大学1年のとき、アパートの隣の部屋に住む、涼香さんというOLさんと仲良くなった。
涼香さんは僕より8歳年上の27歳で、とても綺麗なお姉さんだった。
僕は恥ずかしながら当時童貞で、綺麗な涼香さんと話すだけで顔が赤くなっていた。

5月の連休のときである。
ついに童貞を卒業するときが来た。
しかし、相手は涼香さんではなかった。
涼香さんの知り合いで、真紀子さんという38歳のおばさんだった。

その日、真紀子さんは旦那さんらしき人が運転する車で僕を迎えに来た。
親子という体で、ある温泉旅館に泊まった。
風呂に入り、豪華な夕食も頂いた。
あまり飲んだことがなかったがお酒も飲んでほろ酔いだ。
部屋には布団が敷いてある。
真紀子さんが脱ぎだした。
旦那さんも脱ぎだした。

真紀子「さあ始めましょう。童貞さん、いらっしゃい」

僕「あ、あの、旦那さんがいらっしゃいますが・・・」

旦那「構わんよ。いや~、親子みたいで興奮するなあ」

旦那さんはニッコリ笑ってそう言った。
僕は真紀子さんにチンチンを弄られるとすぐに立ってしまった。

真紀子「あらあら、随分と立派だこと」

旦那「おお!君でかいなあ」

そう言われても、他人と比べたことがないからわからない。

真紀子「舐めて」

真紀子さんが股を広げた。
旦那さんが僕に舐める場所を指示した。

真紀子「あん、あん」

真紀子さんが喘ぎだす。
僕は興奮してきた。

真紀子「入れて」

僕「あの、避妊・・・」

真紀子「そのままで大丈夫だから」

僕は真紀子さんに入れた。
温かかった。
腰を振ってみた。
気持ちいい。
3分くらいでイキそうになった。

僕「出そうです」

真紀子「そのまま出して」

僕は真紀子さんの中に射精した。

旦那「今度はオレの番だな」

そう言うと旦那さんは、真紀子さんの汁と僕の精液だらけのチンチンをいきなり舐め始めた。
僕はあまりのことに固まってしまった。
しかし、不覚にも男にフェラされて立ってしまった。
旦那さんのチンチンもすでに立っていた。
なるほど僕より小さい。
すると旦那さんは満足そうにシャンプーボトルのような容器からどろっとした液体を出すと、僕のお尻の穴に塗り始めた。
そして旦那さんは僕のお尻の穴にチンチンを宛てがい・・・。

旦那「力を抜いて、はい、深呼吸。すーはー・・・」

お尻の穴にゆっくりと旦那さんのチンチンが入ってきた。
凄い違和感だった。

僕「あの、うんこが出そうです」

旦那「そのうち気持ち良くなるから」

旦那さんがゆっくりと腰を振る。
なんとも言えない変な感覚だった。
やがて・・・。

旦那「うおおっ!」

お尻に熱いものを感じた。
旦那さんが僕のお尻の中に射精したのだ。
その日、僕は童貞とアナルを同時に奪われた。

翌朝は5時半に起こされ、朝風呂へ行った。
その後、真紀子さんとセックスをした。
真紀子さんと正常位で繋がっている僕のお尻の穴に旦那さんがチンチンを入れてきた。
僕は先に真紀子さんに中出ししてしまったが、旦那さんが終わらないので真紀子さんと繋がったまま。
旦那さんの腰を振る振動が、まだ真紀子さんの中にいる僕のチンチンを刺激して、また立ってきた。

真紀子「後ろからして」

真紀子さんの後ろから僕が、僕の後ろから旦那さんが、という格好になった。
今度は旦那さんが先に射精した。
僕は2回目なのでまだ大丈夫だった。
バックのまましていたら旦那さんの精子が僕のお尻の穴から流れ出して、チンチンを伝って真紀子さんのアソコまで到達した。
やがて僕も射精した。

別れ際、真紀子さんは僕に封筒を渡してきた。
中には現金10万円と、真紀子さんの連絡先が書いてあった。
僕がアパートに帰ると涼香さんがニヤニヤして待っていた。

「ふふふ、どうだった?」

その後の大学生活は、涼香さん、そして真紀子さん夫妻とセックス三昧だった。
週に3、4回は涼香さんの相手をした。
年上とはいえ、なにしろすごい美人だから友達から羨ましがられた。

大学2年のときに真紀子さんの娘さんの家庭教師を頼まれた。
高校受験だった。
大学卒業と同時に涼香さんとは切れた。
でも、社会人となっても真紀子さん夫妻とは関係が続いた。

僕は26歳になった。
今は真紀子さんを「お義母さん」、旦那さんを「お義父さん」と呼んでいる。
そう、今春20歳になった真紀子さんの娘と結婚したのだ。
義母に童貞を捧げ、義父に初アナルを奪われ、その娘の処女を頂いたことになる。
さすがに回数こそ少なくなったが、今でも義父母との関係は続いている。
もちろんそのことを妻は知らない。