彼女が風俗嬢だった過去を告白してきた話はここでいい?

彼女とは趣味のサークルで知り合った。
顔は誰に似とるとかはなくて普通に整ってる。
胸が大きくてFカップ以上(ブラがFで実際はそれ以上あると言っていた)。
友達として何度か飲みに行ったりカラオケ行ったりしてた。
半年くらいして彼女から告白してきて付き合うことになった。
彼女は小さな飲食で働いてて、チーフみたいな立場だったので、店に最後まで残ることが多くて、俺もそれに付き合って閉店後はそのまま店内で飲みながら話してた。
まだエッチはしてなかった。
俺は『K』、彼女は『M』、以降関西弁で。

ある日、いつものように店に残って飲んでると、彼女が思いつめた顔で言ってきた。

「K君とこれからもちゃんと付き合いたいから知っといて欲しいことあるねん」

(借金?メンヘラ?それとも宗教?)

俺はドキドキした。
そんな俺を知ってか知らずか彼女はもったいつけることもなくハッキリ言った。

「私な、風俗しててん」

なんか全身がエレベーターが止まった時みたいにフワっとなった。
風俗に至るまではエッチ要素もないので要約する。

・小さな店を始めたくて友人と金策したが、その友人が金を持って消える。
・怖い人も絡んできて彼女は逃走不可に。
・派手なタイプじゃないし、キャバは無理。
・デリヘルで面接→即採用→即日デビュー。
・1年きっかりで借金返済。
・俺と会って現在に至るまでの借金の額は◯百万だったが、俺の貯金で返せる額。

(なんだよそれ・・・)

頭がグラグラして吐きそうな俺。
その俺の前に彼女がノートPCを置いた。

「それでな、私が実際どんなことしてたかも知っといて欲しいねん」

マウスをグリグリして、なんか出そうとしてるM。
そん時にPCのコード引き抜いて、「そんなの関係ねぇ」と抱き締めれば良かったんだけど、もちろんそんな機転はきかない。
ただボケーと見てた。

「これ見て」

彼女はピッタリと俺にくっつき、2人でPC画面が見れるように移動させた。
デリヘルのトップページだった。

「これ、デリバリーヘルスって言うてな・・・」

知ってる、知ってる。
知らない男の家とか言って、知らない男とベロチューして、おちんちん舐めちゃうお仕事だよね、うん知ってる。
言葉を挟むこともできず、彼女がデリヘルのなんたるか、そして店のシステムを説明するのをぼんやりと聞いていた。

「このオプションってあるやんか」

(うわー、聞きたくない)

しかし彼女は真面目だ、無駄に。

「AFっていうのはアナルのことでな?これはしてへんで?」

(他のはしてたんですか?)

「この聖水っていうのは・・・あのー・・・おしっこ(声が小さい)を見せるとか・・・飲んでもらうとか・・・(声超小さい)。なんせAF以外は全部してたんやけど・・・オプションを付けたら稼ぎが増えるし・・・」

ぶっかけ、ごっくん、コスプレ、パンスト破り、ローター、ソフトM、アナルバイブ。

(ん?アナルバイブ?これはAFとは違う分類なのか?)

文章にするとずいぶん軽く告白してるようだけど、実際のところMはいっぱいいっぱいで、なんというか上擦った口調だった。

「これ、保存しといた私のプロフィール画面」

フォルダの中のフォルダ中のそのまた・・・マトリョーシカ状態のフォルダーの奥に『エッチP』というフォルダがあった。
ファイルをクリックすると、よくある風俗嬢の紹介ページが出てきた。
顔の下半分はモザイクだけど、間違いなくMだった。
ベビードール?ビスチェ?
よくわかんないけど、ピラピラしたいかにもな格好で、両腕でFカップをこれでもかと寄せて上げてるM。
セーラー服で前を捲りあげて胸を寄せてるM。
Tバックで尻を高く上げ、こちらに向けてるM(アナル周りの色素沈着も丸わかり)。
胸を赤縄でロケットみたいに縛り上げられ手枷されて俯いてるM。

(・・・なんでもありか)

ちなみにここまで俺とMは清い関係。
あーあ・・・。

画像の横にはプロフィール。
ふーん、初体験は18歳か・・・意外と奥手だったんだな・・・。
趣味は雑貨屋さん巡り・・・小さなお店を出すのが夢なんですね・・・。
好きな体位・・・バック・・・。
得意プレイ・・・ぶっかけ・・・。
そしてお客様へ一言。

『ミキはザーメンが大好きなので、ぶっかけてもらえると嬉しいなー♪ミキのお顔にいっぱいぶっかけに来てくださいねー♪』

思わず横目でMの顔を見た。
PC画面の照り返しで青白くなったせいか、Mの横顔には悲壮感が漂っていた。

「ブログもしててん・・・」

カチカチ。

「ゆっくり読んでくれていいから」

そう言うと彼女はカウンターへ行き、軽食と飲み物を作り始めた。
細かい文章はあやふやだけど、いくつか強烈なのはある程度は憶えてる。
うろ覚えで書くとこんな感じ。
ちなみに絵文字を使いまくりだったから、『☆』とか『♪』で代用する。

『今日はたくさんかけてくれてありがと☆温かくて美味しかったよ☆』
『お尻の穴を舐められるの初めてだったから恥ずかしかったけど気持ちよかったよ☆』
『ミキはおちんちんで顔をぺちぺちされるのがすごい好きだから、今度来た時はまたぺちぺちしてね☆』
『今日は常連の方にお顔をたくさんぺちぺちしてもらいました!そのあとはもちろんぶっかけゴックン☆楽しかったー☆』

カウンターを見ると彼女は黙々と調理をしている。
たぶんこちらが声かけるまで待ってるつもりなんだろう。
ブログは1年分続いている。
真面目な彼女は筆まめだ。
ほぼ毎日更新している。

(出だしからこの調子だと、最後はどうなってるんだ?)

次のページへ・・・。
ああ・・・画像つきで写メが貼り付けてある日記。
目が写らないように撮ったした顔下半分に、べったりとザーメンが付いてる。
そのザーメン舌でペロっとすくうようにしているM。

『ザーメンがすごく濃くて美味しかったから撮ってみたよ☆』

そこからはザーメンプレイの画像付き報告日記が延々と続いた。

画像:伸ばした舌の上に乗った寒天みたいなザーメン。
『見てー!プルップルッー☆いただきまーす☆』

画像:髪の毛に散ったザーメン。
『こんなに飛んじゃった☆記念にこのまま帰りまーす(笑)』

画像:開けた口の中にはザーメンがたっぷり。
『いただきまーす☆』

画像:(同じ日に更新した2枚目)何も入ってない開けた口。
『ごちそーさま☆』

ザーメン、ザーメン、ザーメン尽くしの日記が延々と続く。
もう途中から斜め読みしてた。
肌色に白いのが飛んでる画像を見たら、すぐに飛ばした。
ふと、その手が止まる。
なんか赤いものが写ってた。
スクロールを戻す。

『初縛り☆』

いやらしい形に変形したFカップと手枷で拘束された手。
それよりも口につけてる穴開きのボールは何?
そんなオプションあったっけ?

『常連の方が面白いグッズを持ってきたので遊んじゃいました☆』

この角度というか、明らかに両手が手ぶらで写ってるMを撮影したのは誰?
客に撮らせてる?
これ、客の携帯かデジカメで撮られたのを送ってもらってるよね?
『写真館作ったよ☆』みたいなこと書いてあってリンクがあるが、これはオフラインのページなので繋がらないだろう。
彼女にさりげない風を装って尋ねる。

「写真館のデータってある?」

「あ!同じフォルダにあるよ!ローマ字で『◯◯◯』ってとこ!」

ちなみに返事の「あ!」がめちゃデカい声だった。
緊張してたんだろうか。
してるよな。

写真フォルダーを開く。
HTML形式のデーターはなく、画像がそのまま並んでいた。
サムネだけでも憂鬱になってくる内容。
とにかくザーメンが多い。
肌色+白色が目に付く。
だから逆に他のプレイは見つけやすい。
赤いのは特に。
ファイル名は日付だった。
確かにそれは俺がMと会う前の日付だった。
一番古いヤツをクリックする。
さっき見た画像だが・・・ノーモザイクだった・・・。
思わずカウンターを振り返る。
そこにいるMと同じ顔の女がボールを咥え、胸をはち切れんばかりに縛り上げられ、手枷で拘束され、首輪までしている。
ヘアーも丸見え。

(あの服の下に、この体があるのか・・・)

正直、ノーモザイクで見たことで、Mとブログの女が繋がってちょっと興奮しはじめてた。
じっくり眺めてからクリックして次の画像へ。
同じアングルのバストアップ。

(乳首・・・立ってるよな?これ?)

後にエッチした時にわかったけど、彼女は最高に興奮すると乳輪にもシワが寄る。
そしてこの画像のMは、乳輪にばっちりシワが寄っていた・・・。
ボールから鎖骨ら辺に涎が垂れてるのがわかる。
表情も目を伏せがちにして、いかにもM女風にしていた。

<続く>