大学に行ってた時、友達に貸していたDVDを返してくれって言ったら、学会の発表の作業があってどうしても手が離せないからと、そいつのアパートの部屋のカギを渡してきた。
DVDだけ取りに行ってすぐカギを返そうと思い、アパートに直行してカギを開けてドアを開くと、部屋の中にとても慌てた風な中学生くらいの女の子がいた。
部屋を間違ったかと焦ったけれど、カギはアイツのものだったし、混乱していたら女の子の方が、「あの、ここって◯◯の部屋ですよね?」と聞いてきた。

俺「そうだけど、あんた誰?」

女の子「私、◯◯の家族ですが、そちらは?」

自分はそいつの友人で、ここに来た事情を説明すると、「お兄ちゃん、今日は帰って来れないんですか?」と途端に不安な様子になった。

俺「とりあえず今は忙しいらしいよ」

そう言うと困った風なので、どうしたのか聞くと、なんでも親と喧嘩をして彼女の兄である友人の家のカギを持って突然やって来たらしい。
友人に妹さんが来ていることを伝えるよと言うと、ようやく安心した顔になった。
早速貸していたDVDを探そうと、CDやDVDが置いてあるラックのある女の子の後ろを覗き込んだ。
すると女の子が慌てるので何かと思ったら、足元に不自然に友人のTシャツや服がグシャグシャになっていた。
よく見ると、その下に本がちょっとはみ出していて、その服のかたまりを足でどかすと、それは友人のエロマンガやエロ本だった。
どうやら部屋で待っている間、暇で見つけたエロ本を見ていたらしい。

その中の一冊を拾ってパラパラと捲って、「ふーん、こんなの見てたんだ?」と言って彼女を上目遣いに見ると、顔を下に向けて返事をしない。
しゃがんで顔を覗こうとすると逃げようとするので、両腕を掴んで無理やり顔を覗き込むと、真っ赤になって泣きそうな顔をしている。
なんというか、妙にいじめたくさせるような、そんな感じの可愛さに思えて興奮した。

自分から逃れようとイヤイヤする女の子に抱きついて、「ねぇ、エロ本見て興奮した?こういうの好きなんだ?」みたいなことを耳元で、わざと息を吹きかけるように言うと、「やだ、離して、ちょっと、ざけんなよ」とか必死に言っちゃっているのが、無理に強がっているようで可愛くて・・・。
そして、抱きついた時のちっちゃくて細い体の感触に興奮して、めちゃくちゃ勃起してしまった。
それを彼女に擦りつけながら言った。

「兄ちゃんに、『お前の妹、お前のエロ本を見て興奮してた』って言っちゃうよ」

「違うもん!」

そう言って振りほどこうと暴れるので、抱え上げて、涎でびしょびしょになるくらい耳を舐めてやって、耳の穴にも舌を突っ込んだ。
最初は「やー」とか「やめて」とか言っていたのが、だんだん「うー」とか「はぁ」とか言葉にならなくなって、女の子の身体から力が抜けてってた。

彼女を抱えたままベッドの近くまで移動して、ベッドに投げ出すように下ろして上から覆い被さった。
キスをしようとしたら顔を逸らして逃げるので、顎やほっぺをベトベトに舐めてやった。
抵抗する両手をバンザイの形で押さえつけ、片足を強引に彼女の足の間に割り込ませて、太ももでマンコを擦るように動かした。

「大丈夫、言わないから。ね。言わないから」

・・・みたいなことを繰り返しながら、空いた右手で彼女の服を捲り上げ、ブラを横にずらす。
ほんのわずかの膨らみ、そしてほとんど肌色に近い乳首と乳輪を見たらもう我慢できず、むしゃぶりついていた。
柔らかさより、中にしこりがあるような感触。
乳首に舌を強く押し当てるように舐めたり、強く吸っていたら「痛い」と言ったので、思い直して優しく舌で転がすと、気持ち身体が仰け反った。
気づけば太ももが熱い。
見てみると、彼女のジーンズのデニム地が濡れて、黒い染みが出来ていた。

「ねぇ、こんなに汚されちゃったよ、俺のジーンズ。見てよ」

彼女は目を閉じたまま。
また乳首を優しく、触れるか触れないかくらいで舐めて、右手を彼女の下半身に伸ばした。
中指と人差し指で下から持ち上げるようにぎゅっと押すと、ぶちゅっと潰れたような感触と音がして、パンツがヌルヌルと熱くなって、湿ってグチャグチャになっているのがわかった。
彼女はその瞬間ビクンっと仰け反り、「やぁぁ」と声を出した。
慌てて横にあったタオルケットの端っこを彼女の口に突っ込んで、そのまま夢中で指をパンティーの横から入れて、グチュグチュになったマンコの表面を指で掻き回すと、腰が面白いようにビクビク跳ねる。
硬くなったちっちゃい感触に指が当たると、身体をぐねぐねと動かす。
面白いのでクリトリスを重点的に責めると、くぐもった声で「うごぉぉ」とか言うので、もっと楽しくなってずっと続けた。
すると、だんだん俺の指の動きに合わせるように腰が前後に動くようになった。
その速度がだんだんあがってくる。

(イッちゃうのかな?)と思って、わざと手を離した。

すると彼女の腰がブリッジするみたいに持ち上がって、そのままヒクヒクさせながら、「うえぇぇぇぇぇえ」と非難めいたうめき声。
口からタオルケットを外して「どしたの?」と聞くと、「も、もうちょっとだったのに・・・」と涙目で恨めしそうに俺のことを見ている。

「あれ?やめて欲しいんじゃなかったの?」

意地悪に言うと顔を向こうに向けるので、無理やりこっちを向かせると半泣きで、さらに被虐心を煽られた。

「エロ本で興奮したって認める?そしたら続けてもいいよ」

微かに頷くので、「ちゃんと声に出して返事をしてよ」と言うと、小さな声で「はい」と言った。

「じゃあちゃんと、『興奮したので、もっとエッチなことしてください』ってお願いして」

そう言うと、俺の目を涙目で見ながら、「興奮したので、もっとエッチなことしてください」って、唇をぴょこぴょこさせて言う。
俺がガッチリ拘束していた手を離すと、彼女は仰向けになって、自由になった手で涙を拭いていた。
ちょっとやり過ぎちゃったかなと、今さら遅いけど感じて、彼女の顔を見た。
すると彼女は俺の方に自分から擦り寄ってきて、「ね、早く」と服を軽く引っ張ってきた。
こりゃたまらんと覆い被さった。

彼女は大人しく仰向けになったから、優しく服を脱がせた。
ブラは可愛いペラペラの布で、ワイヤーも入っていないソフトなものだった。
スカートの中から抜き取ったパンティーは、パンツというのに相応しい白地にブルーの細かいチェックの綿のやつで、股間の部分はベトベトに濡れていた。

ここで俺はあえて個人的な趣味で、上のみを脱がし、スカートと靴下はそのまま履かせたスタイルにした。
そっとスカートを捲り上げる。
この瞬間が好きなんだ。
ゆっくり捲くるものだから、彼女は足を交差させるようにモジモジして最後の抵抗をするように隠したので、捲り上げきった後、太ももの付け根に両手を置いて足を開くように促した。
ちょっと抵抗するように足が強張ったけれど、両手で軽く左右に開くように押すと、彼女は観念して足を開いた。
そこはまだ毛が生えかけで薄かった。
興奮して濃いピンク色になったちっちゃくて薄いビラから、太ももに糸を引いてヌルヌルした液を伝わせていた。
開いた瞬間、ふわっと独特のマンコ臭がして、指でむにっと開くと、ビラと大陰唇の間に白いマンカスがたまっていた。
自分のショルダーバッグからポケットティッシュを出して、マンカスを拭き取った。
彼女は鼻から息を漏らすように「ん、ん」と言い、足がビクビクと動いた。
綺麗になったマンコを舌で線をなぞるように舐めると、彼女は俺の頭を抱えて上半身が飛び起きるように跳ねた。

「何?今何したの?」

慌てる彼女を押し倒して、太ももを逃がさないように抱えると、今度はもっと強く舌で舐め上げた。
彼女は頭上の枕を掴んで喘いだ。
舐めながら乳首に手を伸ばして摘んで擦ると、「痛い」と言うのでマンコに集中して両手で両脇の大陰唇を開き、クリの部分を剥き出しにして舌でグルグルと舐めた。

「んにぃぃぃーーーーーーー!」

枕の下で叫びながら身体を硬直させて、マンコからどろっと透明な液を噴出すようにして彼女はイッたようだった。
ガクガクと小刻みに震える彼女の耳元に顔を寄せて、「イッた?気持ちよかった?」と聞くと、微かな声で「はい」と小さく答える。
そのまま、また手を伸ばしてクリを弄ると、身体を跳ね上げて嫌がり、俺の腕を両手で掴んでどかそうと必死になっているので、こちらも外されまいと力を入れて押さえて動かす。

「や。今もうだめ、ね、やめて」

力なく懇願する彼女。
俺は手を伸ばして、さっきのエロ本の1冊を取り、「ね、これのどのページで興奮したか教えないと、このまま続けちゃうよ」と言うと、「わからない。覚えていない」と言うので、親指と人差し指で捻るようにクリを摘むと、「女の人が無理やり、いっぱいの人にされてるやつ」と、今度は素直に答えてくれた。
そのページをパラパラと片手でめくって開き、「ふーん、こういうので興奮しちゃうんだ。すっごいスケベだね」と言うと黙ってしまった。

彼女にキスしようとのしかかると、今度はちゃんと逃げずに受け入れてくれたので、こじ開けるように舌を入れた。
瞬間、仰け反って逃げようとしたけど、すぐに彼女の舌が応えるように動いてくれて、俺はその舌を吸い込んで味わった。
そして口の中を舐め回した後、口の中に貯めた唾を彼女の口に流し込むと、飲み込んでくれた。
自分でやっておいて言うのもなんだが、これにはちょっと感動した。

「ねぇ、俺まだイッてないんだけど」

彼女はちょっと困ったように俺を見つめる。
ベルトを外し、ジーンズを脱ぐと俺も人のことは言えない。
カウパーだけでトランクスはベトベトになっていた。
彼女の手をチンコに沿わせ、握った手を上下に動かすように導いた。
もう興奮しまくりだったので、それだけで尻から背筋にゾゾゾっ快感が走った。
しかし、こんな事で出すは勿体ないと、すぐに手を離させた。
彼女の顔の上に跨がって「舐めて」と言うと、彼女は両手でそっと押さえながら舌を伸ばしてペロペロと舐めた。
それだけでも気持ち良かったが、もうイク感覚が近く感じて、俺は彼女の口にチンコをねじ込んだ。
苦しそうに眉間に皺を寄せて懸命に咥える顔を上から見下ろながら腰を動かすと、苦しそうにイヤイヤをする。
ちょっと歯に当たって痛かったので、口でイクのは諦めて、やっぱマンコでしょうと身体を下にずらした。
さっき舐めた時にも、(ちっちゃいなぁ)と感じたけれど、チンコを押し当てると、(本当に入るのか?)と思うほど小さい。
何度か筋に沿って上下に亀頭を押し当てると、それはそれで結構気持ち良くて、それは彼女も気持ちがいいらしく、小さく喘ぎながらしがみついてきた。
まずは、ヌルヌルになったマンコにチンコをチュルチュルと押し当てて、擬似正常位の体勢で擦った。
ちょっとその動きにひねりを入れたとき、チンコが彼女のマンコの真ん中を直撃した。

彼女が「痛い!」と飛び上がったのを抱き締めて、「ちょっとだけだから。終わったらまた舐めてあげるから、ちょっと我慢して」と、そのまま無理やり押し込んだ。

中は濡れていても凄くきつくて、処女とするのは初めてだったけど、(締りがいいと言っても、凄く気持ちいいってわけじゃないんだな)と、どこか冷静に考えていた。
いや、気持ちいいのは気持ちいいんだけれどね。

彼女の顔は苦悶していて、引き抜くときが一番気持ちいいようで、必死に喘ぎ声を押し殺して我慢していた。
一度、一番奥まで突き入れて、身体をちょっと離して見てみると、チンコの根元が2cmほど余っていて、全部入りきっていないことがわかった。
ほぼ無毛のその場所に自分の毛の生えた根元が肉を押し広げて入っていて、とてもいやらしく見えた。

(処女の綺麗な場所を俺が犯している)

そう思ったらもうたまらなくなり、彼女が痛がるのも構わず押さえつけて激しくピストンした。
そして(もう我慢できない!)と思った瞬間、引き抜いて彼女のお腹のぶちまけた。
今までに無い征服感と満足感、我慢の限界に気を失うかというくらいの快感で思わず洋モノ男優のような声が出た。
脳みそまで痺れるくらいだった。
量と勢いが凄くて、彼女の顎まで飛んで、彼女の下腹からスカートにどっぷりと濃い精液が溜まっていた。
俺は崩れそうになりながらも、最後の締めくくりとばかり彼女の顔の移動して、精液の雫が今にも垂れそうなチンコを彼女の口に押し当てて舐めさせた。
そこでまた小爆発して、ドプッと出てくるのがわかった。
根元を指でしごいて尿道の中の精液を彼女の口の中に垂らすと、苦しそうな表情で、ごくっと飲み干してくれた。

満足した俺は、ティッシュで精液を拭いてやり、マンコも拭いてやった。
お尻のほうを拭くと血が伝っているのがわかり、慌てて尻を上げさせると幸いなことにベッドカバーのシーツは黒で、残っているティッシュを全部濡らしてきて拭いて綺麗にした。

「無理やりしちゃってごめんね。凄く良かったよ」

彼女は俺の方を見たけれど、その表情はどう思っているか判らなかった。
俺はそそくさと部屋を出た。
俺は大学に戻り、どんな顔して友達に会うか迷ったけれど、「DVD貰ってきたぞ。んでカギ置いてきちゃったわ」と言うと、「お前、ふざけんなよ。どうやって部屋に入ればいいのさ?」と言うから、「なんか妹が来てたぞ」と言うと驚いて、携帯で慌てて自分の部屋に電話をした。
そぉっと研究室を出ようとすると、すぐに「ちょっと待った」と捕まった。
なるべく平静を装うよう努めた。
すると奴は電話を切って・・・。

「まったくこういう日に限って、あいつはいつも突然来るんだよなー。今夜はどうしても帰れないんだわ。悪いんだけど、お前、あいつを駅まで届けてくんねぇ?」

「いや、突然言われても・・・」

・・・と、もごもご言っていると、「ガキっつっても女だし、いや、お前を疑うわけじゃないんだけど」と友達も困っている様子。

(わりぃ、もうやっちゃった)

「悪いんだけど頼まれてくんねぇ?これでなんか食えって渡して欲しいんだ」

そう言って2千円を渡してきた。
研究室を出ようとした俺の背中に、「あいつ、まだ13歳の中坊だから変な気起こすなよ」と笑う。

「ばーか」と言いつつ心臓バクバクな俺。

結局、そいつの部屋に戻り、呼び鈴を鳴らすと、彼女はイタズラっぽく笑いながら迎え入れてくれた。
まさか13歳だとは・・・15歳くらいだと思っていたのに・・・。

彼女は兄の携帯に電話して、「1人は怖いから、今晩、このお兄さんにいて欲しいんだけれど」と言うと、奴も渋々了承。
それから1、2時間ごとに電話が来たが、ゲームの音をさせたりしながら応えていたので安心したようだ。
実際はやりまくっていたわけだけど(笑)

友達が帰ってくる翌日の昼前には、痕跡を残さないよう空気を入れ替え、ティッシュはビニール袋に入れて俺のショルダーバッグの中に。
おかげで奴にはバレずに済んだ。
ちなみに、彼女とは今も付き合っている。
つまんないオチですまん。