビラビラもほとんどないサーモンピンク。
触り過ぎて少し赤くはなってるけど、明らかに美マンと言っていいレベルだった。

「ベチョベチョだなー。指で広げてみ?」

エリナは恥ずかしそうな顔をしながら、最後は俺を睨んで指で広げてくれた。
膣の入り口はピッタリ閉まっていて、あまり使い込まれた感じがしない。
でもクリトリスは明らかに勃起してて、プックリと顔を出していた。
広げさせて十分観察した後、「実は変態だったんだな」って言いながら手を離した。

帰りの車でも無言だったエリナは、駅前で俺を降ろすと急加速して消えていった。
30分くらいしてエイジさんからメールがあり、『どうだった?』と様子を尋ねてきた。

『今日はヤッてませんよ、マジで。今後のことを話したりしてましたから』

オナニーさせたとは言わなかった。
たぶんパンツを脱がせて確認とかしてたんだと思う。
エリナだって恥ずかしくて、オナニーして来たとか言えなかっただろうし。
とにかく挿入はしてないと分かったらしく、なぜかお礼を言われた。

<続く>