私は宏子、25歳の専業主婦です。
3年前に結婚しました。
主人は3歳年上で、義父と歯科院を自宅から離れた場所で経営しています。
結婚してすぐは主人が子供は欲しがりませんでした。
出来ないようにピルを使っていました。
でも昨年から作る気持ちになったみたいです。

ある日、主人と2人で渓流近くのオートキャンプ場にキャンピングカーをレンタルして2泊で行きました。
初めてのキャンプです。
私はズボン系は穿かないので、場違いかも知れないけど膝位の薄ブルーのスリットスカートにピンクのTシャツという格好でした。

昼前にキャンプ場に着くと、すでに数十個のテントが眼に映りました。
私達は寝泊まり用のテントは使用しないので一番端の場所へ車を停めました。
キャンピングカーには2人分のベッドにシャワー室、キッチンが付いてます。
トイレはキャンプ場のトイレを使用しなければなりませんでした。
着くと主人がキャンピングカーの横に雨よけ用のテントを張り、キャンプ用のテーブルとチェアーを準備してくれました。

キャンプ場の状況がわからないので、近くにテントを張っていた20代前半くらいの男性に色々と教えてもらいました。
彼は山中さん、21歳の社会人でした。
友達と3人でキャンプに来たそうです。
とても親切で優しい方です。
長身でイケメン、胸板も厚そうでした。
正直、私のタイプでした。
結婚しても好きなタイプの人を見ると気分が上がりますよね。
主人も、「感じのいい人だね」と言っていました。

夜になると、山中さん達はキャンプファイヤーをしてるようで楽しそうでした。
主人が、「仲間に入れてもらおうよ」と冷えたビールを持って話に行きました。
山中さん達は心良く受け入れてくれました。
主人と山中さんの間に私は座りました。
山中さんが友達を紹介してくれました。
鈴木さんと井上さん、2人とも会社の同僚だそうです。
私達夫婦も自己紹介をしました。
2つ隣の市だったので会話が弾みました。

主人はビールと山中さん達が持参したウィスキーも飲んだので、酔っ払って先に寝込んでしまいました。
山中さんが、「奥さんは強いですね」と。
私は、「ビールを飲んだだけだから」と言いました。
主人は山中さん達の2つ張ったテントの一つに寝かされました。

4人で飲みながら会話を続けてるとビールがなくなりました。
私が、「キャンピングカーの冷蔵庫にまだ入っているから取って来ますね」と言うと、山中さんに「大きなキャンピングカーですね?ビールを取りに行くついでに車内を見せて下さい」と言われ、「いいですよ」と返答しました。

山中さんと2人でキャンピングカーの中に入りました。
すると豹変したように私をベッドに押し倒しました。

「キャー!山中さん、何するの!」

山中さんは私の上に覆い被さり、「奥さんを一目見た時から好きになりました。美人だし、いい身体してるね」と言うとキスをしてきました。

「ダメよ!私には主人が」

「旦那なら酔っ払ってて起きないし、友達が見張ってるから大丈夫」

「主人を裏切るようなことはしないわ!」

「人妻ってみんな同じような言葉を言うけど、本当は他人とセックスしたい動物なんだよね」

山中さんが強引に口を割って舌を絡めてきました。
私も少し酔っていたせいか抵抗することなく舌を絡めてしまいました。
お互いの口の中を舐め合ったり唾液を吸っていました。
ディープキスをしながらTシャツとブラを捲し上げられ、胸を揉まれました。
手慣れた揉み方で気持ち良かったです。

「奥さん、もう乳首が立ってるよ」

乳首を指でコリコリされました。

「イヤ~ん、恥ずかしいこと言わないで、あ~ん」

「奥さん、感じてるね!いい表情してる」

山中さんは乳首を吸いながら片方を揉みます。
空いてる片手でパンティの上から擦りました。

「奥さん、パンティがヌレヌレだよ!我慢しないで声出しなよ!」

そう言われて私は弾けたように、「あ、あぁ~、いい~」と声を漏らしてしまいました。

パンティを脱がされ、顔を埋めてクンニされます。
片手は乳首を擦られています。
指を中に入れられて出し入れされました。
舌使いと指使いがすごく上手いんです。
的確に私の感じる部位を責めてきました。
自分でも愛液が溢れ出ているのがわかりました。

「あぁ~気持ちいい~あ、あぁ~いい~」

連続して喘ぎ声を出しました。
だんだん思考力がなくなってきました。
山中さんがTシャツを脱がせ、ブラのホックを手慣れた手つきで外して取り去りました。
スリットスカートは自分で脱いで私は全裸になりました。
山中さんも服を脱ぎました。
そこには見たことのない、テカテカと輝く巨大なモノが天を仰ぐように反り返っていました。
エラも巨大でした。
結婚前には何人かの男性と経験がありましたが、初めての大きさでした。
私は両手で触らされ、咥えさせられました。
苦しいながらも巨根に手を添えて口を前後に動かしました。
止め処なく涎が流れました。

「奥さん、そろそろ挿入してもいいかな?」

私は無言で頷きました。
正常位でゆっくりと入ってきました。

「あ、あ、あ~す、すご~いい、い~あぁ~ん」

リズミカルに中で動きます。
その度にグチョ、グチョと鳴ります。
私は喘ぎ声を出し続けました。
山中さんさんの動きが速くなりました。

「あぁ~凄くいい~。気持ちいい~。子宮が壊れちゃう~。イクイク、イッてもいい?あ~イクっ!」

「奥さん、僕もイクよ!」

山中さんさんは私から抜くと、床に大量に放出しました。
山中さんはすぐに回復して、今度は流し台の前に立たされてバックで挿入されました。
両胸を揉まれながら巨根が激しく動きました。
車内に音が鳴り響きました。
私はまたイカされました。

車中でのセックスを堪能し終えると、山中さんの友達が主人をテントからキャンピングカーに運び、ベッドに寝かせてくれました。

翌朝、起きた主人は、「少し頭が痛いけど、昨夜は楽しかったね」と言いました。
私は、「あなたが酔い潰れたから山中さん達がベッドまで運んでくれたのよ」と言いました。

キャンプから帰った後も、時間の都合さえ合えば車を走らせて山中さんの住む街へと出向き、身体を重ね合っています。