主人の友人Tさんと私が不倫関係になったのは、出張中の主人に代わって知り合いのお通夜に私が参列したのがきっかけでした。
参列後、知人数名で食事をすることになり、その席でTさんと一緒になりました。
主人の友人ということもあって私はTさんの隣に座り、Tさんから主人との昔話を色々と聞いていました。
Tさんからビールをお酌された私は、あまり飲めないからと断りながらも上手にTさんに勧められ、何杯かのビールを頂いてほろ酔い気分になっていました。
Tさんも飲んでるものだと思っていたら、Tさんが飲んでいたのはノンアルコールビールで、帰りは車で家まで送ってくれると私に言いました。

「タクシーで帰りますから」と何度も断りましたが、Tさんは、「どうせ帰り道なんだから遠慮しないで」と、半ば強引に私を車に乗せ、結局私はTさんの車で送ってもらうことになりました。

Tさんのお洒落な車に乗せてもらった私は、スピーカーから流れていた大好きな曲を思わず口ずさんでいました。

T「この歌好き?」

私「うん、大好き」

T「僕も大好きなんですよ」

私「メロディがいいですよね、何か聞いてて心地よくなっちゃう」

T「じゃあこれは?」

そう言って別のアルバムのジャケットを見せてくれたTさん。

私「わあ、それも大好き、何か趣味が合いますね」

T「聴きます?」

私「聴きたい!でも聴いてる時間がもうあんまりないですね」

家までもう数分というところでした。

するとTさんは、「じゃあ、ちょっと遠回りしちゃいますか?」と車を帰路から外しました。

私「いや、そんないいです、Tさんの帰りが遅くなっちゃうから」

T「ちょっとくらい大丈夫ですよ。この曲を聞いている間だけドライブをしましょう」

そう言うとTさんは帰路とは大きく外れた湾岸線に車を走らせました。

T「ドライブなんて久しぶりです」

私「私も」

T「S(主人)とはドライブしたりしないの?」

私「しないよ、だって忙しいし・・・」

T「そうだね、結婚したらしないよね、うちも嫁とはドライブなんかしないなぁ」

私「うん、しない」

T「でもたまにはいいんじゃない、何かドキドキ感があって」

私「うん、でも奥さんに悪いわ」

T「俺もSに悪いことしてるのかなぁ?でもちょっとだけならいいよね」

車は湾岸線を海に向けて走り続け、私は引き返すきっかけを自分から作れずにいました。
ほろ酔い気分で聴く心地よい音楽に心からリラックスしていました。

(ドライブなんて何年ぶりかしら・・・。でも、夫の友人と2人きりで夜のドライブなんかしてていいの?)

私は急にドキドキしてきて、Tさんに引き返してもらう言葉を探していました。
急に無口になった私に気づいたTさんが・・・。

T「何かドキドキするね」

そう言いながら突然私の手を握ってきました。
私はその手を払い、「ダメですよ」と言いました。

私「そろそろ引き返しましょう」

T「もう着きます、ほら」

目の前に海が見えました。

私「わぁ、キレイ!」

ライトアップされた海岸線に思わずうっとりして、その景色をしばらく見つめました。

T「たまにはこんなドキドキも必要じゃないですか?」

海岸線に停めた車の中でTさんが再び私の手を握ってきました。

私「ホントにダメです」

T「ドキドキします?」

私「そりゃしますよ。でもダメです、ここまでです」

そう言って何度も手を払おうとしますがTさんは離してくれません。
仕方なくTさんに手を握らせていると、Tさんは指と指を絡めた恋人繋ぎをしてきて・・・。

T「やっぱりドキドキしますね。でもいいじゃないですか、人生で一度くらいこんなドキドキがあっても」

私「ドキドキさせ過ぎですよ、心臓に悪いからもうこの辺で」

私の言葉を無視するかのようにTさんは手を引いて私の体を引き寄せました。

私「あっ、ダメですって、ホントにもう・・・」

Tさんは私の肩を抱き、いきなり唇を奪いにきました。
寸前のところで何とか身を交わした私でしたが、強く抱き締められると気が緩み、その瞬間にTさんの唇が私の唇に重なりました。
ふと気が緩んだのは、夫から抱き締められることがなくなり、私の中に男性を求める気持ちがあったからかもしれません。

Tさんは私を力いっぱい抱き締めてキスをしてきました。
最初は激しく拒んでいた私も、強く抱き締められてキスをされると一気に気が緩んで、自然にTさんのキスに応えていました。
唇を割って差し込まれたTさんの舌を受け入れ、私は激しいディープキスをTさんとしていました。
海岸線に停めた車の中で私とTさんは激しいディープキスを延々としていました。

(これ以上は絶対にダメ・・・)

私は自分にそう言い聞かせながらもTさんとキスをして、Tさんのキスに酔っていました。
結婚してから初めての夫以外とのキス・・・。
その興奮は言葉では言い表せないほど激しいものでした。

キスをしながらTさんの手が私の胸に伸び、乳房に触れても、私はそれを止めることが出来ずされるがままでした。
車の中で私は乳房を露わにされ、その乳房にTさんがしゃぶりつき、舌で乳首を舐められると、私はその快感に大きく身を仰け反らせていました。
そしてTさんの手が下半身に伸びた頃には、私は恥ずかしいくらいに下着を濡らしてしまっていました。
Tさんはそれを確認すると、意地悪な言葉を私に投げかけました。

T「凄い濡れてるよ」

Tさんは私を辱しめるようにピチャピチャ音を立てて下半身を責めて、私の愛液がTさんの車のシートを濡らしました。
Tさんは私を全裸にすると、両足を抱き上げた恥ずかしい格好で私の陰部を舐め続けました。
私はTさんの舌で何度もイキ続け、私の感度にTさんは驚いていました。
Tさん以上に私自身が自分の感度に驚き、自分がこんなに感じて濡れるんだということを知りました。

Tさんは私を何度もイカせた後、自分のペニスを私に握らせました。
Tさんのペニスは夫よりもかなり大きく、同じ男性でもこんなに差があるものなのかと驚きました。
Tさんのペニスが人並み以上に大きいことを後で知りました。
それは20センチ近いモノでした。
私はTさんのペニスをしばらく手でしごいた後、自分から口でしてあげました。
顎が外れそうになるくらいの大きなペニスを必死で舐めて大きくすると、Tさんは私の両足を抱え上げ、そのペニスで私を貫きました。
激しく腰を使うTさん・・・私はイキ続けていました。
最後、Tさんは私の胸に射精をすると、イッた直後のペニスを私に舐めさせました。
普通なら絶対に嫌な行為なのに、その時は不思議に嫌ではなく、むしろ自分からそうしてあげたいと思いました。

全ての行為を終えて気持ちが落ち着くと、私は急に恥ずかしくなって、慌てて下着を穿き、着衣を直しました。
私のそんな様子にTさんは、「可愛いね」と笑いました。
最後にまた長いディープキスをして、Tさんは家路に向けて車を走らせました。
家路に向けた車の中も私の体は余韻で火照ったままでした。

Tさんは車を運転しながら私の足を触り、「キレイな脚だね」と言いながら、そのままスカートの中に手を入れてきました。
余韻が残る部分にTさんの手が伸び、いやらしく触り始めると、私は敏感に反応してシートに身を仰け反らせました。
Tさんは私の両足をシートに上げて両足をM字に開くと、その中心をいやらしく指で擦りました。

私「あっ・・・ダメっ・・・」

Tさんの指で私はまた下着を濡らしました。
Tさんは私に下着を取るようにと言いました。
言われるまま、走る車の中でパンストとパンティを一緒に脱ぎました。
下着を取った私をTさんは改めてM字開脚にすると、運転しながら私の下半身を責め始めました。
下半身丸出しの恥ずかし過ぎるポーズに私は羞恥心を掻き立てられ、興奮の中でTさんの愛撫を受けていました。
対向車や隣の車線の車が気になって足を閉じる私の足を、Tさんはその都度開かせました。
運転しながらTさんはペニスを出して、私に舐めるように言いました。
私がTさんの股間に顔を埋めてフェラを始めると、私の口の中でTさんのペニスは硬く大きくなりました。

T「どう?気持ち良かった?このオチンチン良かった?」

私「うん・・・」

T「このオチンチンが良かったの?じゃあもっと喉の奥まで咥えて気持ち良くしてよ」

私「うん・・・ハァハァ・・・」

T「また入れて欲しい?」

私「うん・・・でも怖い」

T「何が怖いの?」

私「主人にバレたら・・・」

T「バレないようにすればいいじゃん」

私「でもいつかバレるよ、やっぱり怖い・・・」

T「じゃあ、もうしないの?」

私「・・・」

T「俺はもっといっぱい色んなことしたいな。もっといっぱい、この穴に入れたい」

私「ああっ、あっ・・・」

T「ほら、もっといやらしく舐めて、イカせてよ、口で」

私「うっうっグっ」

T「旦那のもやってあげてるんだろ、この口で?」

私「あまりしない」

T「どうしてしないの?」

私「あまり好きじゃないから・・・」

T「でも、このオチンチンは好き?」

私「うん・・・」

T「旦那のオチンチンとこのオチンチン、どっち好き?」

私「・・・こっち」

私はもう後戻りできないことを自覚しながらTさんのオチンチンにむしゃぶりつきました。